子供が『GTA』を10年プレイしても暴力的な大人にはならないかも―米医療関係企業が報告 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

子供が『GTA』を10年プレイしても暴力的な大人にはならないかも―米医療関係企業が報告

研究結果からは暴力的なゲームをプレイした子供が暴力な大人になるという証拠が見つかりませんでした。

ゲーム文化 カルチャー
Pixabay
  • Pixabay

Pixabay

暴力的なビデオゲームと暴力的な行動の関係性について長い間議論されていますが、昨年末、アメリカの医療関係企業が10年間にも及ぶ研究を公表し、思春期時代にプレイする暴力ビデオゲームと暴力性の因果関係を示す証拠が見つからなかったと報告しています。

これは米・ニューヨークの医療関連企業Mary Ann Liebert, Incの出版部門で公表された「グランド・セフト・オートと成長期:思春期における暴力的なビデオゲームプレイに関する10年間に及ぶ縦断的成長の研究(Growing Up with Grand Theft Auto: A 10-Year Study of Longitudinal Growth of Violent Video Game Play in Adolescents)」と題された研究論文によるもの。

以前より、暴力的なビデオゲームは成長期の子供に悪影響を与え、暴力的な大人にしているのではないかとしてさまざまな研究が行われてきました。短期間の研究では、暴力的なゲームが人間の暴力性を高めているという証拠は見つかっていませんでした。

今回の10年に及ぶ研究は、アメリカ北西部の大都市に住む成長期の白人65%、黒人12%、他民族19%、その他の民族的アイデンティティを持つ4%の子供を対象に実施。性別や経済的な地位、住んでいる場所なども考慮されました。

研究によると、男子は女子よりも暴力的なビデオゲームを好む傾向があったものの、幼い頃に多くの暴力的なゲームをプレイしたグループ、中程度にプレイしたグループ、少しだけプレイしたグループは、最終的な社会的行動には違いがなかったとの結論に至っています。

この研究結果からは暴力的なビデオゲームをプレイした子供が暴力な大人になるという証拠は見つかりませんでした。ただ、これは数多く行われている研究の1つであることには注意が必要です。

《Daisuke Sato》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

    松本人志?や和田アキ子?、東ブクロまで登場する『龍が如く』実写パロディ!

  2. 「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

    「ゆっくり茶番劇」ドワンゴが商標登録への4つのアクション発表―所属コミュニティーからは権利抹消申請の報告も

  3. これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

    これで終息なるか?「ゆっくり茶番劇」商標権の放棄手続きを5月23日に開始すると登録者が報告

  4. 感染禍の東京を描いた珈琲ゲーム、自分を古墳と思い込む男の子のADVに要注目―ゲムスパ注目インディーWavesその1【ILE2022】

  5. 波紋収まらぬ「ゆっくり茶番劇」問題、東方原作者・ニコ動運営がそれぞれの声明行う―ZUN氏「二次創作としての「ゆっくり茶番劇」には商標権の効力は及ばない」

  6. ゾンビ禍なのに出社強要上司、あなたのPCに美少女が迷い込むADVなど珍ゲーム続々!ゲムスパ注目インディーWavesその2【ILE2022】

  7. 【特集】もうバカにされない!『オンラインゲーム英語スラングまとめ』

  8. 『Fallout 4』大型Mod「Fallout: London」の新たなゲームプレイ映像が公開!

  9. 小島監督も“感無量”の「LUDENS MASK」は5月末発売―気になる『デススト』続編はノーマン・リーダスが再言及

  10. この動き絶対見たことある! 現実の渋谷でオープンワールドゲームの動きを再現する超力作映像が公開

アクセスランキングをもっと見る

page top