推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】

発売してすぐにヒットした、“百合”恋愛がテーマの新作VN『推しのラブより恋のラブ』。海外からの注目も高い本作の魅力とは?

連載・特集 プレイレポート
推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】
  • 推しへの告白のはずが……?海外でも注目の百合VN『推しのラブより恋のラブ』の尊さに震えろ!【プレイレポート】【UPDATE】

Steamで近年人気が高まるビジュアルノベルジャンル。それに合わせ多くのヒット作や、国内人気タイトルの移植版が登場しています。そんな中、先日の発売後すぐに注目を集めたタイトルがあります。それが『推しのラブより恋のラブ』、通称『推しラブ』です。このゲームは2020年2月28日に発売された百合ビジュアルノベルで、現在海外を含めた多くの百合作品ファンに支持され、大きなヒットを飛ばしています。本記事では同作の内容についてご紹介したいと思います。



本作は百合作品を専門とするゲームブランドSukeraSomeroの処女作。同ブランドはこれまで多くのヒット百合作品である『ことのはアムリラート』などを手掛けてきたSukeraSparoの姉妹ブランドとなります。これまで多くのヒット作を手掛けてきたブランドの姉妹ブランドの旗揚げ作とあって、国内外問わず発売前から高い注目を集めていました。キャラクターデザインはDSマイル氏、シナリオはオグリアヤ氏が担当しています。

「――結婚しよ」の一言から始まる恋の追いかけっこ



自身が遊ぶゲームの推しである“コヘイくん”の限定SRがほしい。しかもなんと今回のイベントは結婚衣装なのだ。是が非でもほしい。だが、2月分の家賃を超える金額を課金しても、いまだコヘイくんは出てくれなかった。ある日、速星あくる(はやほし あくる)は、カフェで幼なじみの錦志乃(にしき しの)に現状を愚痴りながら、自身の運のなさを呪っていた。

ガチャの終了が迫り最後の課金をとスマートフォンの画面に手を伸ばしたとき、カフェのレジに歓声が上がる。見に行ってみると、かわいらしい女子高生がくじ引きで大当たりを当てていた。

自分にその運があれば……。口から漏れたその言葉に件の女子高生が反応する。なりゆきでゲームで推しのキャラクターが出ないことを彼女に説明すると、女子高生が言う。

「私が引いてあげようか?私運がいいから!」

そういう彼女は強引にガチャを引いてしまう。最後の最後のガチャだったのに!落胆するあくるだったが、なんと女子高生はあれだけ出なかったあの限定SRを引き当てていた。あくるは感激と興奮に、画面に映る結婚衣装のコヘイくんに

――結婚しよ

と言ってしまう。さらに何度も何度も愛の言葉を投げかけた。だって結婚衣装で来てくれたんだもの。実質嫁入りでしょ?ああ……コヘイくん、好き。

だが、どうも限定SRコヘイくんを当ててくれた女子高生の様子がおかしい。顔を赤くし、目を伏せている。このとき速星あくるは気づいていなかった。誰がどう見ても、彼女はこの女子高生、古館恋(ふるたち れん)にプロポーズをしてしまっていたのだ。

実はあの名作を元にしている!



こんな出だしから始まる『推しラブ』は、スマートな美人かつできるOLだが推しのこととなると見境がなくなるちょっと残念な女性の速星あくると、大好きなものに一直線なギャル古舘恋の、甘い恋の追いかけっこを描いています。なんとあくるが告白してしまった恋は、あくるの猛烈なアピールとその美人ぶりに一目惚れしてしまいます。そして、あくるを追いかけ、なんと同居まで提案してきます。誤解から始まった2人の関係は、どうなってしまうのか……?


