ティム・スウィーニー氏、DICE Summitの基調講演にてルートボックスやゲーム内の政治的主張を批判【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ティム・スウィーニー氏、DICE Summitの基調講演にてルートボックスやゲーム内の政治的主張を批判【UPDATE】

アメリカ・ネバダ州のラスベガスで開催された2020 DICE Summitにて基調講演を行い、ルートボックスやゲーム内の政治的主張について強く批判しました。

ニュース ゲーム業界
ティム・スウィーニー氏、DICE Summitの基調講演にてルートボックスやゲーム内の政治的主張を批判【UPDATE】
  • ティム・スウィーニー氏、DICE Summitの基調講演にてルートボックスやゲーム内の政治的主張を批判【UPDATE】
  • ティム・スウィーニー氏、DICE Summitの基調講演にてルートボックスやゲーム内の政治的主張を批判【UPDATE】

Epic Gamesの共同創立者兼CEOのティム・スウィーニー氏は、アメリカ・ネバダ州のラスベガスで開催された2020 DICE Summit(DICEはDesign, Innovate, Communicate, Entertainの略)にて基調講演を行い、ルートボックスやゲーム内の政治的主張について強く批判しました。海外メディアThe Hollywood Reporterが伝えています。

同氏は講演の中で「クロスプレイ」「クロスプラットフォーム」のメリットと重要性について語ったほか、GoogleやFacebookなどの「無料サービスを提供し、プライバシーや自由を代価として支払わせるビジネスモデル(customer adversarial model)」を業界の悪しき側面として紹介。その文脈の中で「勝って儲けるという機能を取り除いたギャンブルのようなもの」としてルートボックスを批判し、今後同様のビジネスは縮小していくだろうと予測しました。

また、ゲーム内での政治的主張についても言及。マーケティング部門が政治的になっている現状を批判し、「意見が二分するような話題をゲームに持ち込む理由はない」「従業員も顧客も全員、それぞれの意見を主張できてしかるべき」「我々企業は政治的に中立でなくてはならない」と主張して基調講演を締めくくったとのことです。

※UPDATE(2020/2/13 16:15):記事内の翻訳部分「プライバシーや自由のためにお金を払う必要があるビジネスモデル」を「無料サービスを提供し、プライバシーや自由を代価として支払わせるビジネスモデル」に訂正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございます。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 小島監督が英国アカデミー賞最高栄誉のフェローシップ賞を受賞!日本人では宮本茂氏に続く2人目

    小島監督が英国アカデミー賞最高栄誉のフェローシップ賞を受賞!日本人では宮本茂氏に続く2人目

  2. 「コナミコマンド」発案者の橋本和久氏が逝去、「上上下下左右左右BA」を広めたプログラマー

    「コナミコマンド」発案者の橋本和久氏が逝去、「上上下下左右左右BA」を広めたプログラマー

  3. “全ポケモン”を対象とした人気投票「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」開催!Google検索の投票機能で“世界中のトレーナー”が投票可能

    “全ポケモン”を対象とした人気投票「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」開催!Google検索の投票機能で“世界中のトレーナー”が投票可能

  4. 『グラブル ヴァーサス』舞えよ胡蝶!DLC第2弾「ナルメア」の配信日が3月3日に決定

  5. 次は秋田・大館市……新たに「ネット・ゲーム依存症対策条例」素案発表“ゲームは1日60分”

  6. プラチナゲームズが本社以外では初となる開発拠点「プラチナゲームズTOKYO」を2020年4月より開業!

  7. 20年以上のキャリアを持ち『メタルギア』シリーズにも携わったベテランがコジプロのマーケティング・コミュニケーションヘッドに就任

  8. GOG.comが新しい返金ポリシーを発表―ゲームをプレイした後でも最大30日間まで全額返金が可能

  9. プラチナゲームズ自社IP第1弾『プロジェクト G.G.』鋼の巨人と怪獣のティーザー公開―東京開発スタジオ本格稼働へ

  10. 悪魔と人類の技術がぶつかり合うファミコン風ACT『Panzer Paladin』PC/スイッチで2020年夏に配信

アクセスランキングをもっと見る

page top