荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台

Lo-Fi Gamesは、オープンワールドRPG『Kenshi』の続編『Kenshi 2』の開発を開始したことを発表しました。

PC Windows
荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台
  • 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台
  • 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台
Lo-Fi Gamesは、オープンワールドRPG『Kenshi』の続編『Kenshi 2』の開発を開始したことを発表しました。

同作は、荒れ果てた世紀末の荒野を舞台に、現地に住まう様々な種族らとの関係の中、自由な生活や勢力拡大を営んでいくストラテジー要素の強いオープンワールドRPG。開発当初は開発規模(ほぼ単身であった)に対し、非常に高い目標などから完成も危ぶまれていましたが、Steam早期アクセスでの好評も得てチームも拡大、無事完成版として2018年12月にリリースされました。

広大なマップだけでなく、容赦なく四肢を失ったり、奴隷や荒野で野垂れ死んだりしてしまうような厳しい世界観とバランス、具体的な主人公を持たず、様々な人数・規模のパーティを率いていくようになる内容など、独特の空気を持ったタイトルとして高い人気を獲得しています。

今回の続編『Kenshi 2』では前作の1,000年前、「旧帝国」時代を舞台に、同世界観の伝承や歴史をより明らかにしていく内容が展開。開発期間の肥大化を防ぐこと、そしてグラフィックよりゲームプレイに焦点を当てるためにエンジンやコードのベース自体は前作と同じものであるとのことですが、エンジン自体は最新のOgreに更新され大幅な速度の最適化が行われます。

また、『Kenshi 2』開発によるエンジンの更新が前作にも無料アップデートとして反映されるほか、コア部分の改良や各種小さな追加要素も同様に無料で反映される可能性があるとのことです。

※ UPDATE(2019/3/21 12:01):本文中の誤字を修正しました。コメント欄でのご指摘有難うございます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

    Co-opシューター『World War Z』遂に発売!4人協力で大量のゾンビから生き残れ【UPDATE】

  2. 8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

    8bit風アクションADV『アスタロン: 地球の涙』かわいいキャラの冒険を描くゲームプレイトレイラー!

  3. 『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

    『Cuphead』日本語対応を含むアップデート配信ー新アニメーションやキャラクター選択機能なども追加

  4. 『World War Z』Epic Gamesストア版が価格改定―予約済プレイヤーには還元も

  5. 都市建設シム『アノ1800』DLCやシーズンパスの内容が判明―海外向けトレイラーも

  6. サバイバルホラー『Chernobylite』約30分に渡る公式ゲームプレイ映像!戦闘から探索まで一挙公開

  7. 2DオープンワールドACT『Forager』PC向けに配信開始!様々なスタイルで世界を拡げろ

  8. 2DドットアクションRPG『Dark Devotion』PC版が4月25日発売決定―死闘を制し寺院の闇を解明せよ

  9. ハクスラARPG『Warhammer: Chaosbane』予約者向け第2回ベータを4月24日まで実施中―新トレイラーも公開

  10. 硬派なボクセルホラーADV『The Padre』正式版が配信!悪魔の力の謎を解け

アクセスランキングをもっと見る

1
page top