パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】

思いのほかブラック労働だったパン屋さんシミュレーター『Bakery Shop Simulator』プレイレポ。パンにプロテインでも入ってるのかと疑うほどにマッチョな男性しか来店しない、奇妙なパン屋の悶絶ブラック労働体験記をお届けします。

連載・特集 プレイレポート
パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】
  • パン職人じゃなくパン屋になる『Bakery Shop Simulator』で悶絶ブラック労働体験!残業地獄で無限に稼ぎまくる【爆速プレイレポ】

最新ゲームが毎日大量にリリースされる昨今。メーカーやストアのゲーム紹介だけでは「どんなゲームかわからない!」とお嘆きのGame*Spark読者も多いのではないでしょうか。そこで“なるべく早く”ゲームの生の内容をお届けするのが本企画「爆速プレイレポ」です。

今回は2021年4月21日に、Mohammed QasrawiよりSteam版が配信された『Bakery Shop Simulator』について生の内容をお届けしたいと思います。

『Bakery Shop Simulator』ってどんなゲーム?

本作は、ほとんどタイトルのままの内容で、ずばりパン屋さんの仕事を体験するゲームです。Steamでは個人開発者を中心に多くのタイトルが配信され、最早お馴染みとなっているジャンル『〇〇 Simulator』(〇〇シム)の一種で、ヤギとかシカとか意味不明なものも散見される中、比較的まともな内容が多い飲食店の仕事を再現するタイプの作品になります。

タイトルからはパンを焼くゲームのようにも取れますが、実際に焼くのはプレイヤー以外にただ一人だけ雇っているNPCパン職人で、プレイヤーは職人さんが焼いたパンの販売を担当します。設備投資や仕入れなどもやるので、オーナー店長のような立場でプレイするパン屋運営シムと考えてもらっても問題ないでしょう。

調理以外は全部担当するも意外にやることはシンプル

それでは早速New Game。仕事場に立っている状態から始まり、画面に2つのヘルプが表示されます。ちなみに、向かって左が調理スペース、右が販売カウンターです。

左のウィンドウには、★アイコンが評判を意味することが説明されています。評判が上がると、より多くの注文を得られるとのこと。

右側が操作チュートリアル。下に列挙された操作を終了すると最初の客が来ると書かれています。その操作手順をざっと訳すと以下の通り。

  1. コンピューターで以下の設備を買う

    1. オーブン(Oven)[100$]

    2. パン捏ね機(Dough Maker)[250$]

  2. コンピューターで以下の材料を買う

    1. 小麦粉(Flour)

    2. 油(Oil)

    3. イースト(Yeast)

  3. 注文モニターで「バゲット(Baguette)」を注文する

  4. 注文した品が出来上がったら、キャッシュレジスターの隣に持っていく

  5. [F]を押してトレイからバゲットを取る

  6. バゲットを梱包台に入れ、コントロールパネルで[F]を押す

  7. パッケージされた商品をお客さんに売るときはバーコードスキャナーを使うってことを忘れずに

これがプレイヤーの仕事のほぼすべてで、設備の追加などを除けば、ゲーム中はこのルーティンを延々こなしていくことになります。

さっそく実践です。これがコンピューター。店の管理はこれ一台で行います。

クリックすると画面にズームし、コンピューターの操作が可能になります。

EquipmentsからOvenとDough Maker、IngredientsからFlour、Oil、Yeastを購入。

キッチンの方へ向くとオーダースクリーンがあるので、クリックしてBugetteを注文します。

すると、職人さんがパンを焼き始めるので、出てくるまでしばらく待ちます。

出来上がったら1個ずつ梱包台において、機械で梱包していきましょう。

隣のコンソールで操作しろとチュートリアルには書いてありますが、梱包台を直接ポイントして[F]でも梱包できてしまいました。この方が効率はよさそうですね。

パッケージをディスプレイに並べたら、早速はじめてのお客様がご来店。

CUSTOMER ORDER画面によると、ご注文はバゲット一丁。毎度!CUSTOMER ORDER画面をポイントして[F]キーでバーコードスキャナーを取り上げます。

梱包済みのパンに向けてクリックで決済完了。お買い上げありがとうございました~!

なんかマッチョな客しか来ねぇんですが?

というわけで、後はどんどんパンを焼いてバンバンお客さんに売り払って、稼いだお金でガンガン店を発展させていきましょう。たぶん、そういうゲームですよね?

さっそくやってきました2人目のお客さん。ん……?なんかこの人のオーダー、Baguetteじゃないんですが!Italian Breadって用意ないですよ……?

あわててオーダースクリーンで確認すると、今の設備と材料で焼けるパンにItalian Breadがありました。これはどうも、条件を満たしているパンはすべて注文される可能性がありそうです。

職人さんに製造をオーダーして急いで焼いてもらったのですが、残念ながら時間切れ。お客さんは帰ってしまいました。これは少し在庫を作っておかないとマズそうです。

というわけで、ここからはめっちゃ忙しいお仕事タイムに突入。ひたすらパンを焼き足しては客の要望に応えていきます。現時点で焼けるパンは前述のバゲット、イタリアンブレッドのほか、Italian Loaf BreadFrench BreadGray Breadの5種類。これらすべてが注文される可能性があるので、大急ぎで焼いては梱包し、在庫を積み上げては、その合間に来る客の注文を決済していきます。思ったより忙しくて、飲食店でバイトしてた時のピークタイムを思い出しました。なんで時給出るわけでもないのに、こんな労働してるんでしょうね、自分。

