PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

担当記者はPlayStation次世代機の価格について質問しており、回答をもらっていたことをTwitterで明らかにしました。

ゲーム機 ハードウェア
先日海外メディアにおいて、PlayStation次世代機のいくつかの詳細を明かしたリードシステムアーキテクトのマーク・サーニー氏ですが、記事内では価格について触れていませんでした。しかし、記事を執筆したピーター・ルビン氏が、実際には次世代機の価格についても質問しており、回答をもらっていたことをTwitterで明らかにしました。


ルビン氏のツイートによれば、「ローンチ価格には一般的な価格帯があるが、次世代機もその価格帯に収まるのか?」という質問に対し、サーニー氏は、「希望小売価格での販売ができると信じているし、この価格はゲーマーにとって、その性能を考えれば魅力的なものとなるだろう」と語っています。

また、これに続けてルビン氏は「それは(現行機よりも)多少高くなるものの、それだけの価値に見合う値段になるということか?」と質問し、サーニー氏は「私が言えるのはそれだけ」と、否定はしませんでした。

SSDの搭載や8K対応など、数々の高い性能が明らかになった次世代PlayStation。詳細な価格はまだ公表されていないものの、ゲーマーにとっては魅力的なハードとなりそうです。皆さんはいくらでの発売になると予想しますか?
《SEKI》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

    これぞ究極?オールインワンゲーミングチェア「Predator Thronos」受注発売開始ーお値段なんと約350万円

  2. 「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

    「Oculus Quest」PC接続“Oculus Link”はSteamVRゲームにも対応―海外報道

  3. 可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

    可変フレームで快適に!度付レンズも使える「ゲーミングメガネ」登場

  4. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  5. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  6. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  7. プレステやサターンも動くレトロゲー互換機「POLYMEGA」第2次予約受付が開始

  8. オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

  9. AMDが新型GPU「Radeon RX 5500」シリーズを発表!10月下旬より搭載PCが順次発売

  10. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top