『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現削除は全世界同日発売維持のため…ユービーアイが説明 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現削除は全世界同日発売維持のため…ユービーアイが説明

多くのユーザーが指摘する『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現削除問題について、ユービーアイソフトが公式ブログで理由を説明しました。

ニュース 発表
『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現削除は全世界同日発売維持のため…ユービーアイが説明
  • 『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現削除は全世界同日発売維持のため…ユービーアイが説明
  • 『アサシン クリード ヴァルハラ』流血表現削除は全世界同日発売維持のため…ユービーアイが説明

ユービーアイソフトは、11月10日(PS5版は11月12日)に発売した『アサシン クリード ヴァルハラ』の流血表現について、削除の理由を公式ブログで明らかにしました。

同社宛てにも多数意見が寄せられているという流血表現の削除について、同社が18日に公開した記事では「ゲームのレーティングを取得する際、オリジナルのゲームに対して、当初予定していた修正内容では日本で発売することができない可能性が高い」ため「日本で発売可能となる表現修正を再度検討した結果、流血表現の削除も修正項目に含まれることとなりました。」とその理由を説明。こうした判断は全世界同日発売を維持するために下されたものだとしています。

また、表現規制以外にも各種不具合が報告されており、同社でもその内容は認識し、鋭意修正作業にあたっているとのこと。

特に「予言者の慰め」ミッションにおいて進行不能になる問題については、現在PC版において緊急対応によりミッションを進行できる状態に修正済で、12月初旬までには他プラットフォームでも解決する予定だということです。その他不具合やバグなどについても、随時対応していく方針を明らかにしています。

今回の騒動については、先月公開されたUBIDAY ONLINEで発表された日本版の規制内容では触れられていなかったことから、ユーザーの反発も大きくなっています。また、流血表現が削除されたことで本来意図したであろう表現と大きく異なってしまうといった問題も発生していました。

日本版の規制がアナウンスされたシーン

※UPDATE(2020/11/18 20:18):一部文章を追記・画像を差し替えました。

《宮崎 紘輔》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. マイクロソフトのスタジオ買収はまだまだ続く―Xboxボスのフィル・スペンサーが改めて表明

    マイクロソフトのスタジオ買収はまだまだ続く―Xboxボスのフィル・スペンサーが改めて表明

  2. ハラスメント問題のActivision Blizzardから20人以上のスタッフが退職―ほか20人も懲戒処分を受ける

    ハラスメント問題のActivision Blizzardから20人以上のスタッフが退職―ほか20人も懲戒処分を受ける

  3. 『PAYDAY 2』が80%オフの219円!Steamでシリーズ発売10周年記念セール開催中

    『PAYDAY 2』が80%オフの219円!Steamでシリーズ発売10周年記念セール開催中

  4. 『ファークライ』シリーズサバイバルマニュアルが海外で発売―ゲームにインスパイアされた護身術などを紹介

  5. 全世界販売数2,000万本突破!『モンハン:ワールド』がカプコン史上最高記録をさらに更新

  6. ゲームアワード「Golden Joystick Awards 2021」ノミネート作品発表!投票受付も開始

  7. 『ダンガンロンパ』累計発売数500万本突破!10周年イベント「超高校級の大同窓会」も予定

  8. 『スカイリム』10周年を祝うAnniversary Edition発表!ダンジョンやボスなど500以上のユニークコンテンツを追加

  9. レトロゲーム互換機向けOS「Analogue OS」が発表! 「Pocket」含む今後のAnalogue製品に搭載

  10. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

アクセスランキングをもっと見る

page top