『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場

先日、『オーバーウォッチ』のPTRに追加されたゲームカスタマイズ機能「ワークショップ(Work Shop)」ですが、海外ファンがリワーク以前のマーシーを取り戻すスクリプトを開発しました。

ゲーム文化 カルチャー
『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場
  • 『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場
  • 『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場
  • 『オーバーウォッチ』ワークショップで“マーシー”の蘇生をかつての仕様に戻そうとするファンが登場

先日、『オーバーウォッチ』のPTRに追加されたゲームカスタマイズ機能「ワークショップ(Work Shop)」ですが、海外ファンがリワーク以前のマーシーを取り戻すスクリプトを開発しました。

『オーバーウォッチ』ヒーラーの象徴とも呼べるヒーロー“マーシー”。2017年8月にリワークされる以前の彼女の能力は現在でも語り草で、旧アルティメット・アビリティ「リザレクト」は最大5人まで味方を蘇生させるという強力なものでした。現在ではそんなマーシー(リザレクト)を懐古するファンも少なくありません。

RevertMercyさんが作成した「Mass Rez」では、ゼニヤッタ1体を起点にウルトを発動。エフェクトと共にゼニヤッタが蘇り、そこから付近で倒れた味方が蘇ります。こちらはインポートコード「CJW2F」が開放されており、PTRにて試すことが可能です。

このほかにも、Kibbles Bitsさんの作成した「5-man Mercy resurrection mod」では、モーションこそないものの旧「リザレクト」のような蘇生が可能となっています。こちらもコードが開放されており、「BH90Y」と入力することでインポートすることができるということです。

レースゲーム」やそのほか様々なゲームモード、楽しさが生み出されている「ワークショップ」。プレイヤーたちを圧倒する「職人の技」にさらなる期待がかかります。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

    PC版『シェンムー3』Epic Gamesストア時限独占に伴う何らかの対応を検討

  2. 『No Man's Sky』開発者達へ目に見える形で感謝を!ファンが心温まる計画を進行中

    『No Man's Sky』開発者達へ目に見える形で感謝を!ファンが心温まる計画を進行中

  3. 謎の猫ゲーム『Mew-Genics』の開発が正式に再始動!『アイザックの伝説』デザイナーの新作

    謎の猫ゲーム『Mew-Genics』の開発が正式に再始動!『アイザックの伝説』デザイナーの新作

  4. 全高約25cmの『メタルウルフカオス』フィギュアがDevolver Digitalストアで予約開始!

  5. 白血病で闘病中だった男性、発売前の『Total War: THREE KINGDOMS』をプレイ―人生最後の願いが叶う

  6. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  7. まるで別ゲーム?『Fallout 4』に本格アニメ顔Mod「AnimeRace Nanakochan」登場!

  8. 超セクシー!Riotデザイナーによる『FF7』ティファの美麗すぎる3Dファンアート

  9. 鳥さんが華麗に舞うスケボーゲーム『SkateBIRD』Kickstarter開始! 既に目標額に到達

  10. 旧作『DOOM』を現代風エフェクト高解像度で楽しめるModが公開差し止めに

アクセスランキングをもっと見る

page top