50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定! | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定!

パブリッシャーTeam17は、デベロッパーBlack Matterが開発する第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』のSteam早期アクセス開始日が現地時間2019年6月6日に決定したことを発表しました。

PC Windows
50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定!
  • 50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定!
  • 50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定!
  • 50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定!
  • 50vs50の第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』早期アクセス開始日決定!

パブリッシャーTeam17は、デベロッパーBlack Matterが開発する第二次世界大戦FPS『Hell Let Loose』のSteam早期アクセス開始日が現地時間2019年6月6日に決定したことを発表しました。アメリカ軍とドイツ軍がこれから繰り広げられるであろう激しい戦闘に備えるトレイラーも公開されています。


本作では偵察衛星の画像などを基に構築され、複数の占領エリアへと分割された広大な戦場を舞台に、それぞれ50人のプレイヤーからなる2つの勢力が激突します。異なる武器、車両、装備が利用できる12種類の役割から1つを選び、仲間とのチームワークで戦略的拠点を抑えなければなりません。


Unreal Engine 4でリアルな戦場を描く『Hell Let Loose』。公式サイトではベータ参加権や予約特典が付属する、「Soldier Pack」(3,090円)と「Unit Pack」(16,686円)、2つのパックが予約受付中です。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. コールドスリープから目覚めた保守員サバイバルホラー『CryoSpace』発表

    コールドスリープから目覚めた保守員サバイバルホラー『CryoSpace』発表

  2. 光と影の表現が美しい!NVIDIAが『サイバーパンク2077』レイトレーシング映像を開発スタッフの解説とともに公開

    光と影の表現が美しい!NVIDIAが『サイバーパンク2077』レイトレーシング映像を開発スタッフの解説とともに公開

  3. カプコン2DSTGライクなVRSTG『1976 - Back to midway』Steamで12月10日発売へ

    カプコン2DSTGライクなVRSTG『1976 - Back to midway』Steamで12月10日発売へ

  4. 日本版『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現をオンにできるパッチを準備中―不具合として処理か

  5. 『アサシン クリード ヴァルハラ』TU1.0.4がまもなく配信―PS5/XSX|S版へのパフォーマンスモード追加など

  6. 『サイバーパンク2077』Steam版特典として短編小説が付属!ドライバーが見るナイトシティ深夜の風景を紹介する内容

  7. その死が糧となるアクションRPG『Chronos: Before the Ashes』最新トレイラー公開!

  8. Steam版『異世界酒場のセクステット ~Vol.1 New World Days~』12月15日発売! 異世界酒場で描かれる、ちょっとHなドタバタ恋愛ハーレム劇

  9. 没入型VRアニメ『Hikeshi-Fireman-』Steam向けに2021年1月9日リリース―ある火消しの死から始まる切なくも温かい江戸の物語

  10. 巨大ロボシム『MechWarrior 5』Steam/GOG版延期―『サイバーパンク2077』避け2021年春予定、XB1/XSX版も同時発売へ

アクセスランキングをもっと見る

page top