2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も

『夢幻戦士ヴァリス』は1986年12月にPCで発売された横スクロールアクションゲームです。

ゲーム文化 レトロゲーム
2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も
  • 2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も
  • 2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も
  • 2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も
  • 2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も
  • 2021年にシリーズ35周年を迎える『夢幻戦士ヴァリス』公式サイトオープン!シリーズ向け新たなコンテンツ示唆も

エディアは、2021年に35周年を迎える女子高生ファンタジーアクション『夢幻戦士ヴァリス』シリーズ公式サイトオープンしました。

『夢幻戦士ヴァリス』は、1986年12月にPCで発売された横スクロールアクションゲーム。"剣を持ったビキニアーマーの女子高生が魔物と戦う"という異色の設定と難易度の高いアクションゲームで、主人公の麻生優子は当時ファンクラブが結成されるなどの人気を集めていました。本作はファミコンやPCエンジンなどへの移植のほか、数多くの続編が制作されています。

公式サイトでは、これまでのシリーズの歴史などを公開中。「Coming soon」となっているコンテンツが用意されているため、35周年を迎える2021年に新たな展開が用意されてるかも知れません。本日海外版「Nintendo Switch Online」に『SUPERヴァリス 赤き月の乙女』が追加されたことを発表しています(国内向けの配信は未定)。

なお、本作のシリーズ開発を手がけた日本テレネットが2006年にリリースし、ファンや過去作品スタッフからの大きな議論を呼んだアダルトゲーム『ヴァリスX』は今回の年表に載っていません。日本テレネットは2007年に事業を停止、その後2020年にシティコネクションよりエディアが『ヴァリス』シリーズを含む139タイトルに係る知的財産権を取得しています。

《Mr.Katoh》

酒と雑学をこよなく愛するゲーマー Mr.Katoh

サイドクエストに手を染めて本編がなかなか進まない系。ゲーマー幼少時から親の蔵書の影響でオカルト・都市伝説系に強い興味を持つほか、大学で民俗学を学ぶ。ライター活動以前にはリカーショップ店長経験があり、酒にも詳しい。好きなゲームジャンルはサバイバル、経営シミュレーション、育成シミュレーション、野球ゲームなど。日々のニュース記事だけでなく、ゲームのレビューや趣味や経歴を活かした特集記事なども掲載中。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

    ゲーム自体は好きなんだけど…。「プレイヤーが原因でゲームをやめたことはある?」の質問に寄せられた多数のタイトル

  2. ポータル使いが密室からの脱出賭けて騙し合い!『Baba Is You』作者の最新ボードゲーム『Porti』無料公開

    ポータル使いが密室からの脱出賭けて騙し合い!『Baba Is You』作者の最新ボードゲーム『Porti』無料公開

  3. 最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

    最大4人での協力プレイも可能な街づくり&ライフシム『Go-Go Town!』早期アクセス開始!

  4. ドワーフがメックに乗って探検!オープンワールドサバイバルARPG『First Dwarf』Steamで早期アクセス開始

  5. 動物たちの乱闘ACT『Party Animals』日本初公式POP UP STOREが6月26日より東京ソラマチで開催!

  6. 「Nintendo Direct 2024.6.18」ピーク視聴者数が126万超え―「ゼルダ姫」主役の新作や約9年振り『マリオ&ルイージRPG』など意外な内容に

  7. プレイヤーの言動に応じて生成AI技術が幽霊の行動を管理!Co-opホラー『Bureau of Contacts』近日早期アクセス開始

  8. 「Steamフレンドの最長オフライン記録はどのくらい?」何気ない質問が浮き彫りにする…オンラインの友人との「別れ」に向き合う人々の姿

  9. 『エルデンリング』原作のギャグ漫画が「DLC休載」へ…「皆さんと同じようにとても楽しみにしています」

  10. 「もう二度と胸の小さなキャラは作らない」キャラが未成年と見做され、SteamからゲームをBANされた開発元の嘆き

アクセスランキングをもっと見る

page top