『サガ フロンティア2』4月1日で20周年―忘れられない魅力や、後のシリーズ展開を振り返る | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『サガ フロンティア2』4月1日で20周年―忘れられない魅力や、後のシリーズ展開を振り返る

1989年12月に発売された『魔界塔士 Sa・Ga』は、『ファイナルファンタジー』シリーズなどで絶大な人気を得ていたスクウェア(現 スクウェア・エニックス)が放つ新たなRPGとして、大きな注目を集めました。

ゲーム文化 レトロゲーム
『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る
  • 『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る
  • 『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る
  • 『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る

1989年12月に発売された『魔界塔士 Sa・Ga』は、『ファイナルファンタジー』シリーズなどで絶大な人気を得ていたスクウェア(現 スクウェア・エニックス)が放つ新たなRPGとして、大きな注目を集めました。

【関連記事】
『サガ フロンティア2』20周年を祝う生の声をお届け!「心にくるテキスト」「色褪せない大作」など、読者の熱い想いがここに
https://www.inside-games.jp/article/2019/04/01/121464.html

そして、キャラクターの成長方法や、モンスターもパーティメンバーに加えられる点など、ユニークで刺激的なゲーム性でもユーザーの心を掴み、個性溢れる一作として根強い人気を博します。この反響を受け、『Sa・Ga2 秘宝伝説』『時空の覇者 Sa・Ga3[完結編]』といった作品が続きました。

また、本シリーズの動きは三部作に留まらず、スーパーファミコンでは『ロマンシング サ・ガ』シリーズを新展開。自由度の高いフリーシナリオを採用するなど、斬新な試みを続ける意欲的な姿勢は『Sa・Ga』シリーズを思わせる面もあり、個々をシリーズ作として語ると共に、総じて『サガ』シリーズという一大展開としても認識されていきます。

そこから更に世代が移り、プレイステーション向けにリリースされたのが、『サガ フロンティア』(1997年)ならびに『サガ フロンティア2』でした。この『サガ フロンティア2』が発売されたのが、今から20年前の1999年4月1日。このたび、めでたく20周年を迎える形となりました。そこで今回は、この『サガ フロンティア2』を振り返りつつ、シリーズの今についてもチェックしてみたいと思います。

◆フリーシナリオを進化させた「ヒストリーチョイス」、バトル関連でも新要素多数の『サガ フロンティア2』



『サガ フロンティア2』の魅力はもちろん数多くありますが、『ロマンシング サ・ガ』シリーズで培われたフリーシナリオを更に進化させた「ヒストリーチョイス」もそのひとつ。大きな歴史の転換期に立ち会うこともあれば、表舞台には現れない出来事の数々を語る場合もあります。その双方を組み合わせることで、歴史の行間を想像したり、自分なりの解釈で読み解くといった楽しみ方も味わえました。

世代を超えて続いていく物語は、個人の枠に収まらない壮大な歴史の流れを感じさせ、主人公の視点に留まることが多い一般的なRPGとは一線を画す作品でした。その要素は、『ロマンシング サ・ガ』シリーズから受け継がれており、『サガ フロンティア』シリーズで更なる熟成を遂げたと言っても過言ではありません。

戦闘においても、シンボルエンカウントや戦闘の最中に技を覚える“閃き”、複数キャラがタイミングを合わせて発動する“連携”など、シリーズの要素をしっかりと踏襲しています。そして更に、敵と1対1で戦う「デュエル」や、大軍同士の戦いを表現した「コンバット」といった新要素も加わっており、シリーズの成長を噛みしめると共に、これまでにはなかった刺激を堪能することも。また、世界を美しく描写するグラフィックの数々や、没入感を後押しするBGMも印象的です。

前作と異なる点もあるため、戸惑う人がいても不思議ではありませんが、シリーズの魅力を受け継ぎつつ、更なる一歩に挑戦した『サガ フロンティア2』。『サガ フロンティア』シリーズのトリを飾るに相応しい作品という点においては、異論を挟む余地はないでしょう。

◆『サガ』シリーズの流れは、家庭用とスマホ向けに受け継がれていく──



『サガ フロンティア2』が発売された後の『サガ』シリーズはまず、PS2向けに『アンリミテッド:サガ』をリリースします。そして、『ロマンシング サ・ガ』をリメイクした『ロマンシング サガ -ミンストレルソング-』も発売。またリメイクならば、 『Sa・Ga2 秘宝伝説』と 『時空の覇者 Sa・Ga3[完結編]』のリメイク版が、ニンテンドーDSソフトとして登場しました。

