「The Game Awards 2019」視聴者数は4,500万人以上! 前年度から73%増 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

「The Game Awards 2019」視聴者数は4,500万人以上! 前年度から73%増

ゲーム業界を賑わせる新映像&情報が次々発表された「The Game Awards」……2020年度にも期待したいところです。

ニュース ゲーム業界
「The Game Awards 2019」視聴者数は4,500万人以上! 前年度から73%増
  • 「The Game Awards 2019」視聴者数は4,500万人以上! 前年度から73%増

Geoff Keighley氏は、「The Game Awards 2019」のライブ配信の視聴者数が前年度から73%上昇し、4,500万人を超えていたことを発表しました。

公式サイトによれば、視聴者数はピーク時で750万人、そのうちTwitchとYouTubeからは200万人を記録したとのこと。また、TwitterでもTGAの話題は積極的に取り上げられ、世界トレンドでは堂々の1位かつ上位30のうち18件はTGAに関連したものとなっていたそうです。

これらはTGAがこの数年で急速に成長を続けている証左のひとつとも言えます。同氏は「この6年間においてTGAがここまで大きくなっていることに恐縮しつつも、感謝している」と述べ、また「この数字は、ゲーム文化が世界中に広まっていることを示し、そして50を超えるデジタルビデオプラットフォームでのライブ配信および無料ストリーミングという我々のアプローチを再確認できた」とコメントしています。

今回のTGAでは「Xbox Series X」ワールドプレミアや『ファイナルファンタジーVII リメイク』の新映像、『Apex Legends』ホリデーイベント映像などがお披露目となり、『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が「Game of the Year」を受賞していました。発表内容についてはこちらの記事をチェックしてみてください。
《麦秋》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて冷戦が熱戦へと転じたifを描くRTS『Wargame: Red Dragon』期間限定無料配信開始

  2. 『LoL』『Halo』『Team Fortress 2』『オーバーウォッチ』開発スタッフによる新スタジオTheorycraft Gamesが設立―資金調達ラウンドで3,750万ドル確保

    『LoL』『Halo』『Team Fortress 2』『オーバーウォッチ』開発スタッフによる新スタジオTheorycraft Gamesが設立―資金調達ラウンドで3,750万ドル確保

  3. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

    『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  4. EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

  5. 独占販売権契約は締結しており、契約金は支払い済―ホラーADV『The Sinking City』Steam版販売を巡りNaconが声明

  6. 『バトルフィールド』新作は2021年のホリデーシーズンに発売予定―春に情報公開

  7. 映画「エイリアン」の世界が舞台のCo-opサバイバルシューター『Aliens: Fireteam』2021年夏リリース!

  8. 『原神』リリースから2か月余りで4億ドル近い収益を稼ぎ出す―1日平均で600万ドル以上の売上

  9. PS VR用原始サバイバル『Song in the Smoke』2021年内発売予定―トレイラー公開【UPDATE】

  10. 「Humble Choice」2021年3月分配信開始!『Control Standard Edition』『XCOM: チーム・ キメラ』など12本がラインナップ

アクセスランキングをもっと見る

page top