『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場

先日、『オーバーウォッチ』のPTRに追加されたゲームカスタマイズ機能「ワークショップ(Work Shop)」ですが、海外ファンがリワーク以前のマーシーを取り戻すスクリプトを開発しました。

ゲーム文化 カルチャー
『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場
  • 『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場
  • 『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場
  • 『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場

先日、『オーバーウォッチ』のPTRに追加されたゲームカスタマイズ機能「ワークショップ(Work Shop)」ですが、海外ファンがリワーク以前のマーシーを取り戻すスクリプトを開発しました。

『オーバーウォッチ』ヒーラーの象徴とも呼べるヒーロー“マーシー”。2017年8月にリワークされる以前の彼女の能力は現在でも語り草で、旧アルティメット・アビリティ「リザレクト」は最大5人まで味方を蘇生させるという強力なものでした。現在ではそんなマーシー(リザレクト)を懐古するファンも少なくありません。

RevertMercyさんが作成した「Mass Rez」では、ゼニヤッタ1体を起点にウルトを発動。エフェクトと共にゼニヤッタが蘇り、そこから付近で倒れた味方が蘇ります。こちらはインポートコード「CJW2F」が開放されており、PTRにて試すことが可能です。

このほかにも、Kibbles Bitsさんの作成した「5-man Mercy resurrection mod」では、モーションこそないものの旧「リザレクト」のような蘇生が可能となっています。こちらもコードが開放されており、「BH90Y」と入力することでインポートすることができるということです。

レースゲーム」やそのほか様々なゲームモード、楽しさが生み出されている「ワークショップ」。プレイヤーたちを圧倒する「職人の技」にさらなる期待がかかります。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「戦争ゲームは戦争を美化している」―名誉勲章を受章した元海兵隊員が語る

    「戦争ゲームは戦争を美化している」―名誉勲章を受章した元海兵隊員が語る

  2. 『モンスターハンター フロンティア』に12年分の感謝を…「モンハン酒場」にて記念フェアが開催!熱い思い出を語らおう

    『モンスターハンター フロンティア』に12年分の感謝を…「モンハン酒場」にて記念フェアが開催!熱い思い出を語らおう

  3. 『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

    『GTA VI』発売まで続く『GTA V』耐久レースが進行中…まもなく900周に突入、既に2週間以上が経過

  4. 『エルシャダイ』一部フリー素材化─商用利用も可能でいいの? 「大丈夫だ、問題ない」

  5. 新作発表に期待がかかる「BlizzCon 2019」詳細スケジュールが公開!

  6. 任天堂直営オフィシャルショップ「Nintendo TOKYO」11月22日グランドオープン決定!人気キャラ大集合の限定オリジナルグッズを販売

  7. 80年代の音楽レコードにコモドール64のプログラムが隠されていた! カセットテープに録音して実行可能

  8. これが最終形態…!『Fallout 4』プレストン・ガービーをスーパーミュータント化するModが登場

  9. ホネホネ恐竜現る!『ARK: Survival Evolved』のハロウィンイベントが開始

  10. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

アクセスランキングをもっと見る

1
page top