中国神話を舞台にしたオープンワールドローグライクRPG『鬼谷八荒』4月より英語表示に対応へ | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

中国神話を舞台にしたオープンワールドローグライクRPG『鬼谷八荒』4月より英語表示に対応へ

これまでは中国語(簡体字)表示にしか対応しておらず、中国語の知識がないとプレイが困難となっていました。

PC Windows
中国神話を舞台にしたオープンワールドローグライクRPG『鬼谷八荒』4月より英語表示に対応へ
  • 中国神話を舞台にしたオープンワールドローグライクRPG『鬼谷八荒』4月より英語表示に対応へ
  • 中国神話を舞台にしたオープンワールドローグライクRPG『鬼谷八荒』4月より英語表示に対応へ

鬼谷工作室が開発を手掛けた、中国神話を舞台にしたサンドボックス型オープンワールドローグライクRPG『鬼谷八荒(Tale of Immortal)』について、来月より英語表示に対応することが明らかになりました

今年1月27日よりSteamで早期アクセスを開始した同作は、既に180万本以上の売上を記録し、本記事執筆時点で57,000件近くのレビューを集め「非常に好評」となっているものの、中国語(簡体字)表示にしか対応しておらず、中国語の知識がないとプレイが困難となっていました。

また同時に、公式Discordチャンネルも開設。同チャンネルでは喫緊の不具合報告や質問等に開発チームのメンバーが対応してくれるほか、先述のローカリゼーションについての進捗を報告していくとのことです。

ちなみに、Game*Sparkでは「中華ゲーム見聞録」第84回目にて同作のプレイレポをお届けしています。

《S. Eto》

この記事はいかがでしたか?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

PC アクセスランキング

  1. Steam版『ニーア オートマタ』向けのアップグレードパッチが現在開発中―改善された先月配信のMS Store版が物議を醸す

    Steam版『ニーア オートマタ』向けのアップグレードパッチが現在開発中―改善された先月配信のMS Store版が物議を醸す

  2. CD PROJEKT REDの共同CEOが『サイバーパンク2077』を放棄する選択肢は無いと語る

    CD PROJEKT REDの共同CEOが『サイバーパンク2077』を放棄する選択肢は無いと語る

  3. サイバーパンクカタナアクション『Ghostrunner』DLC「Metal Ox」とキルランモードやフォトモード追加の最新アップデート配信

    サイバーパンクカタナアクション『Ghostrunner』DLC「Metal Ox」とキルランモードやフォトモード追加の最新アップデート配信

  4. 一人称視点海賊シム『Pirate Simulator』発表―船を建造し仲間と共に宝探しや略奪の旅へ

  5. 【吉田輝和の絵日記】東洋ファンタジーの世界を爽快ジャンプアクションで探検するADV『黄昏ニ眠ル街』

  6. 圧倒的好評のローグライク全方位STG『Nova Drift』メジャーアップデート配信―スピードランモードの追加や既存装備のリワークなど

  7. モンスター娘と一緒に戦うローグライクACT『NIGATE TALE』Steam早期アクセスが開始!

  8. 高評価見下ろし視点ローグライトの続編『SYNTHETIK 2』がPC向けに発表―Steam早期アクセスで今夏リリース予定

  9. 『原神』イベント「百貨珍品」が4月16日より開始―商人「立本」と取引して「珍品の箱」を開き、原石や大英雄の経験といった報酬をゲット!

  10. 『CoD:Warzone』で3万件以上の一斉BAN実施が報告―先週の1万5千件に引き続き

アクセスランキングをもっと見る

page top