ライアットゲームズでストライキ―すでに終了したものの、150人以上の従業員が「強制仲裁」に抗議 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ライアットゲームズでストライキ―すでに終了したものの、150人以上の従業員が「強制仲裁」に抗議

『リーグ・オブ・レジェンド』で知られるライアットゲームズのロサンゼルスオフィスにて、150人を越える従業員によるストライキが行われたと複数の海外メディアより報じられました。

ニュース ゲーム業界
ライアットゲームズでストライキ―すでに終了したものの、150人以上の従業員が「強制仲裁」に抗議
  • ライアットゲームズでストライキ―すでに終了したものの、150人以上の従業員が「強制仲裁」に抗議
『リーグ・オブ・レジェンド』で知られるライアットゲームズのロサンゼルスオフィスにて、150人を越える従業員によるストライキが行われたと複数の海外メディアより報じられました。

ライアットゲームズのJ.T.Vandenbree氏がTwitterで投稿した内容によると、このストライキは2018年秋から2019年の初めに起きた賃金平等法の法的措置をとろうとした同社従業員の訴えを、会社が強制仲裁により取り下げさせたことに端を発しているとのこと。「強制仲裁」とはセクハラ問題などが労使間で発生した際に、強制的に民間による仲裁を行わせる契約条項のことで、米国においては雇用契約に含まれる場合があり、近年ではMicrosoftGoogleが批判を受けこれを廃止しています。

ライアットゲームズの社員で、ストライキ企画者の一人であるJocelyn Monahan氏はKotakuに対し、「ライアットゲームズの過去、現在、未来の従業員に対する訴訟の強制仲裁を撤廃するよう求めます」とコメントしました。

またJ.T.Vandenbree氏はTwitterにおいて、今回のストライキはライアットゲームズの方針に対する抗議であって、ライアットゲームズや一個人に対する抗議ではないとしています。さらに「『リーグ・オブ・レジェンド』やそのプレイヤーのプレイを妨げたり、変更を「強制」するものではない」と強調しました。

今回のようなストライキは大規模ゲームスタジオでは珍しく、同社の担当者はKotakuに宛てた電子メールで「私たちは、ストライキすることを選択し参加した従業員に対していかなる種類の報復も行いません」と表明しています。

なお、今回のストライキは、現地時間5月6日に終了しましたが、Monahan氏は次回の5月16日に行われる集会までに同社が適切な対応を行わなかった場合は、「さらなる行動を起こす」と語っています。
《KAMEX》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. リアル剣術格闘ゲーム『HATASHIAI』久しぶりの最新映像! 一撃の美学ふたたび

    リアル剣術格闘ゲーム『HATASHIAI』久しぶりの最新映像! 一撃の美学ふたたび

  2. 全世界1,000万人が遊んだMMORPG『黒い砂漠』PS4版の正式サービスが開始

    全世界1,000万人が遊んだMMORPG『黒い砂漠』PS4版の正式サービスが開始

  3. 宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

    宇宙MMO『Elite Dangerous』12月実装の空母「Fleet Carrier」紹介映像―ロードアウトや艦載数など

  4. 初代移植版『モンスターファーム』はスイッチ/スマホで発売!価格は税込1,900円

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『Telling Lies』日本語入力に不具合が発生―チームは修正作業に取り組む

  7. PS4版『黒い砂漠』海外配信日が8月22日に決定!開始時には6クラスをプレイ可能

  8. ドット絵3Dアクション『Fez』がEpic Gamesストアで無料配布を開始―現地時間8月29日まで

  9. Win 10版『マインクラフト』がレイトレーシングに正式対応―ビジュアルが劇的に向上、新時代へ…

  10. ニンテンドースイッチ『ドラクエXI S』2019年9月27日に全世界同時発売決定【E3 2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top