サウジアラビア皇太子設立財団がSNK筆頭株主へ―同財団は『KOF14』の「ナジュド」にも関連 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

サウジアラビア皇太子設立財団がSNK筆頭株主へ―同財団は『KOF14』の「ナジュド」にも関連

『KOF14』の「ナジュド」の元となったデザインコンペの主催はこの新たな筆頭株主の関連企業。

ニュース ゲーム業界
サウジアラビア皇太子設立財団がSNK筆頭株主へ―同財団は『KOF14』の「ナジュド」にも関連
  • サウジアラビア皇太子設立財団がSNK筆頭株主へ―同財団は『KOF14』の「ナジュド」にも関連

SNKは、韓国金融監督院の電子公示システムDARTを通じ、「筆頭株主変更を伴う株式譲渡契約の締結」を発表しました。

これは、SNKの持株33.3%をサウジアラビアのElectronic Gaming Development Companyのものとし、筆頭株主とする契約。なお、この告知が韓国からであるのはSNKの上場が韓国にて行われているためです。

このElectronic Gaming Development Companyですが、その親となる「Mohammed Bin Salman Bin Abdulaziz Al Saud Foundation(MiSK Foundation、ミスク財団)」はサウジアラビア皇太子ムハンマド・ビン・サルマン氏の設立した財団です。サルマン氏は以前よりSNKなどに同財団を通じ人材のインターンシップ派遣を行っていた形。また、ミスク財団の別子会社マンガプロダクションズは以前『THE KING OF FIGHTERS XIV』にて新キャラ「ナジュド」と新ステージ「リヤード」の元となったデザインコンペを主催していたなど、以前から関係深いものとなっています。ミスク財団側発表では、今後SNKに対する持ち株比率は51%に増加される予定です。

なお、Game*Spark編集部では本件についてSNKへと取材。返答としては新たな内容を得ることはできませんでしたが、「筆頭株主変更を伴う株式譲渡契約の締結」自体については事実である旨を確認することができました。詳細については適宜、DARTにて公示されていくとのことです。

《Arkblade》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. CoD最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』は2022年10月28日に発売!

    CoD最新作『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア2』は2022年10月28日に発売!

  2. 『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』クリエイターによる『Project Shaz』発表!多人数マルチプレイを実現する新作

    『GOD EATER』『フリーダムウォーズ』クリエイターによる『Project Shaz』発表!多人数マルチプレイを実現する新作

  3. 『パタポン』開発スタッフらの新作『Project JabberWocky』発表!可愛いキャラたちが織りなす“リズムACT”

    『パタポン』開発スタッフらの新作『Project JabberWocky』発表!可愛いキャラたちが織りなす“リズムACT”

  4. 割引や体験版も! スピードの祭典「Steamレースフェス」開催―トリビアクイズでバッジも貰える

  5. 『コール オブ デューティ』新作『モダン・ウォーフェア2』正式発表!アナウンス通り2019年リブート版の続編に

  6. スイッチで『テラリア』が期間限定の遊び放題に!次回「いっせいトライアル」5月30日より開催決定

  7. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  8. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  9. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  10. 『FF7 リメイク』がSteamにも登場か? データベースサイトにタイトルの登録が確認される

アクセスランキングをもっと見る

page top