権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張

一方でNacon側は「Steam版『The Sinking City』は公式・完全なもの」と主張しています。

ニュース ゲーム業界
権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張
  • 権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張
  • 権利関係の係争続くクトゥルフADV『The Sinking City』のSteam版は「デコンパイル・ハッキングによるもの」―開発元のFrogwaresが主張

ウクライナのデベロッパーFrogwaresは、同社が開発を手掛けたクトゥルフADV『The Sinking City』の無許可Steam版(フランスのパブリッシャーNaconが配信中)について、更なる情報を公開しました。

同作を巡っては、開発元であるFrogwaresとパブリッシャーのNacon(旧:Bigben Interactive)間で販売権の契約を巡る係争が起こっており、2020年中盤には一部のストアを除き販売が停止。Steam版『The Sinking City』もEpic Gamesストアでの時限独占販売が終了後に配信される予定となっていましたが、上の係争を原因としてストアページが消滅していました。

Frogwaresが公開した情報によれば、Nacon側にSteam版『The Sinking City』の配信を行う権利があるかどうかは、未だ裁判所による判決を待っている状態であり、判決には数ヶ月/数年の時間がかかる予定となっていました。

そんな状況下で先日Naconが配信を開始したSteam版『The Sinking City』は、2020年夏ごろのFrogwares版とほぼ同一のものと考えられるそう。ゲームフォルダの名称や構造はそのままであるものの、スプラッシュスクリーンのGamesplanetのロゴが削除されNaconのものに置き換えられている(ファイル名はGamesPlanet_logo_videoのまま)、海賊版対策システムの削除などの変更点が指摘されています。

Frogwaresは同作にUnreal Engineの暗号化システムを用いていたため、上のNaconによる変更はデコンパイル・ハッキングによるものとしか考えられないと主張し、Unreal Engineに詳しい経験豊富なプログラマーの関与を疑っています。

一方でNacon側は「FrogwaresがSteam版の配信を妨害し続けており、とても残念」「これまで1,000万ユーロ以上をFrogwaresに出資し、そのおかげで開発・パブリッシングが可能になったにもかかわらず、己の利益の為だけに契約条件を書き換えようとしている」「被害者を演じるのは簡単だが、我々はFrogwaresが契約・裁判所命令を順守することを求める」「クラウドセーブや実績機能などSteam独自の機能は付け加えられなかったものの、Steam版『The Sinking City』は公式・完全なもの」と主張しています

《S. Eto》
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

ニュース アクセスランキング

  1. トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

    トールキン氏原作「中つ国」新作ゲーム開発を発表―Private DivisionとWētā Workshopが提携

  2. “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

    “NFTをサポートしない”宣言に猛反発―『マイクラ』ワールドをNFT化する企業が開発元を批判

  3. 『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

    『CoD:ウォーゾーン』スキンが盗作疑惑で削除―オリジナル作者は正式な謝罪と説明を求める

  4. (※ネタバレあり)『Stray』重要なヒントを見逃すな!人類の遺した情報から世界の謎に迫れるか【ゲームで英語漬け#103】

  5. 『MOTHER3』あまりにも衝撃的な10シーン

  6. 「ソニーがGame Passへのゲーム配信を妨げている」?―ブラジルでのマイクロソフト主張の真贋は、そして『CoD』は独占にはせず【UPDATE】

  7. 小林裕幸氏がカプコンを退職し、NetEase Gamesへ移籍―『デビルメイクライ』『バイオ』『戦国BASARA』などでプロデューサーを務めた人物

  8. ヒンドゥー教徒の政治家が『真・女神転生』に抗議―「神々や女神を悪魔として登場させることは冒涜」

  9. EA「ロード・オブ・ザ・リング」モバイルゲーム制作発表―中つ国を舞台にした基本プレイ無料対戦型RPG

  10. 3DSの名作を“お得に買える”最後のチャンス!あの人気作・プレミアソフトが500円や1,000円で―アトラス、バンナム、LEVEL5など各社が展開

アクセスランキングをもっと見る

page top