『Destiny 2』今年に入ってからチーターが50%増加―新たな対応策も発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Destiny 2』今年に入ってからチーターが50%増加―新たな対応策も発表

今年1月から不正利用者は50%増加していると発表しています。

PC Windows
『Destiny 2』今年に入ってからチーターが50%増加―新たな対応策も発表
  • 『Destiny 2』今年に入ってからチーターが50%増加―新たな対応策も発表
  • 『Destiny 2』今年に入ってからチーターが50%増加―新たな対応策も発表

Bungieは、SFアクションRPG『Destiny 2』のチーターが今年に入ってから大幅に増加していることを発表しました。

これは公式サイトの「THIS WEEK AT BUNGIE」で明らかになったもの。投稿によるとチーターの数は今年1月から50%増加しており、その多くが高スキル帯で見られたといいます。同社は不正行為の取り締まりを強化していることも強調し、3月10日から開始された「Season of the Worthy」以前の1週間平均656件だった罰則を、3倍近い2133件まで引き上げたと報告しています。

現状行われている不正行為への対応策も公開し、メモリを操作してプレイヤーが無限弾薬や無限のリスポーンを得る行為に対し、PvPのセキュリティ保護の面で技術的な難しさを課題としつつホストと監視を強化。「Aimbot」や「Wallhacks」対策の具体的な内容に関しては、さらなるハッキングを防ぐためとして詳細を伏せています。また、チーターと同じチームでプレイするチームメイトにも罰則が追加される新たなポリシーを追加するようです。

通信状況を悪化させて有利な状況を作る「ラグスイッチ」行為に対しては、すでに検出システムが完成しているものの、接続状態が悪い一般プレイヤーもいるため慎重な対応を行っているとのこと。PC版ではValveと提携した新システム「Steam Datagram Relay(SDR)」によってサーバーに負荷をかけるDDos攻撃はほぼ絶滅したとしており、コンソール上でも将来的にSDRを導入するとしています。


そのほか、「試練」と呼ばれるPvPイベントモードへの提案やチャリティーストリームイベントなども書かれている全文は、こちらから確認できます。
《Mr.Katoh》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『CoD:MW』『Warzone』差別的な表現を含んだユーザーネーム撲滅への取り組みを発表

    『CoD:MW』『Warzone』差別的な表現を含んだユーザーネーム撲滅への取り組みを発表

  2. クラシックオープンワールドRPG『Gedonia』Steam早期アクセス開始―好きに成長して自宅も建てよう

    クラシックオープンワールドRPG『Gedonia』Steam早期アクセス開始―好きに成長して自宅も建てよう

  3. 『Escape from Tarkov』不正行為やRMT行為者への対策を強化する今後の取り組みについて公開

    『Escape from Tarkov』不正行為やRMT行為者への対策を強化する今後の取り組みについて公開

  4. 『フォートナイト』シーズン3が日本時間6月17日へ再延期―リアルタイムイベント「ザ・デバイス」の延期も

  5. 『VALORANT』のストリームをマップやエージェントごとに検索できる「Operator.gg」が公開中―将来的にはランク検索も可能に

  6. 止まない雨のファンタジー世界で滅びに耐える都市建設SLG『Against the Storm』Steam向けに2021年発売

  7. ドンパチか隠密か―西部劇ストラテジー『Desperados III』選択肢で分岐するトレイラー映像が公開

  8. 土地とアカデミーにまつわる古代の謎を解き明かすADV『The Academy』Steam/iOS/Android向けに日本語対応で6月20日リリース

  9. ライアット新作FPS『VALORANT』バトルパスの仕組みと報酬が公式サイトにて紹介

  10. 『VALORANT』無料プレイ開始!日本含む全世界で正式リリース

アクセスランキングをもっと見る

page top