建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】

『RimWorld』みたいなゲームが好きな人は要チェック。

連載・特集 特集
建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】
  • 建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】
  • 建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】
  • 建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】
  • 建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】
  • 建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】
  • 建築シム愛に溢れる開発チームが作った、自分達が遊びたくなるゲーム―中世開拓サバイバルシム『Going Medieval』【開発者インタビュー】

気になる新作インディーゲームの開発者にインタビューする本企画。今回は、Foxy Voxel開発、PC向けに6月1日に早期アクセスが開始された中世開拓地サバイバルシミュレーション『Going Medieval』開発者へのミニインタビューをお届けします。

本作は、疫病の蔓延によって世界人口の95%が失われた14世紀の終わりを舞台に、生き延びた者たちを導いて開拓地を巨大な城へと拡大していくサバイバルシミュレーション。外界からの脅威はもちろん、飢餓や気候・天候からも村人を守る必要があるだけでなく、食糧を蓄え、住居を作り、彼らに暖かで栄養豊富な生活を送らせてあげることも重要です。簡単操作で扱える3D地形ツールも特徴。日本語にも対応済みです。

『Going Medieval』は、2,570円(6月9日までは10%オフの2,313円)で早期アクセス配信中


――まずは自己紹介をお願いします。

Severinこんにちは。本作を開発したFoxy Voxelでコミュニティ・マネージャーを担当しているSeverinです。様々なSNSで本作のコミュニティを管理しているだけでなく、当スタジオや開発したゲームの広報活動、マーケティング、テストプレイなんかもしています。Foxy Voxelは7人で活動していますが、それぞれのメンバーが様々なことを担当しているのです。

――本作の開発はいつどのようにして始まったのでしょうか?

Severin本作の開発は2018年後半に始まりました。私たちは自分たちで遊びたくなるゲームを作りたいと思い、多少リサーチをしてから中世コロニーシミュレーションである本作の開発をスタートしたのです。

――本作の特徴を教えてください。

Severin本作の中心となるコロニー建設要素の上に、個性的な村人育成要素を追加し、これがユニークな組み合わせとなっています。本作の壁建設を中心とした建設システムは簡単ですし、カスタマイズ要素も満載です。これを本作の中心となる3D建設システムと組み合わせることで、2階建て以上の建物から地下室まで、小さな拠点から秩序のないお城まで、幅広いものを作ることが可能になるのです。

――早期アクセスはどれぐらいの期間を予定していますか?今後どのような要素が追加されるのでしょうか?

Severin 少なくとも1年は早期アクセスを実施する予定です。今後の計画については、ロードマップをご覧ください。私たちがどれだけ本気で本作の開発に取り組んでいるか、ご理解いただけると思います。

――早期アクセスとしてリリースしてみた感想を聞かせてください。

Severin良い意味でとても驚いており、素晴らしい経験となっています。プレイヤーの方々には私たちの現時点の限界と本作が早期アクセス中であるということをしっかりと理解していただいていますし、それと同時に、本作の現時点のコンテンツ量に驚いてもいただきました。フィードバックやバグ報告も届いており、本当にこれ以上ないぐらい素晴らしい人たちばかりです。

――本作が影響を受けた作品はありますか?

Severin開発チームの全員がストラテジー建設シミュレーションが大好きです。『Oxygen Not Included』『Stronghold』『Frostpunk』『Dwarf Fortress』そしてもちろん『RimWorld』といったゲームが大きなインスピレーションの源です。中世という設定も私たちが大好きなもので、とても魅力的です。中世という設定そのものからもたくさんの影響を受けているのです。

――新型コロナウイルスによる開発への影響はありましたか?

Severin多少開発が遅れはしたかもしれませんが、大きな意味で影響はありませんでした。私たちのチームは小さいですが、全員が昔からの友達同士ということもあり、強い信頼感で結ばれているのです。

――本作の配信や収益化はしても大丈夫でしょうか?

Severinはい、大丈夫です。著作権の問題もありません。楽しんでください!

――最後に日本の読者にメッセージをお願いします。

Severinサポートをしていただき、ありがとうございます!本作で最高の体験ができるように、全力で開発を行なっています。もし問題点を見つけたりフィードバックがございましたら、Discord上でお知らせいただくか、Steamの掲示板に書いていただけると幸いです。開発チームに日本語がわかる者がいないため、もし可能であれば、英語で書いていただけると大変助かります。

――ありがとうございました。

◆「注目インディーミニ問答」について
本連載は、リリース直後インディーデベロッパーメールで作品についてインタビューする連載企画です。定期的な連載にするため質問はフォーマット化し、なるべく多くのデベロッパーの声を届けることを目標としています。既に400を超える他のインタビュー記事もあわせてお楽しみください。

《Chandler》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top