任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

この理由について任天堂は「本件訴訟の提起後の時間経過によって請求金額を追加した」としています。

ニュース ゲーム業界
任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額
  • 任天堂、コロプラとの『白猫プロジェクト』を巡る訴訟で請求額引き上げ―44億円から49億5,000万円に増額

コロプラは、自社のIR情報ページにて「当社に対する損害賠償請求訴訟の提訴額変更に関するお知らせ」を掲載し、任天堂より請求されている損害賠償請求金額を変更する旨の「訴えの変更申立書」が提出されたことを明らかとしました。

本請求は、2018年1月10日に発表された特許権侵害に関する訴訟を指しており、訴えの内容は「特許権侵害に基づく損害賠償請求」と、「特許権侵害に基づく弊社アプリ「白猫プロジェクト」の生産、使用、電気通信回線を通じた提供等の差止請求等」です。

■関連記事
・コロプラ、任天堂より特許権侵害に関する訴訟を提起されたと発表
https://www.inside-games.jp/article/2018/01/10/112055.html

今回の「訴えの変更申立書」によれば、任天堂の請求金額が44億円から49億5,000万円に引き上げられたとのこと。この理由について任天堂は「本件訴訟の提起後の時間経過によって請求金額を追加した」としています。

今回の件に対しコロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針」とコメント。訴訟当初の見通しを貫くと改めて示しました。

なお、『白猫プロジェクト』公式サイトでも「今回の件が影響し、白猫プロジェクトのサービスが終了するということは断じてございません」と説明しています。一方で、ニンテンドースイッチ対応ソフトとして開発中だった『Shironeko New Project』については、企画見直しに伴い発売時期も未定となっています。

『白猫プロジェクト』公式サイト 「白猫プロジェクトに関する訴訟状況につきまして」
https://colopl.co.jp/shironekoproject/news/details/20210212150001.php

『Shironeko New Project』公式ページ
https://colopl.co.jp/shironekonewproject/
《茶っプリン》

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 『MOTHER2』愛溢れる『あつ森』島クリに糸井重里氏も反応―大人も子供も、おねーさんも遊びにいきたい話題の島の作者にミニインタビュー

    『MOTHER2』愛溢れる『あつ森』島クリに糸井重里氏も反応―大人も子供も、おねーさんも遊びにいきたい話題の島の作者にミニインタビュー

  2. 映画「エイリアン」の世界が舞台のCo-opサバイバルシューター『Aliens: Fireteam』2021年夏リリース!

    映画「エイリアン」の世界が舞台のCo-opサバイバルシューター『Aliens: Fireteam』2021年夏リリース!

  3. 「Humble Choice」2021年3月分配信開始!『Control Standard Edition』『XCOM: チーム・ キメラ』など12本がラインナップ

    「Humble Choice」2021年3月分配信開始!『Control Standard Edition』『XCOM: チーム・ キメラ』など12本がラインナップ

  4. Epic Gamesが『Fall Guys』開発元を含むグループ企業Tonic Games Groupを買収―F2P化には「今のところ発表することはない」

  5. PlayStation Storeでのビデオコンテンツ販売・レンタルが8月31日をもって終了

  6. EAが『ニード・フォー・スピード』新作を延期―開発チームは『バトルフィールド』を支援

  7. 権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張

  8. 東方Project第18弾『東方虹龍洞』発表! 霊夢、魔理沙、咲夜、早苗の4人が異変に臨む─“能力”を任意で装備する、挑戦的システムを採用

  9. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  10. Forever Entertainmentがスクエニの過去作リメイクを手掛けることを発表―『パンツァードラグーン:リメイク』販売元が1IPを複数タイトル展開

アクセスランキングをもっと見る

page top