『CoD: Warzone』モバイル版の開発が進行中か―Activision Blizzardの人材募集から判明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『CoD: Warzone』モバイル版の開発が進行中か―Activision Blizzardの人材募集から判明

Activision Blizzardの人材募集から『CoD: Warzone』モバイル版の開発が進行中であると海外メディアが報じました。

ニュース ゲーム業界
『CoD: Warzone』モバイル版の開発が進行中か―Activision Blizzardの人材募集から判明
  • 『CoD: Warzone』モバイル版の開発が進行中か―Activision Blizzardの人材募集から判明
  • 『CoD: Warzone』モバイル版の開発が進行中か―Activision Blizzardの人材募集から判明

コール オブ デューティ ウォーゾーン(Call of Duty: Warzone)』開発元のActivision Blizzardが、同作モバイル版と思われるタイトルの「エグゼクティブプロデューサー」の人材募集を行なったことをCharlie Intelが報じました(9月16日現在、募集は締め切られています)。

同サイトは、掲載された募集内容が、“WZM”と略称されたモバイルタイトルへの『CoD: Warzone』移植作業であったことから、これを『Call of Duty: Warzone Mobile』と見ています。掲載されていたとされる募集文中には、「『Call of Duty』シリーズの新たなAAA級モバイル版FPS」「Warzone Mobile」の開発に携わる職務との旨が記載されていました。

『CoD: Warzone』は2020年3月のリリース以来、累計プレイヤー数7,500万人を超えるヒットを記録。同社は2019年に発表した『Call of Duty: Mobile』でも成功を収めており、今回の『CoD: Warzone』のモバイル版の開発により、さらなるシリーズの拡大を狙っているようです。

なお、今年8月の2020年第2四半期財務報告では、同社CFOのDennis Durkin氏が「モバイルはこれからもっと大きくなる」「複数のプラットフォーム間でのゲーム体験を統合していく」と『CoD』シリーズの今後の展開に言及したことが報じられています
《ロラルロラック》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『ロケットリーグ』ゲーム内イベント「Llama-Rama」9月26日開幕―『フォートナイト』とコラボの「バトルバス」も登場

    『ロケットリーグ』ゲーム内イベント「Llama-Rama」9月26日開幕―『フォートナイト』とコラボの「バトルバス」も登場

  2. 海賊船長ADV『Pirate Commander』発表―オープンワールドの海でお宝求めて敵船や怪物と戦え

    海賊船長ADV『Pirate Commander』発表―オープンワールドの海でお宝求めて敵船や怪物と戦え

  3. サバイバルホラー『Remothered: Broken Porcelain』1週間前倒しで現地10月13日にリリース

    サバイバルホラー『Remothered: Broken Porcelain』1週間前倒しで現地10月13日にリリース

  4. AppleがEpic Gamesの訴訟を『フォートナイト』の人気低迷による“炎上商法”だと主張―Epicはデータを挙げて反論

  5. マイクロソフトがベセスダ・ソフトワークスの親会社ZeniMax Mediaを買収…金額は約7,843億円【UPDATE】

  6. 『スカルガールズ』Lab Zero Games元開発者らが新スタジオ「Future Club」設立―すでに新作の計画も?

  7. 『No Man's Sky』新たなアップデート「Origins」発表―詳細情報は来週配信時に公開

  8. 日本から有効化できる『シェンムー I&II』含むバンドル「Humble You Can Pet the Dog Bundle」が登場!

  9. 御年90歳のゲーマーグランマ、ギネス世界記録「最高齢のゲーム動画投稿YouTuber」に!認定の喜び語る【UPDATE】

  10. 『Microsoft Flight Simulator』アフリカ29カ国を周遊する4Kトレイラー「Around the World Tour」公開

アクセスランキングをもっと見る

page top