イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』パブリッシャーが「政治と不可分であることを理解」と声明を発表 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』パブリッシャーが「政治と不可分であることを理解」と声明を発表

「我々は、この戦いで犠牲になった人々の物語が、実際にその場にいた海兵隊員・陸軍兵士・市民らによって語り伝えられて然るべきだと信じています」

ニュース ゲーム業界
イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』パブリッシャーが「政治と不可分であることを理解」と声明を発表
  • イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』パブリッシャーが「政治と不可分であることを理解」と声明を発表
  • イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』パブリッシャーが「政治と不可分であることを理解」と声明を発表
  • イラク戦争を描く『Six Days in Fallujah』パブリッシャーが「政治と不可分であることを理解」と声明を発表

Six Days in Fallujah』のパブリッシングを務めるVicturaは、同作の表現姿勢についての声明を発表しました。以下、その内容となります。

我々は、『Six Days in Fallujah』で描かれる出来事が、政治と不可分であることを理解しています。本作では以下のようにして、多様なものの見方をお伝えしていきます。

『Six Days in Fallujah』の物語は、ゲームプレイと(イラク戦争について多様な意見・体験を持った)退役軍人らや市民らをフィーチャーしたドキュメンタリー映像を通して語られます。これまでのところ、26人のイラク市民と何十名もの退役軍人らに戦争体験談を伺っています。

ドキュメンタリー部分では、ファルージャの戦いに至るまでの出来事や政治的決断などのほか、その余波についてなど、様々な難しいトピックを取り上げます。

ゲームプレイ部分では、ドキュメンタリー部分で語られた物語を実際に体験します。各ミッションを通し、ファルージャの戦いでの軍・民双方のシナリオをプレイヤーに体験させることで、他の媒体では伝えることの出来なかった都市戦闘の姿をお届けします。

我々は、この戦いで犠牲になった人々の物語が、実際にその場にいた海兵隊員・陸軍兵士・市民らによって語り伝えられて然るべきだと信じています。

我々は、本作が(本作が描く出来事と同様に)複雑であることに気付いてくれると、プレイヤーの皆様を信じています。

同作は、かつて米コナミがパブリッシャーを務めAtomic Gamesにより開発が進められてきましたが、各方面からの強い批判を招き、2009年に米コナミが販売権を放棄。2010年にはAtomic Gamesによって同作の開発完了が伝えられるも、販売を担うパブリッシャーが見つからない状況となっていました。

その後2021年2月にプロジェクトの復活が突如として伝えられ、海外メディアPolygonではVictura代表・Peter Tamte氏へのインタビュー記事が公開されましたが、戦争という政治的な行為を政治的中立性を保ちつつ描くという困難な姿勢や、イラク戦争中に発生したとされるアメリカの戦争犯罪行為(榴弾・白リン弾を使用してテロリストを防衛陣地から炙り出し殲滅する「shake-and-bake」戦術、ファルージャ市民の発がん率を上げたとされる劣化ウラン弾の使用など)を「肝心の体験談から話が逸れてしまう」として描かない姿勢などが、ゲーム業界人らの議論の対象となっていました(Polygonのインタビュー記事のツイートには2,100件以上の引用リツイートが集まっており、その大半がVicturaの姿勢を批判するものとなっています)。Victuraによるこの度の声明発表は、これらの批判意見に向けたものと思われます。

Imran Khan氏(海外メディアfanbyteニュースエディター。元Game Informerシニアエディター)
「つまり、これは兵士と戦争被害者の両方にとても気を遣いつつ、イラク戦争の真実を伝えるゲームなんですね。それでいて政治的論評は決してしようとしていないと?」

Rami Ismail氏(ゲーム開発者。元Vlambeer)
「戦争というのは政治的な企みに他なりません。政治こそが戦争の本質です。政治こそが、人々を互いに殺し合わせるのです。自らの政治力を増大させたり、他の集団の政治力を減衰させたりすること、それこそが戦争です。ただ、イラク戦争に関していえば、そのどちらでもありません。アメリカが開戦の理由をでっち上げたのです」

Robert Bowling氏(ゲームディレクター。元EA、Infinity Ward)
「私は現代の軍事作戦をテーマにした作品を作ってきましたし、(『Six Days in Fallujah』にも登場するような)「breach and clear」戦術が登場する作品も作ってきました。我々が作品が全てフィクションの設定を元にしているのには理由があります。ファルージャの戦いは、そこに住む人々、家族らにとってまさに地獄でした。ゲームではないのです」「ファルージャの戦いについて知ることは大切だと思いますが、その出来事そのものと、そこに至るまでの経緯は、もっぱら政治的なものです。真の教訓は政治なくして学ぶことはできません。ちなみに、私はこの戦いの直前に陸軍を辞めています」

映像や文章では伝わりきらない、100人以上の戦争経験者(イラク市民を含む)らの経験を共有することにフォーカスした『Six Days in Fallujah』は、多国籍軍の退役軍人らを支援する団体に売り上げの一部を寄付する予定とのこと。対応プラットフォームはPC/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox Oneで、2021年末のリリースを目指しています。

《S. Eto》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリースと正式発表―独立したモバイル向け作品も2022年に配信予定

    次世代の新作『バトルフィールド』2021年後半リリースと正式発表―独立したモバイル向け作品も2022年に配信予定

  2. コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

    コナミが日本で「悪魔城ドラキュラ」と「METAL GEAR RISING」の商標を申請

  3. Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

    Epic Gamesストアにて映画「エイリアン」原作SFサバイバルホラー『エイリアン アイソレーション』ボードゲーム型ARPG『ハンド オブ フェイト2』期間限定無料配信開始

  4. Epic Gamesストアにインディーゲーム販売プラットフォームitch.io含む複数のPC向けアプリが追加

  5. 有志のファンによる『Days Gone』続編を求める署名活動が実施中―すでに6万件近い署名が集まる

  6. ソニーとFirewalk Studios、新規IPパブリッシングパートナーシップを発表―マルチプレイヤーゲームをすでに開発中

  7. 任天堂が『白猫プロジェクト』を巡るコロプラとの訴訟で請求額を49.5億から96.99億に引き上げ

  8. キーの用意なしでSteamでのテストプレイが可能に―「Steam Playtest」正式リリース

  9. 元『Days Gone』開発スタッフが「フルプライスで買わなかったのに続編が無いことに文句を言わないで」と苦言―「消費者のせいにするのは筋違い」との反論も

  10. 『Horizon Zero Dawn』『Paper Beast』など10作品が期間限定無料配信!SIEの「Play At Home」イニシアチブ第3弾が3月26日より開始

アクセスランキングをもっと見る

page top