インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足!講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足!講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加

日本のインディーゲーム開発者を様々な側面からサポート。参加費は無料で、3月中旬より応募受付が開始予定です。

ゲーム文化 インディーゲーム
インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足! 講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加
  • インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足! 講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加
  • インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足! 講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加
  • インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足! 講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加

マーベラスは、インディーゲーム開発者の支援を目的としたオンライン事業支援プログラム「インディーゲームインキュベーター(以下、「iGi」)」の発足を発表しました。

「iGi」は、6年間にわたり優れたインディーゲーム開発チームの育成に成功している、スペイン・バルセロナの事業支援プログラム「GameBCN」の監修のもと実施する、オンラインの事業支援プログラムです。


「iGi」では、『天穂のサクナヒメ』を開発した「えーでるわいす」など、国内外で活躍してきたインディーゲーム開発者や、ゲームに精通した各分野の専門家が講師を担当。

開発計画や進捗管理といったゲーム開発に関する支援・指導に加え、ゲームをリリースする上で必要となるプロモーションノウハウやメディア対応、多言語対応、各種法令や契約関連のサポート、企業へのプレゼンテーション訓練などを実施し、日本のインディーゲーム開発者を様々な側面からサポートするとしています。

また、「iGi」に賛同する企業・団体・個人などを広く募集し、教育機関、行政機関などを含め“産・官・学”の連携体制を構築できるように努めていくとのこと。すでにゲーム関連企業数社よりサポートの申し出も届いているそうです。

「iGi」への参加費は無料で、6月~11月までの半年間の開催を予定。募集対象は5チームで、3月中旬より応募受付が開始予定です。


【「インディーゲームインキュベーター」概要】


■プログラム名称:インディーゲームインキュベーター(略称:iGi)
■応募期間:2021年3月中旬~4月中旬(予定)
■開催期間:2021年6月~11月までの6ヶ月間
■主催:株式会社マーベラス
■プログラム構築協力:GameBCN(スペイン・バルセロナ)
■プログラム運営協力:株式会社ヘッドハイ、ルーディムス株式会社
■プログラム実施内容:
・国内外のインディーゲーム開発者との定期的な交流
・開発進捗管理のサポート
・ゲーム開発者やゲームエンジン/ツールメーカー等によるトレーニング
・ローカライズ専門家による海外リリース支援
・パブリッシング、メディア展開サポート
・ゲーム業界に精通した弁護士等によるバックオフィス面でのサポート
・国内外主要ゲームイベントでの出展機会の提供
<プログラム修了後>
・修了者のための定期的なイベント
・国内外のイベント出展やPRを通した参加作品の継続的アピール
■公式サイト:https://igi.dev/
■募集要項:
・募集対象:5チーム(個人でも参加可)
・個人・法人どちらでも参加可能
・プロジェクトの発起人またはコアメンバーが18歳以上かつ日本在住の日本語話者であること
・開発を外注していないこと

※プログラムは全編日本語で行われます。
※参加チームには本プログラムへの参加費用は発生しません。
※本プログラムは、参加作品の配信元を制限するものではなく、マーベラスは参加作品に対してパブリッシングの優先交渉権のみを持ちます。参加チームと別途条件交渉の上、パブリッシングを決定します。

「GameBCN」 Program Manager, Oscar Sahun コメント


今回、マーベラスと共同で日本初のオンラインインディーゲームインキュベーションプログラムを始めることができ、大変喜ばしく思います。GameBCNでは多くの作品や開発者をサポートしてまいりましたが、そのノウハウをもとに、日本のインディーゲーム開発者による優れた作品がより多くのゲームファンに届けられるよう応援したいと思っています。新世代の開発者による作品を遊べる日を楽しみにしています。

Organized by Marvelous, Inc.
Partnered with GameBCN

インディー開発者の支援を目的とするオンライン事業支援プログラム「iGi」発足! 講師には『サクナヒメ』のえーでるわいす等が参加

《茶っプリン》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉

    『ウィッチャー3』次世代アップデートでは一部ユーザー製グラフィックModを採用か―CDPRがMod制作者と交渉

  2. 都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される

    都市伝説は本当だった、ニューメキシコ州の「Atariの墓」から最悪のクソゲー『E.T.』カートリッジが発掘される

  3. 「世界ビデオゲームの殿堂」2021年の殿堂入りが『どうぶつの森』『Microsoft Flight Simulator』など4本に決定!

    「世界ビデオゲームの殿堂」2021年の殿堂入りが『どうぶつの森』『Microsoft Flight Simulator』など4本に決定!

  4. ラグでバグった世界はもうオサラバ! Verizonのゲーマー向け5GサービスのCMが面白い

  5. 「世界ビデオゲームの殿堂」2021年ファイナリストが決定―『どうぶつの森』『コール オブ デューティ』『Portal』『Microsoft Flight Simulator』などが選出

  6. 2021年6月開催の「E3 2021」に10社がさらに参加ースクエニ、セガ、バンナムなど

  7. 『バイオハザード ヴィレッジ』デモ版にドミトレスク夫人を“トーマス顔”にしてしまうModが登場!

  8. PC版『ウィッチャー3』HDリワークMod最新版公開―さらに美しくなった世界を体験

  9. 『Apex Legends』インフルエンサーの祭典、第5回「CRカップ」が5月15日開催決定!前回大会は同時視聴者数20万人超

  10. 『スカイリム』を独自の世界に作り変える大型Mod「Enderal」の『Special Edition』対応版が配信開始!

アクセスランキングをもっと見る

page top