『Vampyr』『Call of Cthulhu』海外スイッチ版が発表、それぞれ現地時間10月に発売予定 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Vampyr』『Call of Cthulhu』海外スイッチ版が発表、それぞれ現地時間10月に発売予定

Focus Home Interactiveは、吸血鬼アクション『Vampyr』とコズミックホラーADV『Call of Cthulhu』の海外ニンテンドースイッチ版を発表しました。

家庭用ゲーム Nintendo Switch
『Vampyr』『Call of Cthulhu』海外スイッチ版が発表、それぞれ現地時間10月に発売予定
  • 『Vampyr』『Call of Cthulhu』海外スイッチ版が発表、それぞれ現地時間10月に発売予定

Focus Home Interactiveは、吸血鬼アクション『Vampyr』とコズミックホラーADV『Call of Cthulhu』の海外ニンテンドースイッチ版を発表しました。

『Vampyr』は1918年のロンドンを舞台に、吸血鬼となってしまった医者Jonathan Reidが人々から迫害を受けながらも奇病に立ち向かうアクションRPG。2018年10月にはスイッチ版開発の計画が公表されていましたが、この度現地時間2019年10月29日から発売されることが明らかになりました。


一方の『Call of Cthulhu』はCyanide Studioが開発するクトゥルフ神話をテーマにしたアドベンチャーゲーム。同名の人気TRPGを基にしており、同作も2019年4月にスイッチ版の存在が報道されていました。なお、こちらは現地時間10月3日に発売予定とのこと。

また、同時に公開されたトレイラーによれば、どちらのタイトルもPEGI 18での販売になるということです。その他、両作に関する情報はFocus Home Interactiveの公式ツイッターアカウント等からご確認ください。
《吉河卓人》

編集部おすすめの記事

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

    『CODE VEIN』ポッキリ心が折れるのに、つい再挑戦したくなる─バンナム初の「死にゲー」に挑んだ開発者の試行錯誤に迫る【TGS2019】

  2. 『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

    『仁王2』キャラクリエイトが追加され、妖怪の技も使用可能!11月のβ版配信が待ち遠しくなる常闇ステージレポート【TGS2019】

  3. 『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

    『Marvel's Avengers』ステージレポ―実機プレイによるヒーローたちのド派手な活躍に大興奮!【TGS2019】

  4. 『DEATH STRANDING』東京ゲームショウ2019一般初日ステージレポート!圧倒的な視聴者の人数に小島監督も驚き【TGS2019】

  5. 『モンハン:アイスボーン』追加モンスター含む「無料大型アップデート第2弾」が12月配信!19年内ロードマップも公開

  6. 『FF7 リメイク』TGS2019ステージのアーカイブ映像公開!イフリートを召喚するアプス戦やクラシックモードの情報も

  7. 『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド RETRO』9月17日発売!シリーズの原点をスイッチで楽しめる

  8. 『モンハンワールド:アイスボーン』マカ錬金の「古代竜人の錬金術」で不具合確認―次回アップデートで修正へ

  9. 『ボーダーランズ3』デラックス版特典のラインナップが明らかに!各スキンのビジュアル公開

  10. 『ボーダーランズ3』公式スキルシミュレーター国内公開!主人公4人のスキルが明らかに

アクセスランキングをもっと見る

page top