PC版『フォートナイト』リアルタイムレイトレ対応は9月17日!―効果を体験できる専用マップも登場 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

PC版『フォートナイト』リアルタイムレイトレ対応は9月17日!―効果を体験できる専用マップも登場

NVIDIAは、PC版『フォートナイト』のリアルタイムレイトレーシング対応を現地時間9月17日から開始すると発表しました。

PC Windows
PC版『フォートナイト』リアルタイムレイトレ対応は9月17日!―効果を体験できる専用マップも登場
  • PC版『フォートナイト』リアルタイムレイトレ対応は9月17日!―効果を体験できる専用マップも登場
  • PC版『フォートナイト』リアルタイムレイトレ対応は9月17日!―効果を体験できる専用マップも登場
  • PC版『フォートナイト』リアルタイムレイトレ対応は9月17日!―効果を体験できる専用マップも登場

NVIDIAは、PC版『フォートナイト』のリアルタイムレイトレーシング対応が現地時間9月17日に行われると発表しました。今回のアップグレードにより、同作はNVIDIA DLSSNVIDIA Reflexにも対応します。


対応環境では、今回のアップグレードにより、ガラスや水面への反射による映り込み、陰影のリアルさ、光の表現が向上し、より臨場感のある映像が楽しめるとのことです。また、それに加え、NVIDIA DLSSによるパフォーマンスの高速化と高解像度・高フレームレートでのプレイ、そしてNVIDIA Reflexによる応答性とエイム精度の向上が見込めます。ほかにも、これらの効果をよりいっそう実感できるショウケース用マップ「RTXトレジャーラン」がクリエイティブモードに実装されます。


リアルタイムレイトレーシングに対応しているグラフィックボードは、GeForce GTXシリーズの一部と、GeForce RTX 2060からGeForce RTX 2080Ti、近日発売が予定されているGeForce RTX 3070、GeForce RTX 3080、GeForce RTX 3090です。


《ロラルロラック》

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. 『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

    『サイバーパンク2077』のストーリーは『ウィッチャー3』よりも短い―『ウィッチャー3』をクリアできなかったプレイヤーが多かったため

  2. NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

    NVIDIA、海外公式ストアでの「RTX 3080」販売混雑を謝罪―人力での注文確認も導入

  3. 米国時間9月23日より『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」がmacOSでプレイ不可に

    米国時間9月23日より『フォートナイト』PvEモード「世界を救え」がmacOSでプレイ不可に

  4. NVIDIA「GeForce RTX 3070」10月15日発売予定!「RTX 3080」レビューは9月16日解禁に

  5. ローグライクリズムFPS『BPM: BULLETS PER MINUTE』Steamでリリース―ビートに合わせて撃て

  6. 『Crysis Remastered』PC/PS4/Xbox One版発売! 広大なオープンワールドをマキシマムスピードで駆け巡れ

  7. 最大64人のラウンド制チームバトル、物資は購入式!『PUBG』ラボ新モード「Arena Mode」開催

  8. PC版『サイバーパンク2077』の最低・推奨スペックが公開! カスタムPCコンテストの勝者も決定

  9. 国産サンドボックス『クラフトピア』「実装してないのに……」ユーザーの愉快なプレイに公式も困惑?

  10. 自作マシンで挑む救助シム『Stormworks: Build and Rescue』正式リリース

アクセスランキングをもっと見る

page top