【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント

冒険者となって世界を旅していくTRPG風RPGをプレゼント。

連載・特集 特集
【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント
  • 【読プレ】TRPG風硬派冒険者RPG『Low Magic Age』Steam版10名にプレゼント

いつもGame*Sparkをご愛読いただきありがとうございます。この度、編集部ではLow Magic StudiosよりTRPG風硬派RPG『Low Magic Age』の読者プレゼント用Steamコードを10名様向けに提供してもらいました!本記事では同作の紹介をしつつ、プレゼントの募集を行いたいと思います。応募方法は記事末尾をご確認ください。

『Low Magic Age』とは?


キャラクターは自由にメイクできる他、外見も好きな画像を簡単に設定することができる

Low Magic Studiosが手掛ける早期アクセス中のPC向けタイトル『Low Magic Age』は、ウィザーズ・オブ・ザ・コースト社の「ダンジョンズ&ドラゴンズ」から派生したOpen Gaming LicenseをベースにしたタクティカルRPG。「パスファインダーRPG」などと同じ親を持つゲーム、といえばピンとくる読者も多いのではないでしょうか。同作ではプレイヤーは冒険者の1団を作成し、様々な冒険へと旅立っていきます。


なお、本作は現時点では英語・中国語のみとなっていますが(正式版以降に公式日本語版も検討中とのこと)、synctam氏が手がける非公式(開発公認)の日本語化Modが公開されています。本記事における画像にもこちらの日本語化Modを利用して執筆しました。


本作に用意されたモードは2つ。1つは、アリーナで敵のパーティを選択して戦い、合間に装備を整え、終わりのない強化や育成に励む「アリーナ」。もう1つは、ワールドマップを舞台に様々な街をめぐりながら、依頼を受けたりダンジョンの攻略などを目指す「アドベンチャー」です。


いずれも画面こそシンプルながらプレイヤーの強化や強力な装備品の宝探しを存分に楽しめる作り。アドベンチャーについても、交易などの概念や、仲間冒険者の雇用などの要素も備え、見た目以上の本格派。


ダンジョン探索も先の見えない迷宮をひとマスひとマス歩き進めていく楽しみがあります。なお、アドベンチャーのマップ自体は固定ですが、ダンジョンの構造や街の交易品などについてはランダム。アリーナモードではなかった呪文の物理コスト、スキルをつかった装備類のクラフトなど多数の要素が導入されます。


人によってはかつてのWindown95搭載のFMVのバンドルゲーム『アリーナ』や、冒険者RPGとして知られる『ルナティックドーンII』など、様々なオールドゲームをも思い起こさせる本作。この機会にチェックしてみてはいかがでしょうか。

アドベンチャーで雇用可能な冒険者も、デフォルトのものの他、プレイヤーが作ったものが出現するようにできる




『Low Magic Age』のプレゼントをご希望の方は、下記の方法でキャンペーンにご応募ください。

Twitterから応募


Game*SparkのTwitterアカウント(@gamespark)をフォロー、キャンペーンツイートをRTするだけでご応募できます。


【応募締めきり】

7月29日23:59

【注意事項】


  • 応募はお一人様一回までになります。
  • 当選したプレゼントの転売等は固く禁じられております。
  • 当選された方には、後日TwitterのDMにてご連絡を差し上げます。連絡がつかない場合には別の方を当選として扱いますので予めご了承ください。
《Arkblade》

編集部おすすめの記事

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top