『ロケットリーグ』開発運営のPsyonixをEpic Gamesが買収―Epic Gamesストア版リリース予定も、現時点ではSteam版も継続 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ロケットリーグ』開発運営のPsyonixをEpic Gamesが買収―Epic Gamesストア版リリース予定も、現時点ではSteam版も継続

人気スポーツゲーム『ロケットリーグ』。同作の開発運営を行うPsyonixはEpic Gamesの傘下となったことを発表しました。

ニュース ゲーム業界
『ロケットリーグ』開発運営のPsyonixをEpic Gamesが買収―Epic Gamesストア版リリース予定も、現時点ではSteam版も継続
  • 『ロケットリーグ』開発運営のPsyonixをEpic Gamesが買収―Epic Gamesストア版リリース予定も、現時点ではSteam版も継続
  • 『ロケットリーグ』開発運営のPsyonixをEpic Gamesが買収―Epic Gamesストア版リリース予定も、現時点ではSteam版も継続

人気スポーツゲーム『ロケットリーグ』の開発運営を行うPsyonixはEpic Gamesの傘下となったことを発表しました。

この買収についてPsyonixは「ポジティブな内容のみである」としており、同作がこれからもコミュニティ主導のゲームであり続けると共に、Epicと力を合わせ更に大規模で良い方法でコミュニティにサービスを提供できるようになるとしました。

なお、FAQによればPsyonixチームの人員は変わることはなく、短期的には何も変化はないとのこと。長期的にはEpic Gamesのゲーム配信サービス「Epic Gamesストア」でのPC版の追加リリースを行い、新しい関係を活用し以前とは異なる方法でゲームを成長させるとともに新しいオーディエンスに同作を届けていくとしました。

ストアを持つEpic gamesによる買収ということで、『ロケットリーグ』の今後のSteam販売について気になるユーザーがいるでしょうが、Epic Gamesは、USgamerを通じ、今後も既存販売分のSteam版のアップデートやDLCサポートを行っていくほか、「現時点ではSteam版販売終了アナウンスはない」とコメント。今後もしばらくはSteam版の販売も継続して行っていく旨を明らかにしています。

同時に「長期的な計画は今後発表されるだろう」ともしており、決して将来的な専売化などを完全に否定した形ではありません。しかしながら、今すぐにSteamストアから『ロケットリーグ』が消えることはないということで一安心のユーザーも多いところかもしれません。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  2. アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

    アクションRPG『CODE VEIN』CS版ネットワークテストは5月31日から―ビルド構築情報も

  3. リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

    リマスター版『Ghostbusters: The Video Game』が韓国の審査機関でも発見―申請者はEpic Games

  4. 『ディビジョン2』開発チーム、8人レイド「オペレーション・ダークアワーズ」マッチメイク非対応について説明

  5. 近未来レーシング『Xenon Racer』無料コンテンツアップデート第1弾実施―PC向けデモ版も配信開始

  6. 「State of Play」で『FF7』リメイク版の新情報が発表!続報は6月に【UPDATE】

  7. Steamサマーセールの実施日が判明か―非公式データベースサイトが報告

  8. ソニーとマイクロソフトが戦略提携、ゲームストリーミングサービスで協力【UPDATE】

  9. ARゲーム『Minecraft Earth』がモバイル向けに発表!現実世界でみんなとマインクラフト

  10. プログラミングを楽しめるスイッチ用『プチコン4 SmileBASIC』5月23日発売決定!「初心者ガイド」も新たに追加

アクセスランキングをもっと見る

1
page top