『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目

『モンハンライズ』悪戯大好きなビシュテンゴ、開発時点ではクール系だった?

家庭用ゲーム Nintendo Switch
『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目
  • 『モンハンライズ』こんなカッコ良い「ビシュテンゴ」も見てみたかった?公式インスタのラフ画に注目

カプコンはニンテンドースイッチ『モンスターハンターライズ』の公式Instagramにて、作中に登場する「ビシュテンゴ」のラフ画を公開しています。


ビシュテンゴは「天狗獣」という二つ名を持つ、大型の牙獣種です。猿や天狗がデザインのモチーフとなっており、『モンスターハンターライズ』にて初登場。どこか茶目っ気のある表情を持ち、腹部の袋に溜め込んだ無数の柿を投げつけたり、尻尾だけで体を支えてコマのように回転しながら移動したりと、ユニークな動きでプレイヤーを翻弄しました。



ラフ画として公開されたビシュテンゴは、ツノやクチバシの形も様々。様々な試行錯誤を経て、現在の形に落ち着いたことが推測されます。



別のラフ画では、尻尾を支点として立ち上がる姿が確認できます。脚の位置を考えると、この状態は威圧感を感じるほど、体全体が大きく見えてきますね。猿っぽさが出ている現在のデザインと違い、グリフォンのようなカッコ良さもあります。



あわせて、ビシュテンゴの素材が用いられた防具のラフ画も公開。天狗と関わりが深い「山伏」風な雰囲気ながらも、どこかモフモフとした獣っぽさが人気のビシュテンゴ防具。ラフ画でも、その特徴が感じられます。


『モンスターハンターライズ』の公式Instagramには、定期的に開発中のラフ画が投稿されています。興味のある方は、ぜひご覧ください。

《ねんね太郎》

この記事の感想は?

  • いいね
  • 大好き
  • 驚いた
  • つまらない
  • かなしい

編集部おすすめの記事

特集

家庭用ゲーム アクセスランキング

  1. 『ディアブロ II リザレクテッド』発売直後から一部で発生していたキャラ消失などを修正するパッチ配信

    『ディアブロ II リザレクテッド』発売直後から一部で発生していたキャラ消失などを修正するパッチ配信

  2. 発売迫る『Alan Wake Remastered』新旧Xboxでのグラフィック比較トレイラー公開

    発売迫る『Alan Wake Remastered』新旧Xboxでのグラフィック比較トレイラー公開

  3. 再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

    再び国道依存症にならないか?PS5『デス・ストランディング ディレクターズカット』で進化した数々のポイント

  4. 『Ghost of Tsushima』「Legends/冥人奇譚」に新サバイバルモードマップ追加―10月1日には壱岐島をベースにしたマップも【UPDATE】

  5. タイムループシューター『DEATHLOOP』侵入マルチプレイレポ―工夫してコルトを屠れ

  6. オープンワールド惑星開拓ゲーム『ASTRONEER』PS4/スイッチで2022年1月13日リリース―最大4人でのオンラインマルチプレイ可能

  7. 「PS5」の販売情報まとめ【9月24日】─「ノジマオンライン」における9月の当選倍率は20~30倍程度

  8. 『NBA 2K22』は副業でヒップホップアーティストにもファッションアイコンにもなれる!無限のバスケキャリアを満喫できる“ザ・シティ”とゲームプレイの進化を解説

  9. 主役の4人に見下される『スーサイド・スクワッド:キル・ザ・ジャスティス・リーグ』公式キーアートが公開!

  10. 新作は3Dアクション!『星のカービィ ディスカバリー』発表―2022年春発売へ【Nintendo Direct】

アクセスランキングをもっと見る

page top