2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

Valveのゲーム配信プラットフォーム「Steam」。そのSteamで間近に迫っているという噂もある「Steamサマーセール」併催イベントで例年と違う催しが行われる可能性が示唆されました。

ゲーム文化 カルチャー
2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに
  • 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに
  • 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに
Valveのゲーム配信プラットフォーム「Steam」で間近に迫っているとされる「Steamサマーセール」ですが、同セール時に併催するイベントが例年と違うものになる可能性が示唆されました。

Steamにおける夏冬の大型セールイベントは、同ストアで販売される大量のゲームが大幅割引になるセールそのものとは別に、毎年様々な催しが行われることで知られています。

その中でも、期間限定の特別「Steamトレーディングカード」を集めることで、特別なコミュニティアイテム(Steamプロフィールで使える壁紙など)が手に入るという内容が近年の催しでは一つの軸となっていました。また、それらのカードは事前に“ミステリーカード”として排出されるようになるため、多くのゲーマーにセールが近くなったことを知らせる風物詩でもあります。

しかしながら、今回、2019年の「Steamサマーセール」ではこの期間限定の特別カードは用いられない、という内容が、「Steamトレーディングカード」のコミュニティにてValve社員より明かされました。ただし、併催イベントや特別報酬については継続される模様で、該当の発言内では具体的な内容は明らかではありませんが“今年は違うことをしようとしている”とコメントされています。

過去には“モンスターゲーム(クリッカーゲーム)”や“夏のセール銀河大戦(ディフェンスゲーム)”といったミニゲームを始め、初期には各種ゲーム内特別実績を達成することで、大きな利益を得ることができた“石炭”など、様々な趣向を凝らしてきたSteam大型セール併催イベント。(中には、併催ではなく直前実施のジェムによるオークションイベントなどもありました)果たして2019年夏はどのようなものになるのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. パン作り&配達シム『Bakery Simulator』は10月配信!20年には海外コンソール版も登場

    パン作り&配達シム『Bakery Simulator』は10月配信!20年には海外コンソール版も登場

  2. 海外イベント「The Ubisoft Experience」8月下旬開催、『ウォッチドッグス レギオン』デモプレイなど披露予定

    海外イベント「The Ubisoft Experience」8月下旬開催、『ウォッチドッグス レギオン』デモプレイなど披露予定

  3. エリートになったミラージュくん!『Apex Legends』ファンメイドアニメ最新作公開

    エリートになったミラージュくん!『Apex Legends』ファンメイドアニメ最新作公開

  4. 啓蒙高まる『Bloodborne』Tシャツ4種が「TORCH TORCH」より受注開始―8月にはさらに4種が登場

  5. Netflix版『ウィッチャー』愛馬ローチの姿が初公開―ドラマでも呼んだらすぐ来るのか!?

  6. ゴミ箱が主役のRPG『Kingdoms of the Dump』Kickstarter開始ーストレッチゴールで菊田裕樹氏の楽曲追加も

  7. 『ゴッド・オブ・ウォー』アートディレクターによる『Cuphead』ボスキャラクターのイラストから滲み出る強者感

  8. メガドライブ向け新作ACT『Phantom Gear』Kickstarter開始―マニュアル含むフィジカルパッケージも制作予定

  9. 『サイバーパンク2077』の公式設定資料集「The World of Cyberpunk 2077」商品ページが登場

  10. 迷子犬として冒険する『DOGGONE』のKickstarterが開始―ゴシュジン捜して三千里

アクセスランキングをもっと見る

page top