こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート

ついに発売されたシリーズ新作『バイオハザード ヴィレッジ』。果たしてその感想とは。

家庭用ゲーム PS5
こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート
  • こんな村、嫌……じゃないよ!『バイオハザード ヴィレッジ』プレイレポート

『ホラーゲーム』というジャンルを代表する大人気シリーズの最新作『バイオハザード ヴィレッジ』が本日発売されました。前作『バイオハザード7 レジデント イービル(以下7)』での『悪魔のいけにえ』風スプラッターホラーから一転してゴシックホラー調のルックや吉幾三とのコラボレーションでも話題を集めていた同作。

予告やプロモーションからして前作よりもケレン味が強そうな本作を一足早く(一応駆け足でエンディングまで)遊んできましたので、本記事では、そのプレイレポートをお届けします。ネタバレは最小限(予告動画などでもわかる範囲)にとどめますが、一応お気をつけてお読みください! また、プレイにはPS5版を使用しました。


まず冒頭、前作『7』のあらすじムービーを見ることができます。かなりかいつまんだ内容ですが、重要なところはわかるようになっているので前作未プレイの方でもひとまずは大丈夫でしょう……とはいえ本作は『7』の要素がかなりの量登場する「密接な続編」ですので「前作を遊んでいたほうが楽しめる」とは思います!(もしくは本作プレイ後に前作に戻るような遊び方をしてみてもよいかもしれませんね。)

プレイ開始すると何よりも目を引かれるのがその「グラフィックの美しさ」です。調度品や装飾一つ一つまで丁寧に描写されているうえ、PS5版ではレイトレーシングによる豊かな光の描写も楽しめます。プレイ後に撮りためたスクリーンショットを眺めていた思ったのですが、サムネイルのサイズならほとんど実写と区別がつかないぐらいのレベル。ロケーションに伴った環境音などの表現もすばらしく(ほとんどBGMのようなものがないゲームですが)没入感が非常に高いです。そのため、特に序盤はハチャメチャに怖かったです。「ロード時間がほぼ感じられない」などハードウェアの進歩によるプレイフィールの向上は本作の大きな売りでしょう(筆者はPS4版と比較していないのでわかりませんが、従来機でもなかなかのプレイ品質で遊べるそうです)。

物語の主な舞台になるのはタイトル通り「村」。ちょっと中世の雰囲気を残したヨーロッパの田舎風(ヨーロッパの田舎に行ったことがないので勘で言ってます)なロケーションは寒々しくも美しく、いかにも恐ろしげなオーラに満ちています。主人公のイーサンはこの村での冒険を通してとにかくいろんなひどい目に合うこととなり、プレイヤーの我々もその「嫌」さを追体験していくというわけです。ワクワクするでしょ?

もちろん「村」だけではなく(体験版でも遊べた)「城」など、ロケーションのバリエーションはなかなか豊かです。そのすべてが素晴らしいグラフィックによって表現されるので歩いているだけで暇しませんし、スクショを撮る手が休まりませんでした。この美しさ、雰囲気の良さ、描写の精密さだけで本作は充分に買う価値があると思います。

トレーラーで強い印象を残したドミトレスク夫人を始めとして敵はかなりキャラが立っています。見た感じは静謐な雰囲気を持つ本作ですが、起こる出来事や敵たちは結構なエクストリームさ。話自体も前作の陰湿かつ精神にくるようなホラー路線からちょっとトーンを変更し、ジェットコースター的な激しさが味わえるアクションホラーといった感じです。ともすれば怖くなくなってしまいそうですが、ちゃんと超こわいシーンもあるので安心(?)ですよ!

物語全体のトーンの変化もあって、本作は前作と比べシューターとしての楽しさもかなり増しているように感じました。強化した銃で敵を撃ちまくるのは爽快感がありますし、敵の量もなかなか多いです。謎解きも難しすぎることはなくちょうどいいレベルなので、非常に遊びやすいです。筆者はプレイ開始から夢中で遊び続け、そのままクリアまで遊びきってしまいました。ストーリーはちょい短いかな?という感じもしなくもなかったですが、バイオらしい長さですし、探索/周回要素もたくさんあるので「ボリュームが少ない」という意味ではありません。代表的なクリア後要素である「マーセナリーズ」も二週ほど遊んでみましたが、なかなかの忙しさで楽しかったです。上手い人の魅せプ動画とかも見てみたくなりました。

ネタバレ厳禁なここからはかなり抽象的な物言いになりますが、ストーリーもなかなかの怒涛具合。地獄めぐりのようにおぞましく、先が読めない目まぐるしい展開によって超エンターテイメントな作品に仕上がっています。個人的にプレイしている間はずっと楽しかったですし、終わったあとは「良質なゲームを遊んだ」という心地よい疲労感がありました。もちろんシリーズファンにとっても非常に興味深い要素が含まれるシナリオだったと思います。提供されたキーはZバージョンではなかったので、またZで遊び直したいなという気持ちも産まれました。ケレン味たっぷりで、ハラハラし、爽快で、ときどきめっちゃ怖い本作。特に「笑っちゃうぐらいひどい目に合いたい」プレイヤーには超おすすめです!僕はこんな村、嫌じゃないですよ!


バイオハザード ヴィレッジ』はPS4/PS5/Xbox One/Xbox Series X|S/Steam向けに発売中です。

《文章書く彦》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 海外『Ghost of Tsushima』のパッケージから「Only on PlayStation」が消えた―過去には『Days Gone』などPC版展開作品でも同様の動き

    海外『Ghost of Tsushima』のパッケージから「Only on PlayStation」が消えた―過去には『Days Gone』などPC版展開作品でも同様の動き

  2. 『はじめてゲームプログラミング』に素人が約10時間挑戦!本当に未経験者でもゲーム制作ができるのか?

    『はじめてゲームプログラミング』に素人が約10時間挑戦!本当に未経験者でもゲーム制作ができるのか?

  3. 『モンハンライズ』ヒノエが愛用する道具箱・棚の設定画がおもしろい!アイルー手まりは彼女のお手製?大好きな「うさ団子」の置き場もしっかり確保

    『モンハンライズ』ヒノエが愛用する道具箱・棚の設定画がおもしろい!アイルー手まりは彼女のお手製?大好きな「うさ団子」の置き場もしっかり確保

  4. スイッチ『ポケモンユナイト』事前DL開始!容量は999MB、ネットワークテストは6月24日12時から

  5. ギリシャ神話ローグライト『Hades』スイッチ日本語版リリース―国内PS/Xbox版は2021年秋発売予定

  6. 『メルブラ:タイプルミナ』翡翠&琥珀参戦から新バトルシステムまで!最新情報満載の「発売日決定トレイラー」公開

  7. 海外PS5版『Marvel's Avengers』でIPアドレスなど個人情報が表示されるバグが発生【UPDATE】

  8. 米任天堂社長が新型ニンテンドースイッチについて米紙インタビューで言及―相次ぐ新型発表の報道をうけ

  9. 「PS5」販売情報まとめ【6月23日】―ノジマとドン・キホーテが抽選受付中

  10. 『Halo: The Master Chief Collection』マルチプレイヤー参加人数がいずれ最大60人になるかも?プロデューサーが可能性を調査中と明かす

アクセスランキングをもっと見る

page top