名作ハクスラ『Diablo II』には拡張パック第2弾の計画が存在していた―デザイナーが明らかに | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

名作ハクスラ『Diablo II』には拡張パック第2弾の計画が存在していた―デザイナーが明らかに

Blizzard North製『Diablo 3』にも言及。

ニュース ゲーム業界
名作ハクスラ『Diablo II』には拡張パック第2弾の計画が存在していた―デザイナーが明らかに
  • 名作ハクスラ『Diablo II』には拡張パック第2弾の計画が存在していた―デザイナーが明らかに
  • 名作ハクスラ『Diablo II』には拡張パック第2弾の計画が存在していた―デザイナーが明らかに

近頃リメイク版登場の噂も浮上している2000年発売の名作ハックアンドスラッシュARPG『Diablo II』ですが、同作には2001年にリリースされた「Lord of Destruction」の他にもう一つの拡張パックが計画されていたことを、元Blizzard NorthのデザイナーDavid Brevik氏が明らかにしました。

Brevik氏のツイートによれば第2弾拡張パックはデザイン段階に留まり、新たなクラス、エリア、メカニズム、ストーリーのコンセプトを説明する複数ページのデザイン資料が作られたのみだったそうです。

開発に至らなかった理由としては、デザインしたのがBlizzard Northを去る6~12ヶ月前(1.10パッチの前)であったことや、『Diablo 3』と別の未発表プロジェクトにも取り組んでいたことを挙げています。

また、『Diablo II』Modコミュニティに話をしてみてはどうかというファンからの提案に対しては、コミュニティの素晴らしさを称えつつも「Blizzardが権利を持っていて何を話せるか分からない。彼らはそれを再び利用したいかもしれない」と伝えました。

なお、Brevik氏は世に出ることのなかったBlizzard North製の『Diablo 3』が他のシリーズとは異なるAPRG+MMOであったことや、そのコンセプトの多くが後に手がけた『Marvel Heroes』に活かされたことも明かしています。

「『Diablo IV』もAPRG+MMOのようだ。計画に似たところはあるか?」との質問には…
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. スイッチで『テラリア』が期間限定の遊び放題に!次回「いっせいトライアル」5月30日より開催決定

    スイッチで『テラリア』が期間限定の遊び放題に!次回「いっせいトライアル」5月30日より開催決定

  2. あのファッションブランド“グッチ”が次世代eスポーツプレイヤー育成プログラムを発表!

    あのファッションブランド“グッチ”が次世代eスポーツプレイヤー育成プログラムを発表!

  3. “ステマ”取り締まり強化を米取引委員会が検討中…SNSのタグやVtuberも対象に

    “ステマ”取り締まり強化を米取引委員会が検討中…SNSのタグやVtuberも対象に

  4. 週末セール情報ひとまとめ『Library Of Ruina』『仁王2』『ディビジョン2』『アサシン クリード ヴァルハラ』他

  5. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  6. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  7. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  8. 話題作、人気作もお得にゲット!「INDIE Live Expo」開催記念セールがSteam/Xboxで開催中

  9. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  10. 無料配布から始める『Dead by Daylight』。初心者はまずこれ覚えて!

アクセスランキングをもっと見る

page top