『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策

『CS:GO』の有料鍵が新規発行分からトレード・販売不可に。世界的詐欺グループによる違法利益精算に利用されたため。

ニュース ゲーム業界
『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策
  • 『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策
  • 『CS:GO』ガチャ箱用有料鍵のトレード・マーケット出品が不可に―犯罪組織のマネーロンダリング対策

Valveは対戦FPS『Counter-Strike: Global OffensiveCS:GO)』の最新アップデートにおいて、各種ケース(ルートボックス/ガチャ)を開けるために使用される有料鍵のトレードおよびコミュニティマーケット出品を不可に変更しました。

コミュニティの間では一種の通貨としてスキンの取引などに利用されていた鍵。公式ブログの報告では、最近世界的な詐欺組織が利益精算のために有料鍵を利用(※)するようになったことを理由として挙げています。

(※)盗難クレジットカードで鍵を購入し、リアルマネーで販売するといったマネーロンダリング行為。クレジットカード所有者が気づきValveが購入を取り消しても、犯人の手元にはお金が残る。


Valveは、これまで鍵のトレードは主に正当な顧客間で行われていたものの、現在のトレードやマーケットプレイスへの出品に使われる鍵の購入の殆どは詐欺によるものになってしまったし、その対策として今回の変更を決めたと説明しています。

Valveは「残念なことにこの変更は一部の正規ユーザーに影響を与えるかもしれません。しかし詐欺との戦いはSteamにおける当社の優先事項です」と締めくくりました。なお、トレードおよびマーケット出品不可はアップデート以降に購入した鍵に適用され、既存の鍵は影響を受けないとのことです。
《RIKUSYO》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

    米開発、自ら増殖する「生きたグラフィックボード」が海に流出―厳しい自然界に曝され、性能が大幅向上【UPDATE】

  2. 5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

    5年以上掃除していないゲーミングPCから新種生物が続々発見―グラボの熱で活動か【UPDATE】

  3. ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

    ベセスダ、6月イベント開催はなし「胸躍らせる多くの取り組みを今後数か月で発表」

  4. サターンの名作『パンツァードラグーン』がVRに!シリーズ三部作のエピソードを舞台とした『パンツァードラグーンVoyage Record(仮題)』2020年発売

  5. スイッチ版『パンツァードラグーン:リメイク』ついに4月2日に発売!【UPDATE】

  6. 3年前に開発中止となった狂気ホラー『Year Of The Ladybug』に新たな動き!3月25日の公式発表を開発者が予告

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 対戦型FPS『Cosmic Warfere』AIプレイヤーが悪質行為を連発―開発者「我々は知らない。彼らが学習したようだ」【UPDATE】

  9. ロックスターが新型コロナ対策に『GTAオンライン』『レッド・デッド・オンライン』売上利益の5%を寄付すると発表

  10. 『Call of Duty: Modern Warfare 2 Remastered』がPS4で海外向けにリリースーアナウンストレイラーも公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top