実写取り込み時代『モータルコンバット』でソニア・ブレイド役を務めたモデルが25年ぶりにコスチューム着用 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

実写取り込み時代『モータルコンバット』でソニア・ブレイド役を務めたモデルが25年ぶりにコスチューム着用

現在50歳。

ゲーム文化 カルチャー
実写取り込み時代『モータルコンバット』でソニア・ブレイド役を務めたモデルが25年ぶりにコスチューム着用
  • 実写取り込み時代『モータルコンバット』でソニア・ブレイド役を務めたモデルが25年ぶりにコスチューム着用
  • 実写取り込み時代『モータルコンバット』でソニア・ブレイド役を務めたモデルが25年ぶりにコスチューム着用
  • 実写取り込み時代『モータルコンバット』でソニア・ブレイド役を務めたモデルが25年ぶりにコスチューム着用

海外では現在も続く人気対戦格闘ゲームシリーズ『Mortal Kombatモータルコンバット)』。日本でもまだリリースされていた初期は実写取り込みのキャラクターが特徴でしたが、1995年に発売された『Mortal Kombat 3』や米国で行なわれたステージショー「Mortal Kombat: Live Tour」でソニア・ブレイド役を務めたKerri Hoskins(現 Kerri Ann Reavis)さんが25年ぶりにコスチュームを着用し、Instagramに写真を投稿しました。

ファンが投稿した当時との比較

彼女は現在50歳で、パーソナルトレーナーやアーティストとして活動しているようです。当時の印象とあまり変わりませんね。最新作『Mortal Kombat 11』では初代映画版のキャラクターを基にしたスキンが配信されたこともあり、Kerri Ann Reavisさん含め実写取り込み時代のキャラクターを基にしたスキンの配信を願うファンは多いかもしれません。

『Mortal Kombat 3』制作舞台裏

《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

    28年前のSFCボクシングゲーム『スーパーパンチアウト!!』2人対戦が可能な隠しコマンドが明らかに

  2. 利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

    利用者は会員のわずか1%…2021年11月開始の「Netflixゲーム」現在までの利用状況が明らかに

  3. 『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

    『サブノーティカ』開発元新作がgamescom 2022にて発表予定!SF世界が舞台のターン制ゲームに

  4. 迫力満点!『ELDEN RING』の「歩く霊廟」をレゴで再現―過去には『スカイリム』も題材に

  5. とってもキュートで芸達者!『S.T.A.L.K.E.R.』開発が世界猫の日を記念してネコちゃんを公開―新作に出るかも…?

  6. 『FF14』学者ジョブを実際の本とペンでプレイ!没入感たっぷりに魔法を撃てるけどやりにくそう

  7. ぶいすぽっ!15名が『VALORANT』で夏の大勝負!3チームに分かれた頂上決戦は池袋にて!?8月20日(土)に配信決定!

  8. ピック率0%のエージェントが輝きを見せる―EMEA LCQで「Team Liquid」ScreaM選手がフェニックスを使用

  9. 悍ましい世界が舞台の『DOOM』サバイバルホラーMod「Divine Frequency」新デモ公開!

  10. バンダイナムコが「パックマン」実写映画プロジェクト発表!海外メディア報道では制作スタッフの情報なども

アクセスランキングをもっと見る

page top