異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作

今作は三人称視点でもプレイできるようです。

ニュース 発表
異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作
  • 異世界格闘アクション『Clash: Artifacts of Chaos』発表!カオスな一人称ACT『Zeno Clash』開発元新作

パブリッシャーNaconは、日本時間7月7日午前2時より行なわれた発表イベント「Nacon Connect」において、ACE Teamが手がける新作格闘アクションゲーム『Clash: Artifacts of Chaos』を発表しました。

本作はACE Teamの過去作『Zeno Clash』シリーズと同じ世界を舞台にした作品。強靭な戦士として己の拳を武器に様々な敵と戦っていきます。

このゲームについて

主人公の名はスエド。ゼノゾイクで世捨て人として生きる強靭な戦士だ。だが、その運命が『混沌の遺物』と交差したとき、全てが一変する。世界を探索しながら敵を薙ぎ払え。だが、『儀式』の聖なる掟を忘れることは許されない。

ゼノゾイクの謎

一歩足を踏み入れると、そこに待っているのは奇怪で、全てを拒絶する世界。旅路の途中で出会うは異様なキャラクターたち。見渡す限りに広がる絶景を巡りながら、古き時代の謎を解き明かせ。

護る者、護られる者

スエドは畏怖されるほどの戦士である。自分を律しているように見える彼だが、その精神は自身の記憶に苛まれており、文明から隔絶された生活を送っている。静かな生活は、孤児の幼い少年と出会って一変する。尋常ではない治癒力を宿したその少年は、遺物の女王『ジェミニ』から目をつけられてしまう。少年を危険に晒したまま、置き去りにすることなどできない。スエドは少年を護り抜くことを誓う。その先には、さらに強大な軍勢が待ち受けているとは知らずに。

ただ一つの法

ゼノゾイクで通用する法はただ一つ。古き時代の習慣に則り、闘いの掟は、異能を宿した遺物を使う双六によって決められる。勝利を掴むためには、遺物の力を最大限に活用する方法を探り、変化し続ける『儀式』の掟に従って戦い抜くしかない。

格闘

拳と拳の戦いで勝利するためには、ありとあらゆる古き時代の技を会得しなければならない。どれだけ強い戦士でも例外なく、逆手に取れる弱点を宿している。掴む、防ぐ、動きを止める、攻撃を交わす…好機を掴み取るたびに、勝利へと一歩近づく。しかし、失敗は命取りとなる。強靭無比な敵を沈めるためには、己の技に磨きをかける外ない。

一夜、無限の星

毎晩、眠りについたスエドは血気溢れる夢を見る。あまりにも鮮明なその夢は、現実へと侵食してくる。神秘なる夢の世界へと踏み込み、マルチプレイヤーアドベンチャーへと出発せよ。最大3人のプレイヤーたちと協力するもよし。闘技場で戦いを挑むもよし。


一人称視点で展開した『Zeno Clash』とは異なり三人称視点でも遊べる『Clash: Artifacts of Chaos』は、PC(Steam)/PS5/PS4/Xbox Series X|S/Xbox Oneを対象に2022年リリース予定。なお、Steamではサマーセールにより『Zeno Clash』が90%オフ、『Zeno Clash 2』が80%オフとなっています(7月9日まで)。

《RIKUSYO》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

ニュース アクセスランキング

  1. 海外グラボメーカー、AmazonMMO『New World』原因の破損専用の「RTX 3090」交換サポートを約束

    海外グラボメーカー、AmazonMMO『New World』原因の破損専用の「RTX 3090」交換サポートを約束

  2. 『Apex』Respawn新作はシングルADV!?制作スタッフ募集から明らかに

    『Apex』Respawn新作はシングルADV!?制作スタッフ募集から明らかに

  3. Steam版『BF1』週末無料プレイ&88%オフセール開始!Origin版も引き続き無料配布中

    Steam版『BF1』週末無料プレイ&88%オフセール開始!Origin版も引き続き無料配布中

  4. 【無料】PC版『BF1』Amazonプライム会員向けに配布開始-8月2日より『BFV』も対象に

  5. 「興奮しています!」次世代機向けリメイク版『Dead Space』にオリジナル版開発者大興奮

  6. 【期間限定無料】第一次世界大戦マルチプレイFPS『Verdun』とタワーディフェンス『Defense Grid: The Awakening』Epic Gamesストアにて配布開始

  7. 理想の『バトルフィールド』は自分で作る!『BF2042』で究極のサーバーを実現する「バトルフィールド ポータル」をご紹介

  8. 20年目のハードボイルド―Remedy Entertainment『Max Payne』20周年特別映像!

  9. 話題の「Steam Deck」既に17万円超などの高額売買横行…転売対策むなしく“バカげた金額”に

  10. “8人のアサシンに関わった”『アサクリ』アートディレクターが16年務めたユービーアイソフトを退社

アクセスランキングをもっと見る

page top