『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

CD Projekt REDが公表した2019年の年次報告書より、『ウィッチャー3 ワイルドハント』の2019年PC版売上数が全体の53%となり、全プラットフォーム中最も多い事が明らかに。

ニュース ゲーム業界
『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上
  • 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上
  • 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上
  • 『ウィッチャー3』PC版の2019年売上数が全プラットフォーム中1位―3年連続でPC版の売上シェアが50%以上

CD Projekt REDは2019年の年次報告書を公表し、その中の「2019年のCD PROJEKTグループの活動についての経営会議報告」において、『ウィッチャー3 ワイルドハント』PC版の2019年の販売ゲーム数が全プラットフォームの中で最も多いことを明らかにしました。


同作は2019年にニンテンドースイッチ版も発売していますが、上記グラフ(「報告書」52ページ)から分かるように、PC版がここ数年で最も成功したプラットフォームとなったようです。さらに、2015年の段階ではPC版よりもPS4版の売上本数が上回っていましたが、2019年になるとPS4版よりもPC版の方が2倍近くの売上数を出していることが読み取れます。


さらに同社は、2019年の売上高が5億2,100万PLN(記事執筆現在のレートで約136憶円)となり、2018年の売上から44%増加したことも明らかにしています
《Fryingpolyp》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 元カプコン・岡本吉起氏が『バイオハザード0』をゲームキューブ独占にした経緯を明かす―倒産しないための“生き残る術”だった

    元カプコン・岡本吉起氏が『バイオハザード0』をゲームキューブ独占にした経緯を明かす―倒産しないための“生き残る術”だった

  2. 『黄昏ニ眠ル街』や『Bright Memory』も初セール!最大80%OFFのPLAYISM10周年記念セール開催

    『黄昏ニ眠ル街』や『Bright Memory』も初セール!最大80%OFFのPLAYISM10周年記念セール開催

  3. ローグライトな村作りゲーム『Kainga: Seeds of Civilization』が発表―今秋に早期アクセスで配信

    ローグライトな村作りゲーム『Kainga: Seeds of Civilization』が発表―今秋に早期アクセスで配信

  4. 『コール オブ デューティ』と映画「ダイ・ハード」「ランボー」とのコラボが正式発表!現地時間5月20日からスタート

  5. 週末セール情報ひとまとめ『Project Wingman』『Risk of Rain 2』『DOOM Eternal』『Loop Hero』他

  6. 『Warframe』『ロケットリーグ』など7タイトルのゲーム内コンテンツが5月18日より期間限定無料配信―SIEの「Play At Home」イニシアチブ最終更新情報【訂正】

  7. Epic Gamesストアにて20世紀墺国クリエイターの葛藤描くADV『The Lion's Song』期間限定無料配信開始

  8. VRロボットADV『ALTDEUS』新エピソード『EPISODE YAMATO』がOculus Quest向けに6月上旬配信!本編を別の視点から描くストーリー

  9. 高難度サイバーパンクACT続編『Ghostrunner 2』発表―カタナ片手にサイバーパンク世界を駆け抜ける

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top