作中でも何度も触れられていますが、本作はだっちゃという口癖が特徴の宇宙人の女の子が、地球人の男の子のところにやってきて押しかけ女房をするあの名作ラブコメディマンガをフォローした作品です。あのドタバタラブを現代風に、そして百合に落とし込んでいます。一部の読者の方は既にお気づきでしょう。よくよく見れば登場人物の名前まで同作をもじっているものです。

フォロー元がフォロー元だけあり、じつに王道で、明るいストーリーが展開されます。全体で3~4時間ほどのボリュームで短くはありますが、王道だからこその安定感、安心感、そして引き込まれる魅力を感じます。

それだけでなく本作の素晴らしい点は、王道ながらも更に2020年の今発売される作品として非常に考えられているところ。例えば、筆者が個人的に好きなシーンですが、あくるさんが「自分はノーマルだ」と言おうとして、それだと恋ちゃんがアブノーマルということになってしまうと思いとどまる場面があります。こういう描写は今の時代らしい心理描写です。あくるさんの優しさを感じます。他にも、恋ちゃんが露骨な色仕掛けをしないところなど、王道をいかに今風に仕立てるかが本作ではしっかりと考えられています。

共感できる、応援したい、愛されるキャラクターたち



そして、本作では登場人物がまた素晴らしいです。愛されるキャラクターばかりがそろっています。あくるさんは高級ホテルのフロントというめっちゃいい仕事をしているできるOLで立ち振舞いもクール。しかも恋ちゃんが一目惚れしちゃうぐらいのスーパー美人です。根も優しく真面目と、完璧な女性でしょう。でも、あくるさんにはオタク趣味があり、のめり込みすぎて残念なところがポロポロ出てきます。ベタぼれされているはずの恋ちゃんもしょっちゅう呆れてしまうくらいです。

お高い化粧品は持っているのに服は全然持っていないなど、短い作品のなかで彼女の人となりがしっかりと描かれています。この丁寧な描写が、速星あくるという共感できるキャラクターを作っています。余談ですが、どうも、あくるさんはVTuberの“鈴鹿詩子”おねえさんを参考にしているそうで、自身の推しを落とし込んだ結果、推されるキャラクターが生まれたのかなと思います。


対して、恋ちゃんは明るく元気で、あくるさんのことを振り向かせようと一直線なギャルです。あくるさんにはないかしましさを持っています。でも、失敗して嫌われてしまうことを恐れて、なんだかんだ考えている。夢女子バリバリで周りが見えないあくるさんと、わりとシビアに現実も見ている恋ちゃんの差を感じますね。彼女の一途さには、あくるさんのダメさも相まってプレイヤーだれしもが応援したくなることでしょう。


そして、ストーリーの関係もあり、意図して隠されたところが彼女にはあります。多くのところで対象的な2人の組み合わせというわけです。これがいい。あと、この差をキャラクターデザインがしっかり表現してくれています。最高です。


ストーリーが進むにつれ、あくるさんの心に変化が生まれはじめます。プレイヤーが共感する、応援したいキャラクターたちの恋の行方とは?プレイし終わったあとも、「彼女たちにはこれからも幸せであってほしい」と、そう願わずにはいられない。そんなステキな作品が『推しラブ』でした。




この作品が世界で注目を集めているのも当然でしょう。百合作品好きでなくともぜひともプレイしてほしい作品です。選択肢は非常に少なく、エンディングは複数あるものの、さまざまな選択をして、恋の行方を自らの手で左右させるタイプのゲームではありません。

ですが、百合はそもそも、登場人物たちの関係性やその変化・感情の移り変わりを見るものであって、傍観者の我々があれこれ口出ししていいものではないわけです。だから、選択肢がないことを鬼の首を取ったように問題視し、これじゃあプレイしている気がしないというのはお門違いでしょう。

画面の前で、「あくるさんがんばって、恋ちゃんがんばって」と心のなかで応援するのがこのゲームのプレイスタイル。彼女らの関係性に打ち震えろ。尊さに命を落とせ。

タイトル:推しのラブより恋のラブ
対応機種:Windows 7 / 8 / 8.1 / 10
発売日:2020年2月28日
価格:2,300円(Steam版)


※UPDATE(2020/3/7 21:30):単語の誤用を修正しました。コメント欄でのご指摘ありがとうございました。
《洋ナシ/男鹿梨衣子》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top