“Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

“Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか

ユーザーに対し、サービス利用の際に必ずしもXboxを所持する必要はないと印象付ける狙いがあると思われます。

家庭用ゲーム Xbox One
“Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか
  • “Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか
  • “Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか
  • “Xbox Game Pass”ブランドロゴから「Xbox」の文言が削除―サービスをXboxと差別化する狙いか

マイクロソフトは、ゲームサブスクリプションサービス「Xbox Game Pass」のブランドロゴから「Xbox」の文言を削除しました。

公式Twitterでは、アカウント名およびIDは従来通り「Xbox Game Pass」であるものの、アイコン画像は「Xbox」のワードがロゴに置き換わった新しいものとなり、「新しい外観を試してみる」とのツイートが。また、同サービスのPC向けバージョン「Xbox Game Pass For PC」公式Twitterではそのツイートに「同じく」との言葉を添え、アイコンを同一のものにしています。このほか、すでにTwitterに投稿されているいくつかの動画や画像では、新たなブランドロゴが使用されているようです。

「Xbox」の文言がなくなった「Xbox Game Pass For PC」ロゴ

今回のアイコン変更は、サービスとXboxを明確に差別化する動きの第一歩と見られ、ユーザーに利用の際に必ずしもXboxを所持する必要はないと印象付ける狙いがあると思われます。ちなみに、Xbox関連のサービスについては海外で「Xbox Live Gold」が廃止される予定が噂されており、海外メディアVGCは本サービスにサブスクリプション機能を集約する計画があるのではないかと推測しています。

先日にはXbox Live Goldの12か月サブスクリプションのオンライン販売が終了したり、『ドラクエXI』や『Destiny 2』といった話題作の対応が明らかとなっているXbox Game Pass。様々なゲームサブスクリプションサービスの中でどういった動きを見せていくのか、今後の動向に目が離せません。
《TAKAJO》

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『Ghost of Tsushima』の蒙古兵はなぜ強いのか?「食」からそのルーツを探るためモンゴル料理を食べに行ってみた

    『Ghost of Tsushima』の蒙古兵はなぜ強いのか?「食」からそのルーツを探るためモンゴル料理を食べに行ってみた

  2. 次世代機XSXの下位互換時の読み込み時間やクイックレジュームを伝えるハンズオンが海外メディアで一斉解禁

    次世代機XSXの下位互換時の読み込み時間やクイックレジュームを伝えるハンズオンが海外メディアで一斉解禁

  3. PS5版『龍が如く7 光と闇の行方』は2021年3月に発売―海外向けに発表

    PS5版『龍が如く7 光と闇の行方』は2021年3月に発売―海外向けに発表

  4. 『ポケモン ソード・シールド エキスパンションパス』9月29日22時より新情報公開! いよいよ「冠の雪原」の配信日発表か?

  5. PS5最新予約状況ひとまとめ…ヨドバシ結果発表中、予約可能な店舗は徐々に減少中【随時更新】

  6. ドタバタ料理ACT『オーバークック 王国のフルコース』2020年末に日本語パッケージ版がPS5でリリース決定―『1』『2』全DLCを収録したリマスター

  7. 『CoD:BO CW』のゾンビモードは日本時間10月1日午前2時にお披露目!

  8. Xbox Series X | Sはローンチまでに再予約の機会あり!詳細は追って発表ー日本MS広報に確認

  9. 購入前に知っておきたい「ニンテンドースイッチ ライト」オススメタイトル57本!【5/18更新】

  10. 『The Last of Us Part II』マルチプレイヤーは「辛抱強く待つ価値あり」―ニール・ドラックマン氏が仄めかす

アクセスランキングをもっと見る

page top