『CONTROL』のRemedyが長期的なサービスベースのマルチプレイヤー作品を開発中…内製エンジンも次世代機向けに準備 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CONTROL』のRemedyが長期的なサービスベースのマルチプレイヤー作品を開発中…内製エンジンも次世代機向けに準備

Remedy Entertainmentの決算報告で新規プロジェクト「Vanguard」の存在が明らかに。長期運営のマルチプレイヤータイトルを目指すということです。

ニュース ゲーム業界
『CONTROL』のRemedyが長期的なサービスベースのマルチプレイヤー作品を開発中…内製エンジンも次世代機向けに準備
  • 『CONTROL』のRemedyが長期的なサービスベースのマルチプレイヤー作品を開発中…内製エンジンも次世代機向けに準備
  • 『CONTROL』のRemedyが長期的なサービスベースのマルチプレイヤー作品を開発中…内製エンジンも次世代機向けに準備
フィンランドのデベロッパーRemedy Entertainmentは2月14日、投資家向けの決算報告において開発中の作品についての概要を明らかにしました。資料では、E3 2019で発表された『CrossfireX』や、長期運営のマルチプレイヤータイトルを開発するプロジェクト「Vanguard」などに言及しています。

2019年6月9日公開の「CrossfireX - E3 2019 - Announce Trailer」

現在Remedyは、DLCの開発が続く『CONTROL』の他に3つのプロジェクトを進行中で、直近のプロジェクトとしては、韓国のデベロッパーSmilegateと協力して『CrossfireX』を開発。『CrossfireX』はシリーズ初のコンソールタイトルであり、シングルプレイヤーキャンペーンを備え、2020年にXbox One向けに発売予定です。


2つめのプロジェクトは未発表のもので、順調に進行しているとされていますが詳細は言及されていません。そして3つめのプロジェクトとなる「Vanguard」については、現在社内で開発途上版がプレイ可能な段階にあるということです。この作品は、Remedyならではの要素と、長期的なサービス運営を掛け合わせたマルチプレイヤーとなることが明らかとされています。

そのほか、Remedy独自のゲームエンジン「Northlight」によって「Vanguard」を除くタイトルが開発中で、同エンジンはNVIDIAのRTXレイトレーシングやPlayStation 4をサポートしているほか、今年発売となる次世代機への対応準備も進めているということです。
《technocchi》

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

    『あつまれ どうぶつの森』Direct映像で見逃しがちな18の要素!リセットさんのその後やしずえの小ネタも

  2. 『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

    『ARK:Survival Evolved』拡張DLC「Genesis」配信延期、海外リリース日は2月25日に

  3. 『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中

    『返校』といまだ販売停止中の『還願』がハーバード大学の図書館に所蔵ー開発元は現在もゲームを開発中

  4. 「スイッチ あつまれ どうぶつの森セット」新たな予約開始日が3月7日に決定!「キャリングケース」も同日より予約スタート

  5. MMO『黒い砂漠』PS4/Xbox One版のクロスプレイが可能に―3月4日から新たな冒険が始まる

  6. ゲームと暴力事件発生率の関係性とは?米大学が研究結果を発表

  7. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  8. 『あつまれ どうぶつの森』人気キャラクター「しずえさん」が登場確定!案内所を発展させると、ベテラン職員として島内に勤務

  9. “全ポケモン”を対象とした人気投票「ポケモン・オブ・ザ・イヤー」開催!Google検索の投票機能で“世界中のトレーナー”が投票可能

  10. 『マインクラフト』新たなバイオームや敵が登場する「ネザーアップデート」の情報が公開!

アクセスランキングをもっと見る

page top