初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】

グッドスマイルカンパニーより発売中のトレーディングフィギュア「ころころいど カービィ02」のレビューをお届けします。

連載・特集 特集
初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
  • 初代から『スターアライズ』まで歴代カービィが大集合!第2弾ころころいどを開封してみた【特集】
グッドスマイルカンパニーより発売中のトレーディングフィギュア「ころころいど カービィ02」のレビューをお届けします。

「ころころいど」は、いわゆるカプセルトイ型の組み立て式トレーディングフィギュアシリーズ。商品が封入されているカプセル自体がボディになる、というユニークなギミックで人気を博しています。

今回、この「ころころいど」より『星のカービィ』シリーズの第2弾が発売となりましたので、早速開封してみたいと思います。


第2弾のラインナップは計4種。ボックスパッケージ版は全部で6箱入りなので、1ボックスで全種揃えることが可能となっています。


開封した状態。カプセルトイをとりだしたままの状態と同じですね。組み立て用のパーツは全てこの中に封入されています。個体差があるのか、硬くて少々開けにくいカプセルもありましたので、中身を取り出すときはくれぐれも慎重に。(筆者はいくつかのカプセルでプラモデル用のパーツオープナーを使いました)


カプセルの中身一式です。手足のパーツと、アイテム、シール、そして裏表両用の台座が封入されています。一応、説明書もありますが、シンプルな作りなので特に組み立てで迷うことはなさそうです。


こちらが完成状態。毎度おなじみのピンク玉です。かわいい。


第2弾では、手持ちのアイテムが歴代の『星のカービィ』ソフトパッケージとなっており、カービィの顔も各ソフトに準じたデザインとなっています。こちらは最新作のニンテンドースイッチソフト『星のカービィ スターアライズ』です。


続いてこちらはゲームボーイソフト『星のカービィ』版。いわゆる初代カービィで、現在のデザインよりもやや目が小さく、頬紅もシンプルなものとなっています。ゲームボーイの表現に準じてか、色は白黒で表現されています。ソフトはゲームボーイカセットのパッケージ風で、正方形型です。


こちらはファミコンソフト『星のカービィ 夢の泉の物語』版。初代を踏襲したデザインですが、よくよく見ると多少バランスが異なっているのがわかります。また主線が青みがかっているなど、細かなところでニヤリとできるポイントも。ソフトはファミコンカセットのパッケージを模した横長型。


そしてこれがスーパーファミコンソフト『星のカービィ スーパーデラックス』版。目が大きくなったことで表情にも幅が出ており、より愛らしさが増しています。この時点で、ほぼほぼ現代のカービィにもつながる基本デザインが確立していることが窺えます。手に持っているソフトは縦長のパッケージで、それに合わせて主線は焼き目色となっています。


キャラクターとしての可愛さを全面に押し出していた第1弾に対して、第2弾は往年のファン心をくすぐる、コレクション性の高いラインナップとなっていました。一方で、プレイバリューは第1弾に譲るころがありますが、ころいどのサイズは別売りの「ねんどろいど 星のカービィ」に合わせた設計となっているので、組み合わせの親和性は抜群。他のシリーズもあわせて、是非一緒に遊んでみてください。オススメです!

「ころころろいど カービィ02」は発売中。価格は各417円(税別)です。

(C)Nintendo / HAL Laboratory, Inc.
(C)1992 HAL Laboratory, Inc. Licensed to Nintendo
(C)1993 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo
(C)1995 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo
(C)c2018 HAL Laboratory, Inc. / Nintendo
《ひびき》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

1
page top