あと、もうひとつ気になるのが、来る客来る客ひとり残らずマッチョダンディばっかりな点。パン屋さんって言ったらもうちょっとこう男女比に露骨な差も出なさそうなイメージあったんですけど、ご婦人はただの1人もご来店されません。この町、男しか住んでないマッチョタウンなんでしょうか。しかも、なんか皆やたらガタイ良いし。この世界、パンにプロテインでも入ってるのかな……。

そんな感じでひたすら黙々と働き続け、気付けばゲーム内時間は21:00。あの、これ一体営業時間は何時までなんですかね?いつになったら閉店になるんでしょう。いいかげんルーティンワークに疲れてきているんですが……。

そういえばコンピューターに「OPEN」とか書いてあるアイコンがあったっけと思い出し、画面を見てみるとありました、閉店コマンド。これで今日の作業がやっと終われる。

……そんな風に考えていた時期がボクにもありました。ところがどうしたことでしょう……アイコンが「Closed」に変わった後も普通に仕事が続いてしまいます。どうしよう、23:00になってもせっせとパン詰めてるんですが、コレどうやったら終わりになるの!?いつまでも残業が終わらないヤバいバイトしてる気分なんですが!?

ブラック勤務時代のトラウマを刺激されながら仕事を続けていると、さすがに操作が雑になってきたのか、偶然変なところをクリックしたようで、ようやく「家に帰る」コマンドを見つけました。一度キャンセルして色々試してみたところ、どうやらこのピンクの扉をクリックすると帰れるみたいです。よかった、無限残業地獄じゃなくて本当によかった。そんじゃ帰ります。ツカレッス~!

何時間でも残業できるブラックバイト戦士として覚醒!

まあゲームなんで、ロード画面挟んですぐに仕事は続くんですけどね。一応、家に帰って1日が終わるとゲームがセーブされるようなので、このタイミングで休憩を入れて、続きはContinueから再開します。

営業2日目。昨日のうちに在庫を貯めておいたのと、今日もひっきりなしに焼き続けているので、品切れなしでスムーズにどんどん売れていきます。★アイコンの「評判」ゲージもだんだんと溜まってきました。1人当たりのオーダー数も2つに増え、だんだんと資金が増強されていきます。そろそろ新しいパンを焼いてもいい頃かもしれませんね。

お客さんの相手をしながら新製品導入の操作をするのはまだちょっと不安だったので、いったん店を閉じました。注文スクリーンでまだ焼いたことのないパンを見ていくと、設備にChocolate injecterを追加、材料にChocolateを追加することで、Sausage Breadが焼けるようになることがわかりました。なんでチョコレート入れるとソーセージパンが焼けるのか意味がわかりませんが、設備・材料を購入して試しに焼いてみましょう。

焼き上がったSausage Breadがコレ。見かけからはチョコレート味なのかソーセージ味なのかわかりません。とりあえず、今日の残りの時間を使ってストックを作っておきます。販売は明日から。

翌日、チョコレート入りソーセージブレッドをラインナップに加えて営業開始。順調に売り上げと評判が伸びていきます。

効率よく販売できるように在庫の並べ方などを工夫したりして、労働に精を出すことさらに2日間、せっせと営業を続けます。だんだんと正常な感覚が麻痺して労働の喜びに目覚めてきた頃、ようやく次の設備を買えるぐらいの資金がたまってきました。

そこで、新兵器Mixerを導入。これでBiscuit Cake、Paczki、Bun Glaze、Oat Cookies、Gingerbread Manの5種類が一気にメニューに加わります。

そしてさらに、ここで重要な気づきを得ます。帰宅せずに仕事を続け、ゲーム内時刻が0:00を過ぎると、なんと時計がそれ以上進まないのです。つまり、残業し放題!パン職人さんの1日あたりのサラリーは20$固定なので、何時間残業させてもコストは同じ。これはもう、毎晩パンを焼けるだけ焼かせて、大量に在庫を確保してから営業するのがベストでしょう。残業させた分だけ無限に利益があがるのです。何というブラック職場!こんな店では絶対働きたくありません。

パン屋らしく見えない理由がわかった気がする!

ブラックパン屋経営者として覚醒し、NPC職人を馬車馬のように長時間労働させて大量生産したパンを積み上げていざ営業。

なんだろう、この光景とてもパン屋には見えないんですが。どこかで間違えたような気がします。自分が普段パン買ってる店って、こんな箱ばっかりじゃなかったような……?待てよ、こうじゃないか?

ちょっと思い立って、箱を片付けて代わりに焼き上がったパンのトレイを置いてみると、見事にパン屋らしい光景が!まるで赤い箱の呪いにでもかかったような店内でしたが、営業6日目の朝、ついに本当のパン屋らしい姿を取り戻したのでした。

ちょうど重大な間違いに気づけたところで、今回は終わりにしました。パン製造の発注、梱包、販売の3つの手順を延々と繰り返す単純労働が主体のゲームなのですが、販売系の忙しない仕事の雰囲気がよく表れているタイトルといえます。アルバイトなどで、忙しすぎて目が回りそうになってきたときに、だんだんと仕事に向かって視野狭窄していく感覚を味わったことがある人なら、あの一種のゾーンみたいな感じが味わえるゲームと言えばわかってもらえるかもしれません。

タイトル:Bakery Shop Simulator
対応機種:PC(Steam)
記事におけるプレイ機種:PC(Steam)
発売日:2021年4月21日
記事執筆時の著者プレイ時間:4時間
価格:1,520円
《齋藤 直樹》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top