『ゴッド・オブ・ウォー』開発元、武芸の経験がある人材を募集中―将来的に日本も登場か | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ゴッド・オブ・ウォー』開発元、武芸の経験がある人材を募集中―将来的に日本も登場か

望ましい経験: 武芸・踊りの経験(Experience in martial-arts or dance)

ニュース ゲーム業界
『ゴッド・オブ・ウォー』開発元、武芸の経験がある人材を募集中―将来的に日本も登場か
  • 『ゴッド・オブ・ウォー』開発元、武芸の経験がある人材を募集中―将来的に日本も登場か
  • 『ゴッド・オブ・ウォー』開発元、武芸の経験がある人材を募集中―将来的に日本も登場か

PS4用ソフト『ゴッド・オブ・ウォー』を手掛けたSanta Monica Studioが「武芸・踊りの経験(Experience in martial-arts or dance)」がある人材をアシスタントシネマディレクターとして募集していることが明らかになりました。

海外メディアGamesRadar+はこの応募資格について、『ゴッド・オブ・ウォー』シリーズ次回作で東アジア(単語「martial-arts」は欧米では空手やテコンドーなどといった、東洋の格闘技を主に指す)が舞台となる可能性を指摘しています。また同記事では、『ゴッド・オブ・ウォー』のラストシーンにて三つ巴のシンボル(神道の武神「八幡神」の神紋として用いられることも)が登場した事にも言及。

本記事執筆時点で『ゴッド・オブ・ウォー』次回作に関する正式な発表は出ていませんが、今後の動向に注目が集まります。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

  2. 『LoL』『Halo』『Team Fortress 2』『オーバーウォッチ』開発スタッフによる新スタジオTheorycraft Gamesが設立―資金調達ラウンドで3,750万ドル確保

    『LoL』『Halo』『Team Fortress 2』『オーバーウォッチ』開発スタッフによる新スタジオTheorycraft Gamesが設立―資金調達ラウンドで3,750万ドル確保

  3. EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

    EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

  4. 独占販売権契約は締結しており、契約金は支払い済―ホラーADV『The Sinking City』Steam版販売を巡りNaconが声明

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 『バトルフィールド』新作は2021年のホリデーシーズンに発売予定―春に情報公開

  7. 映画「エイリアン」の世界が舞台のCo-opサバイバルシューター『Aliens: Fireteam』2021年夏リリース!

  8. 「Humble Choice」2021年3月分配信開始!『Control Standard Edition』『XCOM: チーム・ キメラ』など12本がラインナップ

  9. 昨年から続いているApple対Epicの訴訟問題、2021年5月から裁判が開始へ

  10. 『原神』リリースから2か月余りで4億ドル近い収益を稼ぎ出す―1日平均で600万ドル以上の売上

アクセスランキングをもっと見る

page top