『ディアブロ IV』追加情報発表!“共有型オープンワールド”要素など【BlizzCon2019】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ディアブロ IV』追加情報発表!“共有型オープンワールド”要素など【BlizzCon2019】

Blizzard Entertainmentは、ハックアンドスラッシュARPG『ディアブロ IV』のさらなる情報をBlizzCon2019にて発表しました。

家庭用ゲーム PS4
『ディアブロ IV』追加情報発表!“共有型オープンワールド”要素など【BlizzCon2019】
  • 『ディアブロ IV』追加情報発表!“共有型オープンワールド”要素など【BlizzCon2019】
  • 『ディアブロ IV』追加情報発表!“共有型オープンワールド”要素など【BlizzCon2019】
Blizzard Entertainmentは、ハックアンドスラッシュARPG『ディアブロ IV』のさらなる情報をBlizzCon2019にて発表しました。

公開された内容によれば、同作は昼夜や天候要素を備えるいくつかの巨大なエリアで構成されるオープンワールドが舞台。フィールドではプレイヤーは他のプレイヤーと世界を随時共有し遭遇することがあるなどの「共有型のオープンワールド」であるとされています。街における他プレイヤーとのソーシャル機能も強化される他、多数のプレイヤーが参加する巨大なボス戦などの要素も。

ダンジョンがインスタンスとなるかは不明ですが、前作より強力になったランダムジェネレーターが用いられており構造のランダム化自体はなされる模様です。また、今作では乗り物が導入。乗り物はカスタマイズが可能なほか、クラスごとに降りるときに発動可能な特殊技も備えています。更に、今作で復活となるPvPについては一部のエリアにおいてオプトイン形式で可能となるとのこと。

『ディアブロ IV』の発売時期は未定ながら、発表においてはまだ開発は初期の段階であり「すぐには登場しない」としています。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ポケモン ソード・シールド』冒険の始まりは目前!新ポケモンや新要素も映るファイナルPV公開

    『ポケモン ソード・シールド』冒険の始まりは目前!新ポケモンや新要素も映るファイナルPV公開

  2. 『デススト』の小島秀夫が「星野源のオールナイトニッポン」にてゲスト出演!

    『デススト』の小島秀夫が「星野源のオールナイトニッポン」にてゲスト出演!

  3. 『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の役立ちスポット&探索エリアを紹介!プレイシーンが確認できるアナウンストレイラーも

    『シタデル:永炎の魔法と古の城塞』の役立ちスポット&探索エリアを紹介!プレイシーンが確認できるアナウンストレイラーも

  4. ネタバレ防止のため『Star Wars ジェダイ:フォールン・オーダー』はEA Access先行トライアルを実施せず

  5. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル50本!【特集】

  6. HDリマスター版『ロマサガ3』本日11月11日発売!「宿命の子」をめぐる壮大な物語が新要素を加えて甦る

  7. 『DEATH STRANDING』UKチャート初登場2位―首位は3週連続で『CoD:MW』

  8. 『バイオハザード RE:2』&『デビル メイ クライ 5』がお得なBest Price版になって登場!3,990円(税別)で12月13日発売

  9. 『ポケモン ソード・シールド』新要素「ワイルドエリア」を先行体験!様々なポケモンとの遭遇を楽しめる「Pokemon Wild Area Search」提供開始

  10. 『SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ』製品版へ引継ぎ可能な無料体験版11月8日配信!4つのストーリーの「STAGE 01」をプレイ可能

アクセスランキングをもっと見る

page top