SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社

スタジオの今後の展開はまだ明かされていません。

ニュース ゲーム業界
SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社
  • SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社
  • SIE JAPANスタジオが新組織として再編されTeam ASOBIに再統合―開発スタッフの大部分は退社

SIE JAPANスタジオの組織体制が再編され、Team ASOBIに再統合されることが明らかとなりました。

SIE JAPANスタジオは『GRAVITY DAZE』シリーズや『Demon’s Souls』などに携わったSIEによる国内開発スタジオです。ここ最近、鳥山晃之氏や山際眞晃氏といった開発スタッフの退社が相次いでいた同スタジオですが、新年度から組織再編を図るため、多くの開発スタッフとの契約が更新されなかったことが海外報道などで明らかとなっています。Game*Spark編集部ではこのスタジオ再編の報道を受けて日本SIEの広報担当者にコメントを求めたところ、以下のような返答を得ることができました。

SIEは、事業運営のさらなる強化を図るため、4月1日付でPlayStation Studios JAPAN Studioを新組織に再編することを決定いたしました。

JAPANスタジオは、「Astro's PLAYROOM」のクリエイティブチームである「Team ASOBI」に再統合し、ご好評いただいている「Astro's PLAYROOM」を中心に、ひとつのビジョンに向かってチームを集約いたします。

今後、JAPAN Studioタイトルの外部制作、ソフトウェアのローカライズおよびIPマネジメントなどの役割は、PlayStation Studiosのグローバル機能が担います。

再編後は、PS VR用ソフト『ASTRO BOT:RESCUE MISSION』やPS5にプリインストールされている『Astro's Playroom』を手掛けた「Team ASOBI」が中心となる模様。ですがその後の詳しいスタジオ展開や、これまでに同スタジオが手掛けてきた『パラッパラッパー』『サルゲッチュ』、前述の『GRAVITY DAZE』といったシリーズ作品の今後などについてはコメントを得られていません。今後の動向に注目したいところです。

《TAKAJO》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. 「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

    「メタバース」を楽しむ人の7割以上が“よく知らない”…説明できる人はわずか15%

  2. 「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

    「ゆっくり茶番劇」を無関係の第三者が商標登録―出願代理事務所は本件に関して謝罪【UPDATE】

  3. 「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

    「ゆっくり茶番劇」使用料無償化を宣言―しかし登録者は商標権を維持する意向

  4. 『Gジェネ』シリーズ最新作か?バンダイナムコが「Gジェネエターナル」という商標を出願

  5. 『Fall Guys』が6月に基本プレイ無料化! スイッチ/Xbox/Epic Gamesストア版も配信へ【UPDATE】

  6. Frogwaresが最新作『Project Palianytsia(仮)』を発表―ビクトリア朝ミステリーとエルドリッチホラーをミックスした作風に

  7. 新作『サイレントヒル2』リメイクの噂をBloober Team CEOが明言を拒否―新プロジェクトは「自社のタイトルであることに変わりはない」

  8. クボタが参戦!『ファーミングシミュレーター 22』DLC「Kubota Pack」発表

  9. 【期間限定無料】北欧神話ADV『Jotun』&SFADV『Prey』&反重力レース『Redout』Epic Gamesストアにて配布開始

  10. 『Arma 4』『Warhammer 40K: Space Marine 2』など45タイトル以上が登場―「PC Gaming Show」2022年6月13日開催

アクセスランキングをもっと見る

page top