2019年ストリーミング界は『フォートナイト』大きく減じ『LoL』首位に返り咲く―海外リサーチ調べ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2019年ストリーミング界は『フォートナイト』大きく減じ『LoL』首位に返り咲く―海外リサーチ調べ

海外リサーチによるストリーミング配信に関わる調査報告「State of the Stream 2019」が発表。Twitch総視聴時間で『リーグ・オブ・レジェンド』が首位に返り咲き。

ニュース ゲーム業界
2019年ストリーミング界は『フォートナイト』大きく減じ『LoL』首位に返り咲く―海外リサーチ調べ
  • 2019年ストリーミング界は『フォートナイト』大きく減じ『LoL』首位に返り咲く―海外リサーチ調べ
  • 2019年ストリーミング界は『フォートナイト』大きく減じ『LoL』首位に返り咲く―海外リサーチ調べ
海外ゲーム映像配信プラットフォーム用ツールStream Elementsならびに、リサーチを行うArsenal.ggは2019年のゲーム映像ストリーミング配信に関わる調査報告「State of the Stream 2019」を発表しました。

これは多岐にわたる内容について触れたもの。配信プラットフォームの視聴時間比率については、2019年もTwitchが73%と圧倒的となっており、Ninjaなどの移籍で話題となったMixerは前年から2%増加の、わずか3%のシェアにとどまっています。総視聴時間数はいずれも増加。Twitch、YouTubeは前年比20%、16%の増加となっており、Facobook Gamingが210%、Mixerは149%となります。

一方Twitch上のゲームタイトルごとの視聴時間は激変。2018年に『リーグ・オブ・レジェンド』の7年続いたトップを破った『フォートナイト』は大きく勢いを減じ2位に転落。再び『リーグ・オブ・レジェンド』がトップの座に返り咲くこととなりました。一方、成長目覚ましいのは『グランド・セフト・オートV』。こちらはなんと前年比277%となり、『Dota 2』を抑え4位、ゲームタイトルとしては3位へと輝いています。なお、前年5位の『PUBG』はトップ10圏外に一気に転落。入れ替わりに『Apex Legends』が8位に加わっています。

2019年新規タイトルとしては他にも『リーグ・オブ・レジェンド』の「チームファイト・タクティクス」モードが大きく注目を浴びたようです。他にも雑談配信もその視聴時間数を大きく伸ばしています。

男性ストリーマーとしてはTfue、shroud、summit1g、Ninja、女性ストリーマーとしては非英語配信である韓国のsaddummyが人気を獲得。なお、日本語ストリーマーとして最も視聴時間が長かったのはStylishNoob氏となっています。その他の特記事項としては、TRPG「ダンジョンズアンドドラゴンズ」の配信の成長などにも触れられています。

年々成長を続けるストリーミング配信業界。果たして2020年にはどんなトレンドが登場することになるのでしょうか。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. PC版『ディビジョン2』3月2日までフリープレイが可能ー396円で購入できる期間限定セールも実施中

    PC版『ディビジョン2』3月2日までフリープレイが可能ー396円で購入できる期間限定セールも実施中

  2. 「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」結果発表―栄光の1位はゲッコウガ!2位にルカリオ、3位はミミッキュがランクイン

    「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」結果発表―栄光の1位はゲッコウガ!2位にルカリオ、3位はミミッキュがランクイン

  3. USJが2020年3月15日までの臨時休業を発表―新型コロナウイルスの国内感染拡大を防止するため

    USJが2020年3月15日までの臨時休業を発表―新型コロナウイルスの国内感染拡大を防止するため

  4. NetEase Gamesが日本を含めたアジア一部地域でモバイル版『Dead by Daylight』の運営を開始

  5. 現実と空想の間に囚われた少女のパズルADV『Ever Forward』発表!『きみのまち ポルティア』開発元新作

  6. 「コナミコマンド」発案者の橋本和久氏が逝去、「上上下下左右左右BA」を広めたプログラマー

  7. Epic Games&マイクロソフトも「GDC 2020」への参加をキャンセル―サンフランシスコでは緊急事態宣言

  8. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

  9. 伝染病シム『Plague Inc.』が中国のApp Storeから削除される―メーカーがサイトでコメントを発表

  10. ローポリ調アーケードレース『Hotshot Racing』今春発売―ドリフトでゲージを溜めてブースト!

アクセスランキングをもっと見る

page top