オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

格闘ゲーム向け低遅延技術「GGPO」がMITライセンスの元、オープンソース化。多数の市販タイトルでも採用済み。

ゲーム機 技術
オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績
  • オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績
  • オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」がオープンソース化!―多数の格闘ゲームなどで実績

世界的格闘ゲーム大会「EVO」の創設者としても知られるプログラマーのTony Cannon氏は、オンラインゲーム向け低遅延技術「GGPO」をMITライセンスの元、オープンソース化しました。

同技術はP2P接続のオンラインゲーム、特に格闘ゲームなどを主眼において開発された技術。入力予測と投機的実行などを用い、一般的なネットワークコードより遅延のない対戦を実現するものです。

「GGPO」を採用したタイトルとしては『ストリートファイターIII 3rd Strike Online Edition』『スカルガールズ』『ブロウルハラ』『Injustice 2』『ダンジョンズ&ドラゴンズ ミスタラ英雄戦記』などが存在しています。今回のオープンソース化によって、更に多くのゲームでより低遅延な対戦を楽しむことができるのかも知れません。

「GGPO」はGithubよりダウンロード可能です。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

ゲーム機 アクセスランキング

  1. ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

    ソニー次世代機の正式名称は「プレイステーション 5」!2020年年末商戦に発売【UPDATE】

  2. VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

    VRリズムゲー『Beat Saber』上級者の動きが速すぎてSteamVR更新―コントローラー認識速度の限界を拡大

  3. 2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

    2,780以上のゲームボーイ系ソフトに対応する携帯機「Analogue Pocket」海外で2020年発売

  4. PS次世代機は「ゲーマーにとって魅力的な価格」に―担当記者の質問にサーニー氏が回答

  5. PS4 Pro/Xbox One X/スイッチ内蔵のモンスターゲーミングPC「Big O」が爆誕!

  6. 『マイクラ』だけじゃない! レイトレーシング対応タイトル ショーケース―『CoD:MW』や『Watch Dogs』新作も【gamescom 2019】

  7. Valve、「SteamVR 入力システム」ベータ版をリリース、コントローラー間の違いを吸収できるように

  8. BenQスクリーンバー「e-Reading Lampモニター掛け式ライト」はゲームプレイにどれほど役立つ?『バイオ7』など3タイトルで検証!

  9. PS4コントローラーに直接差すマイクが8月31日発売に─ヘッドセットが無くてもボイチャ可能!

  10. Crytekが自社製エンジン「CRYENGINE」最新版のトレイラーで『Crysis』のリマスターを示唆か

アクセスランキングをもっと見る

1
page top