ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉” | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”

ヴァイキングならヴァイキングに乗ろう! 某ナイトシティ並みの高低差溢れる町作りが進む『Valheim』のゲムスパシティで世界初(編集部調べ)の巨大アトラクションが完成しました。

PC Windows
ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”
  • ヴァイキングゲー『Valheim』で大型ブランコのヴァイキングを再現―動力は“ドアの開閉”

早期アクセスタイトルとして配信され、わずか6週間で売上本数が600万本を突破するなど大躍進を遂げるPC向けオープンワールドクラフトゲーム『Valheim』。筆者は、そんな本作を読者と一緒にプレイする「読者参加型Valheim生活」という企画を担当しています。

先日も読者とのオンラインマルチプレイを深夜まで楽しんでいました。そんな折、読者のひとりが、深夜の眠気を吹っ飛ばすような愉快痛快なアトラクション「ヴァイキング」を造ったのです。今回は、そんな新時代の到来を感じるアトラクションについて紹介していきましょう。

その前に、そもそもヴァイキングって何?


さて、冒頭文を読んで「アトラクションのヴァイキングってなに?」と思った人もいるのではないでしょうか。実は筆者もそのひとりでググるまで知りませんでした。

ヴァイキングとは、左右に大きく揺れる帆船を模した大型ブランコのアトラクションです。遊園地によって名称が違ったり、そもそも帆船が宇宙船のデザインになっていたりするので、ヴァイキングという名前に愛着が湧かない人がいるかもしれませんね。

ただ、それでもヴァイキングの姿形をみれば「あっ、これか!」と思うはずです。

ヴァイキングが造るヴァイキング!

筆者が市長を務めるゲムスパシティは、人口増加によって住宅が密集したせいでフレームレートが著しく低下しました。ここに訪れた読者も「ハハ……ここ重いっすね……」と言って去っていく始末。そんな状況下では、当たり前のように町から脱出する住民が続出します。

今回このヴァイキングを造った人もそのひとり。彼は、ゲムスパシティから離れた場所で遊園地をつくり、時折、住人の引き抜きを行っていました。そこで住人をもっと呼び込めるアトラクションを作ろうと考えたのでしょう。

彼が造ったヴァイキングは、小型船の帆の部分を、軸となる「木の屋根交差45度」に引っ掛けて宙吊り状態にして、開閉するドアを動力にして揺れ動きます。

ただ、まだこの時は試作段階。ヴァイキングを揺らしていく内に、横にずれて最終的に地面に落ちてしまいます。

そこで「木の屋根交差45度」をさらに設置して安定性を高めます。これで横にズレることはなくなりました。

「なぜヴァイキングを押すのにドアが必要なのか?」と疑問に思った人もいるでしょう。宙吊りになった状態の小型船は、人の力で押すのは困難なため、開閉するドアによる正確な力が必要不可欠なのです。

ただ、ドアを一度開閉しただけでは小型船は少ししか揺れないので、揺れるタイミングを見計らって何度も開閉させて揺れる勢いを増していく必要があります。

この作業は少し面倒ですし、何よりドアを開閉する度に軸部分がダメージを受けるという問題を抱えていたのですが、ロングシップでの本格ヴァイキングを製作する過程でこれが改善されていきました。

ロングシップで本格ヴァイキング!

小型船のヴァイキングを製作した彼は、ロングシップのヴァイキングの製作に着手します。ただ、小型船よりサイズが大きくなったことでドアの開閉の力だけでは船を揺らすことが困難になり、さらに船体の動きも不安定に……。

その問題を解決したのが発射台です。

まずは、傾斜になっている発射台からロングシップを滑走させてヴァイキングの軸部分に衝突させます。すると、ロングシップの帆の部分と軸部分がうまい具合に組み合わさり、滑走の勢いのみで船体が大きく揺らせるようになるのです。しかも、この発射台によって開閉するドアより安定した動力を得られました。

残念ながら軸部分のダメージは相変わらずですが、多少軽減されています。この方法でもドアが傾斜に置かれた大型船を止めるストッパーとして活用されており、アトラクションのヴァイキングにおいてドアは必需品であることがわかりました。

なお、もう一度アトラクションを楽しむにはロングシップを破壊して発射台で造り直すという作業が必要になります。その様子はちょっとシュールです……。

小型船と大型船のヴァイキングが動く様子については記事冒頭の動画から確認できます。



ヴァイキングを題材としたゲームで「ヴァイキング」を再現する……少しダジャレっぽくてバカバカしく思えますが、実際に体験してみると超楽しいです!

これまで理想のマイハウスを作ってきたヴァイキングの中には、お飾りとして庭にブランコを設置しようと考えている人もいるかと思いますが、ここはワイルドにアトラクションのヴァイキングで攻めてみてはいかがでしょうか。

《真ゲマ》

『ドラゴンフォース』が一番好き 真ゲマ

吉田輝和の絵日記やトイレオブザイヤー、ギャグ漫画「ヴァンパイアハンター・トド丸」、洋ゲー漫画「メガロポリス・ノックダウン・リローデッド」など、これまでゲームメディア業界に影響を与える様々な企画を立ち上げてきました。他社メディアでも活動中なので、気軽にお仕事の依頼をお願いします。 ちなみに、ユウキレイ先生が手掛ける4コマ漫画「まほろば小町ハルヒノさん」(まんがタイムで連載中)で教師役として出演中です。

+ 続きを読む
【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

特集

PC アクセスランキング

  1. プレイヤー数2千万人突破!協力プレイ対応小人の裏庭ADV『Grounded』海外向けにPS4/PS5/スイッチ版発表―クロスプレイも可能

    プレイヤー数2千万人突破!協力プレイ対応小人の裏庭ADV『Grounded』海外向けにPS4/PS5/スイッチ版発表―クロスプレイも可能

  2. 『ARK』の訴訟問題を乗り越え再出発…古代アジアサバイバル『Myth of Empires』正式版がリリース―クラフトレシピの追加や新要素も

    『ARK』の訴訟問題を乗り越え再出発…古代アジアサバイバル『Myth of Empires』正式版がリリース―クラフトレシピの追加や新要素も

  3. Steam版は2月27日まで無料プレイ!『ダイイングライト2 ステイ ヒューマン:リローデッド・エディション』発売―大型アプデ、ストーリーDLC全部入りの超豪華版

    Steam版は2月27日まで無料プレイ!『ダイイングライト2 ステイ ヒューマン:リローデッド・エディション』発売―大型アプデ、ストーリーDLC全部入りの超豪華版

  4. 【PC版無料配布開始】高難度血みどろ2Dアクション『Super Meat Boy Forever』Epic Gamesストアにて

  5. “非常に好評”オープンワールドサバイバル『Enshrouded』累計プレイヤー数200万人突破―次回アップデート情報は近日公開

  6. 『パルワールド』SteamとXboxを合わせた総プレイヤー数2,500万人突破!早期アクセス開始からほぼ1か月での快挙

  7. ジョン・シナ演じる『Mortal Kombat 1』DLCキャラクター「ピースメイカー」のトレイラーが公開!

  8. 本格ハクスラトレハンARPG『Last Epoch』5年近くを経て正式版配信!時を超え幾多の地を駆け最強戦士を作り上げろ

  9. 飯島多紀哉氏手がけるネオホラー・ビジュアルノベル『アパシー小学校であった怖い話 月曜日』Steam版3月リリースー7人のクラスメイトが語る「怖い話」

  10. Bedrock版『マインクラフト』に半公認Mod的な「アドオン機能」が登場! 既存のワールドにも新要素を追加可能

アクセスランキングをもっと見る

page top