そこからしばらく、家庭用向けの『サガ』シリーズは音沙汰がなくなりますが、待望の最新作『サガ スカーレット グレイス』が、2016年12月に発売。リメイク版となる『サガ3時空の覇者 Shadow or Light』が2011年1月の発売だったので、約6年近い沈黙を破り、シリーズファンを喜ばせます。しかも、『サガ スカーレット グレイス』をパワーアップさせた『サガ スカーレット グレイス 緋色の野望』が、ニンテンドースイッチ/PS4/PC(Steam)/iOS/Androidに登場するなど、多岐に渡る展開を実現させました。

また、『サガ』シリーズの躍進は家庭用だけではありません。シリーズ初の携帯電話向けソーシャルゲーム『エンペラーズ サガ』や、こちらも初となるPCブラウザゲーム『インペリアル サガ』など、意欲作が続々と登場。ただし前者は既にサービスが終了しており、後者も今年の12月に幕を閉じる予定となっています。

ですが、『ロマンシング サガ』シリーズの完全新作として、『ロマンシング サガ リ・ユニバース』が2018年12月に幕開け。新たな『サガ』の歩みは、まだまだ留まるところを知りません。今後の躍進に期待するファンも、少なくないことでしょう。

ちなみに、今回20周年を迎えた『サガ フロンティア2』を今遊ぶ場合は、ゲームアーカイブス版がお勧めです。PS3やPSPだけでなく、PS Vitaでもプレイ可能。価格も617円と非常に手頃なので、シリーズに新たな動きがあるまで、アーカイブス版を楽しんでみてはいかがですか。

(C)1999 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. ILLUSTRATION: (C)TOMOMI KOBAYASHI



【20周年記事】
PS版『ToHeart』本日3月25日で20周年─健気系幼なじみにメイドロボ、黒魔術な無口先輩・・・とても一人に絞れない! 不朽の名作を今遊ぶには?
ホラーゲームの金字塔『サイレントヒル』、本日3月4日で20周年─闇と音が、静かな恐怖を引きずり出す・・・!
『マール王国の人形姫』本日12月17日で20周年─「女は行動力」なミュージカルRPGに、ちょっと嬉しい新展開が!
『NOeL3』が20周年! 美少女恋愛ゲームからまさかの「ハッキングADV」に発展─“ゲームで描いた未来”と21世紀が交わる
『R-TYPE Δ』本日11月19日で20周年! 自機の選択やΔ-ウェポンなど、シリーズに新たな魅力を加えた意欲作
『サンパギータ』本日10月15日で20周年! 名台詞も忘れられない「やるドラ」3作目は、エキゾチック・バイオレンスが展開
『御神楽少女探偵団』本日9月17日で20周年─GAMEOVERを「推理トリガー」で乗り越える、美少女+骨太推理ADV! 実は3作品目も展開
『どきどきポヤッチオ』本日9月10日で20周年─“パンの配達”と“ひと夏の恋”に少年は大忙し! notスローライフは眩しく刺激的
『ダブルキャスト』発売から今日で20周年! 爽やかな展開から陰惨なバッドエンドまでフルアニメで描く意欲的なADV

『サガ フロンティア2』本日4月1日で20周年! 忘れられない魅力やその後のシリーズ展開を振り返る

《臥待 弦》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

    名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

  2. 『Age of Empires IV』はマイクロトランザクション非搭載―クリエイティブディレクターが語る

    『Age of Empires IV』はマイクロトランザクション非搭載―クリエイティブディレクターが語る

  3. 『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』をライトセーバーで操作するストリーマー現る

    『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』をライトセーバーで操作するストリーマー現る

  4. 『デススト』効果?「モンスターエナジー」メーカーの株価が発売直後に上昇

  5. 『スペースチャンネル5』20周年記念ベストアルバム「ぎゅんぎゅんセレクション」12月18日発売─ジャケットイラスト&特典アートワークを公開!

  6. 小林幸子が「ポケットにファンタジー」を21年ぶりにセルフカバー!初音ミクとデュエット

  7. 自動工場構築ストラテジー『Factorio』正式リリース日が決定! その後は休息を経て新たなコンテンツと機能の導入に集中

  8. 『デススト』違法フラゲの代償は……小売店が高額罰金処分に―倉庫作業員による盗難が原因

  9. 『CoD:MW』初日から30連続キルを叩き出したNgt選手に聞く新作ならではのコツ─「今までのように“最強AR”と呼ばれ続けたい」【TGS2019】

  10. VHSスタイル短編ホラー『No Players Online』配信! 誰もいないレトロFPSサーバーで…

アクセスランキングをもっと見る

page top