『Bully 2』としてリークされた画像は「フェイク」…制作者がSNSで告白 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Bully 2』としてリークされた画像は「フェイク」…制作者がSNSで告白

出回っていた画像は、その確かなクオリティから複数の海外メディアで取り上げられていました。

ゲーム文化 カルチャー
『Bully 2』としてリークされた画像は「フェイク」…制作者がSNSで告白
  • 『Bully 2』としてリークされた画像は「フェイク」…制作者がSNSで告白
  • 『Bully 2』としてリークされた画像は「フェイク」…制作者がSNSで告白

海外SNSユーザーFelipe Borgesさんは、『Bully 2』のリーク情報とされていた画像が、自身の制作したフェイクであることをTwitterで伝えました。

ことの発端はRedditにて公開された画像。マップを映したものや、実際のゲーム画面としてリークされていたものです。そのクオリティから複数の海外メディアで取り上げられ、『Bully 2』にまつわる噂として広まっていました。


BorgesさんがTwitterで行った告白によれば、全て自身で作り上げた「コンセプトアート」とのこと。「やりすぎた」と、海外のゲーマーやYouTuber、メディアに向けて謝罪しています。

『GTA V』のアップデートでイースターエッグが見つかったり、モーションキャプチャのモデル募集が見つかったりと、話題としての盛り上がりを見せている『Bully』ですが、果たして続編は実現されるのでしょうか。
《杉元悠》

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

    さよならギエピー…穴久保幸作の漫画「ポケットモンスター」が最終回─23年の歴史に幕

  2. “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

    “野生のポケモンが消えた”『ポケモンGO』である日空白地帯となった島の住人が悲痛な叫び

  3. カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

    カナダで『フォートナイト』に集団訴訟の動き…「依存性に関する注意喚起を怠った」として

  4. 30分でわかるGTA?『GTA:SA』スピードランが驚きの30分以内に―特定手順でグリッチを起動

  5. 『ハースストーン』大会で政治的発言を行った選手の処分が一部軽減、賞金剥奪は撤回に

  6. あの“しわ顔”が遂にポケモンセンターへ!「しわしわ顔ピカチュウ」ぬいぐるみ10月30日発売決定

  7. 『フォートナイト』プロプレイヤー協会が発足―2019世界王者含む北米・欧州の計16選手で構成

  8. 『マインクラフト』海外の凄腕プレイヤーが1ブロックも掘らずにエンダードラゴン討伐まで到達…窃盗、取引、クリーパー爆破を駆使

  9. 『モンハン』15周年記念イベントへの来場で限定“初代”パッケージのPS4テーマを配布!謎に包まれた「黒龍 ミラボレアス」の設定資料も初公開

  10. トランプ大統領が公式Twitchチャンネルを開設!既にフォロワーは2万8千人超

アクセスランキングをもっと見る

page top