2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに

Valveのゲーム配信プラットフォーム「Steam」。そのSteamで間近に迫っているという噂もある「Steamサマーセール」併催イベントで例年と違う催しが行われる可能性が示唆されました。

ゲーム文化 カルチャー
2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに
  • 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに
  • 2019年のSteamサマーセールイベントでは「トレカ」は用いられない―Valveが明らかに
Valveのゲーム配信プラットフォーム「Steam」で間近に迫っているとされる「Steamサマーセール」ですが、同セール時に併催するイベントが例年と違うものになる可能性が示唆されました。

Steamにおける夏冬の大型セールイベントは、同ストアで販売される大量のゲームが大幅割引になるセールそのものとは別に、毎年様々な催しが行われることで知られています。

その中でも、期間限定の特別「Steamトレーディングカード」を集めることで、特別なコミュニティアイテム(Steamプロフィールで使える壁紙など)が手に入るという内容が近年の催しでは一つの軸となっていました。また、それらのカードは事前に“ミステリーカード”として排出されるようになるため、多くのゲーマーにセールが近くなったことを知らせる風物詩でもあります。

しかしながら、今回、2019年の「Steamサマーセール」ではこの期間限定の特別カードは用いられない、という内容が、「Steamトレーディングカード」のコミュニティにてValve社員より明かされました。ただし、併催イベントや特別報酬については継続される模様で、該当の発言内では具体的な内容は明らかではありませんが“今年は違うことをしようとしている”とコメントされています。

過去には“モンスターゲーム(クリッカーゲーム)”や“夏のセール銀河大戦(ディフェンスゲーム)”といったミニゲームを始め、初期には各種ゲーム内特別実績を達成することで、大きな利益を得ることができた“石炭”など、様々な趣向を凝らしてきたSteam大型セール併催イベント。(中には、併催ではなく直前実施のジェムによるオークションイベントなどもありました)果たして2019年夏はどのようなものになるのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

    海外ファンがModを使用せずに『マインクラフト』で『メトロイド フュージョン』を再現!

  2. あの男の到着前を描く『Half-Life 2』非公式ストーリーMod「Snowdrop Escape」がSteam配信予定

    あの男の到着前を描く『Half-Life 2』非公式ストーリーMod「Snowdrop Escape」がSteam配信予定

  3. 長いマントで貴族を泥から守れ! 中世舞台の斬新パズル『Puddle Knights』Steam配信日決定

    長いマントで貴族を泥から守れ! 中世舞台の斬新パズル『Puddle Knights』Steam配信日決定

  4. サルを訓練して生き延びろ! サバイバルサンドボックス『The Survivalists』最新トレイラー

  5. シュールで笑える『スカイリム』NPCの真似をし続ける男性の動画―ついにPart13まで登場

  6. 海外制作集団が『フォートナイト』で『カウンターストライク』の定番マップ「Dust II」を再現!

  7. 名前を知れば愛着も湧く?小島秀夫監督が『デススト』BTの名称を明かす

  8. コミック「アサシン クリード チャイナ」1巻が発売!―16世紀中国を舞台に女アサシン“シャオ・ユン”の復讐を描く

  9. コジマプロダクションとコラボしたカードケースが期間限定の受注販売で登場!ワンポイントの「ルーデンス」がカッコイイ…

  10. ケィア・モルヘンを歩き回れる! 初代『ウィッチャー』をVR化するプロジェクトが登場

アクセスランキングをもっと見る

page top