新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開

実際の佐渡島をモチーフに、棚田・田んぼアートや佐渡金山など、様々なエリアを用意しているとのこと。

ゲーム文化 カルチャー
新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開
  • 新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開
  • 新潟県佐渡市が『あつまれ どうぶつの森』で地元をアピール! オリジナル島「さどが島」12月10日公開

新潟県佐渡市は、ニンテンドースイッチ対応ソフト『あつまれ どうぶつの森』を使ったオリジナル島「さどが島(しま)」を12月10日より公開します。

「さどが島」は実際の佐渡島をモチーフにした島となっており、世界農業遺産に認定された「トキと共生する佐渡の里山」の棚田・田んぼアートや、金鉱石とスコップで表現した佐渡金山など、佐渡島に関連する様々なエリアを用意。仕掛けやマイデザインなども設置し、来島者を楽しませるとしています。

今回の取り組みは、新型コロナウィルス感染症で遠方への旅行に行けない状況の中でも、気軽に佐渡市の観光名所や街並みなどをリモートで楽しんでもらえればとの想いから実施に至ったとのこと。また、佐渡市内の観光業従事者が独自に制作しているマイデザインを展示できるハブ施設を「さどが島」に設置し、佐渡市と佐渡市内のプレイヤーが一体となって島を盛り上げる「フェス参加型の島づくり」を行っていくとしています。

気になる「夢番地」は後日改めて発表するとのこと。おうち時間で過ごすクリスマスや年末年始に、この「さどが島」を訪れてみてはいかがでしょうか。

なお、任天堂は先日、企業・団体などへ向けた同作利用のガイドラインを公開しています。

《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像を2021年1月22日21時からYouTubeにて配信

    「FFXIV 光のお父さん」原作者マイディーさんのお別れ映像を2021年1月22日21時からYouTubeにて配信

  2. 『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!

    『ベア・ナックルIV』開発元が『餓狼伝説MOW』続編のコンセプトアートを独自制作!

  3. ダイソン球の建造のため惑星に自動工場を作る『Dyson Sphere Program』Steam早期アクセス開始!

    ダイソン球の建造のため惑星に自動工場を作る『Dyson Sphere Program』Steam早期アクセス開始!

  4. 米ワシントン・ポスト紙、ゲームの優れた大統領ランキング発表―1位は大統領魂を持つあの人【UPDATE】

  5. 日本語対応も予定! チェルノブイリ サバイバルホラー『Chernobylite』の新たなリリース計画を報告

  6. 「FFXIV 光のお父さん」の原作者・マイディーさんが死去【UPDATE】

  7. 「FFXIV 光のお父さん」マイディーさんへ吉田直樹氏からメッセージ

  8. エヴァ初号機を『テラリア』で再現する強者現る!Steamコミュニティページでマップデータも公開中

  9. 1990年のNintendo of America本社内部を撮影した映像が発掘!

  10. 「FFXIV 光のお父さん」の原作者・マイディーさんが余命半年~1年を告白―SNSでは応援メッセージも

アクセスランキングをもっと見る

page top