荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台

Lo-Fi Gamesは、オープンワールドRPG『Kenshi』の続編『Kenshi 2』の開発を開始したことを発表しました。

PC Windows
荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台
  • 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台
  • 荒野の大規模オープンワールドRPG続編『Kenshi 2』開発開始―前作の1,000年前が舞台
Lo-Fi Gamesは、オープンワールドRPG『Kenshi』の続編『Kenshi 2』の開発を開始したことを発表しました。

同作は、荒れ果てた世紀末の荒野を舞台に、現地に住まう様々な種族らとの関係の中、自由な生活や勢力拡大を営んでいくストラテジー要素の強いオープンワールドRPG。開発当初は開発規模(ほぼ単身であった)に対し、非常に高い目標などから完成も危ぶまれていましたが、Steam早期アクセスでの好評も得てチームも拡大、無事完成版として2018年12月にリリースされました。

広大なマップだけでなく、容赦なく四肢を失ったり、奴隷や荒野で野垂れ死んだりしてしまうような厳しい世界観とバランス、具体的な主人公を持たず、様々な人数・規模のパーティを率いていくようになる内容など、独特の空気を持ったタイトルとして高い人気を獲得しています。

今回の続編『Kenshi 2』では前作の1,000年前、「旧帝国」時代を舞台に、同世界観の伝承や歴史をより明らかにしていく内容が展開。開発期間の肥大化を防ぐこと、そしてグラフィックよりゲームプレイに焦点を当てるためにエンジンやコードのベース自体は前作と同じものであるとのことですが、エンジン自体は最新のOgreに更新され大幅な速度の最適化が行われます。

また、『Kenshi 2』開発によるエンジンの更新が前作にも無料アップデートとして反映されるほか、コア部分の改良や各種小さな追加要素も同様に無料で反映される可能性があるとのことです。

※ UPDATE(2019/3/21 12:01):本文中の誤字を修正しました。コメント欄でのご指摘有難うございます。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

    オープンワールド農業アクションADV『Stranded Sails』リリース―国内PS4/スイッチ版も近日配信

  2. Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

    Sci-Fi RPG『アウターワールド』Halcyonの地でまだ見ぬ希望の光となれ―ローンチトレイラー公開

  3. 専用の詳細設定が用意されたPC版『CoD:MW』トレイラー! 4Kや無制限フレームレートなどに対応

    専用の詳細設定が用意されたPC版『CoD:MW』トレイラー! 4Kや無制限フレームレートなどに対応

  4. 16ビットレトロスタイルの2D横スクACT『Driven Out』リリース―農村の娘が恐ろしい敵へと立ち向かう

  5. 全てを自動化する開拓地マネジメントシム『Autonauts』PC向けにリリース―平和な開拓地をロボットで機械化!

  6. 『ボーダーランズ3』ホットフィックス配信―レジェンダリー装備の性能調整、各種不具合修正など

  7. ルートボックス非採用の『CoD:MW』、武器やアタッチメントはゲームプレイを通じて入手可能―公式サイトで詳細明かす

  8. 『リーグ・オブ・レジェンド』日本語版の全吹き替え声優が初公開!【LoL10周年感謝祭】

  9. 『Fallout 76』大型アップデート「Wastelanders」2020年Q1に延期へ―人間NPC追加など、過去最大の拡張コンテンツ

  10. PC/モバイル向け『LoL』カードゲーム『レジェンド・オブ・ルーンテラ』発表【LoL10周年感謝祭】

アクセスランキングをもっと見る

1
page top