『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号

本稿では、ハードコアFPS『Escape from Tarkov』のパッチ12.11で注目しておきたいポイントをトピックごとに紹介していきます。

連載・特集 特集
『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号
  • 『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号
  • 『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号
  • 『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号
  • 『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号
  • 『Escape from Tarkov』Tarkov市の今を追う、タルコフ・ナウ 2021/7号

Battlestate Gamesが開発・運営するハードコアFPS『Escape from Tarkov』。本稿では、パッチ12.11で注目しておきたいポイントをトピックごとに紹介していきます。


Factoryに新区画が追加

Factoryのオフィス1F部分やGate 1側に新区画が追加され、少し手狭でもあったマップが広さを感じられるようなサイズ感にアップグレード。Gate 1側にはFactory Keyが必要な新脱出ポイント「Med tent gates」も追加され、ほぼオフィス区画だけで行われていた戦闘も、より多くの場所で行われることになりそうです。

Factory Boss「Tagilla」も登場

Gorillaマスクに巨大なハンマー、カスタムされたSAIGA-12を持ったScav Boss、Tagillaが登場。制圧射撃だけでなく、プレイヤーに走り寄ってきてハンマーで殴るといった凶暴性の強いBossです。InterchangeのBossであるKillaの兄弟だとか。

銃がジャムを起こすように

銃を撃っていると、突然ジャム(弾づまり)を起こすように変更されました。デフォルトではShift+Tを押してチャンバーを確認することで解消できますが、ボルト関連やチャンバー関連の操作でも修正ができるそう。オプションでは日本語では動作不良、英語ではMulfunctionと記載されています。

Scav Karma値の追加

Scavで出撃時、敵対していないScavを倒すことで、Scav Karmaが減少するようになりました。Scav KarmaはFenceのReputation(友好度)と直結しており、減少した場合はFenceの買取価格の低下やScavの出撃クールダウンの上昇だけでなく、車両での脱出料金の増加、さらにはAIのScavがプレイヤー自身のScavを攻撃してくるようにもなります。一方、Scav Karmaが高い場合は、Scav Bossが敵対しなくなるといったメリットも。

Scav Karmaを上昇させるには、車両での脱出やScavプレイ時に他のScavやScav Bossが敵対している敵を倒す必要があります。今後は手当り次第倒して漁っていくのも考えものになりそうです。

なお、現時点ではScavで出撃したプレイヤー同士ではほぼ撃ち合うこともなく、左右リーンを繰り返すお馴染みのムーブを行いつつ、非常に平和とも言える状況となっています。

Sorting Tableでラクラク整理

スタッシュの左側にあるタブの下から2番目に、新しくSorting Tableが追加。開いている間のみ利用できるサイズ無制限の一時保管用スペースで、閉じると上から順番に空きスペースに自動的にアイテムが収納されます。Shift+クリックやドラッグ&ドロップでSorting Tableにアイテムを移動でき、バックパックやリグの整理に非常に有用です。

光学サイトの調整

一部の光学サイトに調整が入り、従来の最強サイトであったPK-06をはじめ、一部の可視性が高かった光学サイトのレティクルが滲んで見にくくなりました。それと同時に従来ではサイトに依存していたADS時の視点が武器固定になり、見え方が変わった光学サイトやスコープも多数。お気に入りだったものが変わらず使いやすか、事前に確認しておく必要がありあそうです。

フリーマーケット

フリーマーケットの解禁がLv20からに上昇。従来ではLv10から使えたため、低Lvでもお金で強い装備を購入できましたが、今パッチではレイド中に拾ったり、トレーダーから購入してうまくやって行かなければならなくなりました。とはいえ、Lvに見合わない装備を使っていなかったプレイヤーにはほぼ無縁の話ではありますが、中盤以降で解禁されるパーツを早期に使いたかったプレイヤーには残念な話題となるでしょう。

ロビーで動くカメラ

今パッチのマスコットになりそうな、ロビーで表示されている監視カメラ。ちょっと可愛さを感じるところもありますが、カメラ自身で定期的に左右に振るだけでなく、マウスカーソルに合わせて首を振るギミックがあります。フレンド待ちなどで少し暇なときは、マウスを動かして遊んでみてもいいかもしれません。

レベルキャップが80になり、Kappaコンテナーのタスク条件にLv71が追加

従来までレベルキャップが70でしたが、レベルキャップが緩和され80に、そしてやり込んでいるプレイヤーの1つの目標でもあるKappaコンテナーのタスクの達成条件にLv71が追加されました。Lv60後半からは必要経験値も増え、かなり上がりにくいですが、達成できるプレイヤーは一体どれほどいるのでしょうか。


パッチ12.11の変更点や気になるポイントをざっくりとまとめてお届けしました。緩和された点や厳しくなった点、それぞれ感じるところはあると思いますが、今シーズンも『Escape from Tarkov』を楽しんでいきましょう!

《kuma》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

連載・特集 アクセスランキング

アクセスランキングをもっと見る

page top