『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有

ユービーアイソフトは、同社が開発中の『ゴーストリコン ブレイクポイント』について、PvPモード「ゴーストウォー」の詳細を解説するトレイラー動画を公開しました。

家庭用ゲーム PS4
『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有
  • 『ゴーストリコン ブレイクポイント』PvPモード「ゴーストウォー」の詳細発表!狭まる戦闘ゾーン、4対4、進行状況共有

ユービーアイソフトは、タクティカルTPS『ゴーストリコン ブレイクポイント』に搭載されるPvPモード「ゴーストウォー」解説トレイラー(日本語字幕付き)を公開しました。


「ゴーストウォー」は10月4日の本編発売と同時に全てのプレイヤーがプレイ可能なPvPモードで、発売後も様々なアップデートが予定されています。ベータへの参加権を確実に手に入れたい方は、『ゴーストリコン ブレイクポイント』の予約をすることで手に入れることができるということです。詳しくは下記を確認ください。


「ゴーストウォー」では「ゴーストリコン」の戦略的なチームプレイをベースに、激しい4対4の戦いが待ち受けます。スキルだけではなく戦略とチームワークがとても重要になっていきます。発売時には4つのクラス(アサルトパンサーシャープシューターフィールドメディック)と6つのユニークなマップが用意されています。

「ゴーストウォー」では、発売時に以下の2つのモードがプレイ可能です。
  • エリミネーション」熱いチームデスマッチ方式のモードでプレイヤーは敵チームを狩り、排除していく。さらに、戦闘ゾーンが徐々に狭まってくるシステムを採用したことにより、ゲームの後半でプレイヤーは戦いの渦に参加せざるを得なくなった
  • サボタージュ」この非対称の爆弾モードでは、攻撃側のプレイヤーは爆弾エリアに爆弾を設置し、爆発させなくてはならない。防衛側のプレイヤーは爆弾物処理を行い、爆発を防ぐ必要がある

ゴーストリコン ブレイクポイント』では、「ゴーストウォー」がシームレスに本編と融合されます。今作ではPvEとPvPの進行状況が共有でき、アンロックしたクラスやスキル、カスタマイズアイテムや武器を両方のモードで使うことが可能です。PvPでは全てのプレイヤーが平等にスキルベースでプレイできるよう、チューニングが行われる予定です。


シリーズ前作『ゴーストリコン ワイルドランズ』の「ゴーストウォー」は2年以上にもわたるPvPの経験から、プレイヤーのフィードバックを元に様々な改善を行い、探知システムの向上やチームごとによるクラスの制限などを撤廃してきました。『ゴーストリコン ブレイクポイント』の「ゴーストウォー」では専用(Dedicated)サーバーを設置するため、ロード画面が短縮されたり、マッチメイキングが向上したりします。

「ゴーストウォー」は発売後も様々なアップデートを行っていく予定です。通常のバランス調整やゲームの向上に加え、開発チームは新たなマップやクラス、武器やモード、イベントなど様々なコンテンツを追加し、皆さんが長期的に楽しめるコンテンツにあるよう努めていきます。

ゴーストリコン ブレイクポイント』は、PS4/Xbox One/PC(Ubisoftストア/Epic Gamesストア)/海外Stadia向けに2019年10月4日発売予定です。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 「PlayStation Now」サービス内容が変更、10月にCERO Zタイトルに対応し再始動

    「PlayStation Now」サービス内容が変更、10月にCERO Zタイトルに対応し再始動

  2. オープンワールドARPG『原神』日本語版の映像が公開―プレイ映像や登場するキャラクターの担当声優も

    オープンワールドARPG『原神』日本語版の映像が公開―プレイ映像や登場するキャラクターの担当声優も

  3. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

    『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  4. 『Gears of War』シリーズ最新作『Gears 5』が数々の記録を樹立! 発売初週に300万人がプレイ

  5. 『モンハンワールド:アイスボーン』マカ錬金の「古代竜人の錬金術」で不具合確認―次回アップデートで修正へ

  6. 美少女ACT『日之丸子』ティザートレイラー公開!滅亡寸前の大日本帝国を舞台に、軍の切り札「日之丸子」が動き出す

  7. 『ポケモン ソード・シールド』謎の新ポケモンに関する続報発表―紹介ページの復旧は9月18日22時頃に!

  8. 『Dead by Daylight』新キラーが持つ「ポータル」能力や新サバイバーのパークなどが判明!ブラッドウェブの仕様変更も

  9. 『CoD:MW』日本時間18日にクロスプレイ機能を紹介するライブストリーミングを実施

  10. 『サイバーパンク2077』CDPR開発者にインタビュー!オープンワールドRPGとしてのディテールを根掘り葉掘り訊いた【TGS2019】

アクセスランキングをもっと見る

page top