光も望みも絶えた凍てつく街で……PS4『Frostpunk』プレイレポート―目的は「生き残れ」 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

光も望みも絶えた凍てつく街で……PS4『Frostpunk』プレイレポート―目的は「生き残れ」

極寒の世界でのサバイバルを描く都市建設シミュレーション『Frostpunk』PS4版のプレイレポートをお届けします。

連載・特集 プレイレポート
『Frostpunk』スクリーンショット1
  • 『Frostpunk』スクリーンショット1
  • 『Frostpunk』スクリーンショット2
  • 『Frostpunk』スクリーンショット3
  • 『Frostpunk』スクリーンショット4
  • 『Frostpunk』スクリーンショット5
  • 『Frostpunk』スクリーンショット6
  • 『Frostpunk』スクリーンショット7
  • 『Frostpunk』スクリーンショット8

2020年2月27日に、ついにDMM GAMESより発売となったPS4版『Frostpunk(フロストパンク)』。本記事では、極寒の世界でのサバイバルを描く都市建設シミュレーションである同作のプレイレポートをお届けします。極限状態をいかに生き延びるかがテーマだけに、資源の管理はストラテジー的で非常にシビア。デベロッパーは『This War of Mine』を手がけた11 bit studiosです。

同作の舞台は我々の世界より遥かに蒸気機関が発達した19世紀。突然の大寒波が地球を襲い、文明は崩壊しました。唯一の希望を求めて新天地を探す旅に出たロンドンの生存者は、崖に囲まれた窪地でジェネレーターと呼ばれる熱源を発見。プレイヤーは彼らのリーダーとなり、生存を賭けた闘いに挑むことになります。

登場する技術や機械は、SFのサブジャンルであるスチームパンクの世界観で統一されており、こうした世界観が好きな方なら一層楽しめるでしょう。なお、プレイレポートの末尾では、読者の皆様へのささやかなプレゼントの告知も行っております。

この極寒の地で人々を導き生き延びることができるか

1日目~3日目:氷点下20度


ゲーム開始時には、雪に覆われた窪地に塔のような機械(ジェネレーター)がぽつんと建っており、その周りに豆粒のような人々が群がっています。リーダーとしてまず最初に行うべき仕事は、人々に指示を出して周囲に散らばっている資源を収集し、ジェネレーターを起動することです。

『Frostpunk』に登場する資源には、石炭木材蒸気核生食材糧食の6種類があり、現在の備蓄量は画面の上部に表示されます。石炭、木材、鉄はそれぞれ周囲にある石炭パイル、木材クレート、鉄くずに労働力を割り振ることで収集します。個々の人間を直接操作することはできません。ゲームはリアルタイムで進行しますが、時間はいつでも一時停止することができ、進行速度は3段階に調整可能です。

最初にあるのは謎のジェネレーターと集積所のみ
ジェネレーターを中心に街を建設していくことになる

ジェネレーターの起動に必要なのは石炭なので、石炭を最優先に収集します。十分に備蓄できたところでジェネレーターを起動。コントローラーのタッチパッドボタンを押すと画面表示が変わり、温度を色の違いで見分けることができます。ジェネレーターには熱源として周囲を暖める機能があることがわかります。

ワンタッチでサーモグラフィーのような温度表示に切り替えることができる
温度管理は非常に重要なので定期的に確認しよう

暖を取れるようにはなりましたが、このまま夜を迎えれば寒さで病気になる人が出るでしょう。次は住居を確保するためにテントを建設します。並行して、食料を確保するためのハンター小屋と調理場も建設しました。

街はジェネレーターを中心として放射状に広がっていきます。建物はどこに建てても構いませんが、道路でジェネレーターと繋がっていなければなりません。住居など暖かさを保つ必要がある建物はジェネレーターの周囲に建てると良いでしょう。

建設には仕事に就いていない労働力が自動的に割り当てられる
通常は仕事のない夜間に建設を進めるのが良い

リーダーの苦労を知ってか知らずか、住民が住居不足を訴えて来ました。予報では4日目に寒波が到来するようです。寒波に備えて住居を提供することを約束しました。

ゲーム中には様々なイベントが発生し、選択を求められることがあります。『Frostpunk』では現在不足しているもの、これから必要になるものを見極め、早めに対策を立てることが肝心です。画面の右上には5日先までの天気予報が表示されており、街の経済統計はいつでも確認することができます。

多くの選択にはメリットとデメリットが両方存在する
極限状態のサバイバルでは八方美人に振る舞うことはできない

住民全員分のテントを建てるには人手が不足しています。そこで、子供を労働に就かせる法律に署名しました。

法律は街全体に大きな影響を及ぼす要素で、一定時間ごとに新しい法律に署名することができます。法律はツリー状になっており、前提となる法律に署名することで、その先の法律が解放されます。法律には二者択一のものもありますが、一度署名した法律を取り消すことはできないので、慎重に選択しましょう。

どの法律に署名するかで街の生死が決まると言っても過言ではない
今の街に一番必要な法律を見極めよう

一夜明け、初の病人が発生しました。病気になった住民は治療するまで仕事に就けなくなり、治療せずに放置すると死に至ることもあります。急いで救護所を建設します。

同時に、新しい技術を研究するためのワークショップも建設しました。技術はツリー状になっており、ワークショップで資源と時間を費やして研究します。技術の効果は新しい建物を解放するものや、既存の建物の効率を高めるものなど様々です。

次にどの技術を研究するかは悩みどころ
ワークショップを複数建設すれば研究速度を向上させられる

そうこうする間に、住居不足を改善する約束を果たすことができました。約束が守られたことで住民の希望が増加します。一方、資源の収集効率を高めるために労働時間を延長する法律に署名し、あらゆる職場の労働時間を朝6時から夜8時までに延長しました。ブラックな労働条件に住民の不満が増加します。

『Frostpunk』には希望不満と呼ばれるパラメーターがあり、様々な要因で変動します。不満が希望を上回った状態を放置すると、最終的には街から追放されてゲームオーバーになってしまいます。

不満が希望を上回って一定時間が経過すると追放されてゲームオーバー
この極寒の世界で街から追放された者がどうなるかは想像に難くない


《FUN》

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top