『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか

いくつかの海外メディアは、同スキンの旧称・旧説明文について「警察組織による暴力(Police Brutality)を正当化している」ようにも捉えられると指摘しています。

PC Windows
『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか
  • 『CoD:MW』『Warzone』D-Dayのスキン「Border War」が名称変更―警察暴力の正当化に結びつくためか
Anyone noticed that they renamed it to this from Border War? from r/modernwarfare

Infinity Wardは『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア(Call of Duty: Modern Warfare)』および『コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』について、D-Dayのオペレータースキン「Border War」とその説明文を変更しました。

米国の国境警備隊(United States Border Patrol)をモチーフにしたと思われる「Border War」は、「POLICE」パッチやテキサス州旗のついたプレートキャリアと大きなカウボーイハットを身に着けたスキンで、「Show them the error of their ways and make them pay with D-Day's Border War Operator Skin.(このスキンで奴らが間違っていることを示して罪を償わせよう)」という説明文が添えられていました。現在では「Home on the Range」と改称され、説明文もシカ猟をモチーフにしたものに変更されています。


Infinity Wardは今回のスキン名称・説明文変更について具体的な理由は明かしていませんが、KotakuEurogamerといった海外メディアは、同スキンの旧称・旧説明文について「警察組織による暴力(Police Brutality)を正当化している」ようにも捉えられると指摘しています。

Infinity WardとActivisionは、早くから#Black Lives Matter運動への賛同を表明していたほか、差別的なユーザーネームの撲滅や、従来と異なる意味を持ち始めた「OK」ジェスチャーの削除など、ヘイトに結びつく、あるいは結びつき得る要素についての対策を矢継ぎ早に講じてきました。
《S. Eto》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. NVIDIA次世代ビデオカード「RTX 3090」はGDDR6Xメモリを採用か

    NVIDIA次世代ビデオカード「RTX 3090」はGDDR6Xメモリを採用か

  2. 正式版を迎えた3DACT『Risk of Rain 2』Steamプレイヤー数300万人突破!

    正式版を迎えた3DACT『Risk of Rain 2』Steamプレイヤー数300万人突破!

  3. 『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストア無料配布は750万DL以上に

    『A Total War Saga: TROY』Epic Gamesストア無料配布は750万DL以上に

  4. 『フォートナイト』でアクアマンの宿敵“ブラックマンタ”が登場! 正義と悪、両陣営のコスチュームをアンロック

  5. ローグライクACT続編『Spelunky 2』Steam版ストア公開!PS4版から数週間以内に配信予定

  6. 『Apex Legends』シーズン6「ブーステッド」ゲームプレイトレイラー公開―新レジェンド「ランパート」がお出ましだ!

  7. 『Microsoft Flight Simulator』技術進化の過程を感じる38年間のシリーズ史を収めたトレイラー映像が公開

  8. 『Fall Guys』チート検知システムを改善「もう個々のチーターの報告の必要はない」

  9. 未発売ホラーを基にした『Dying Light』新DLC「Hellraid」配信開始! 地獄へと繋がるポータルを開け

  10. 60人もちもちサバイバル『Fall Guys』PC向けコラボコスに『Team Fortress 2』のスカウト登場!

アクセスランキングをもっと見る

page top