大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始 | Game*Spark - 国内・海外ゲーム情報サイト

ハードコアゲーマーのためのWebメディア

大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始

『Surgeon Simulator』と『I Am Bread』と同じ世界が舞台とのこと。

ゲーム文化 インディーゲーム
大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始
  • 大海原を目指す脱走魚アクション『I Am Fish(俺は魚だよ)』配信開始

Curve DigitalおよびBossa Studiosは、ペットショップから脱走した魚が大海原を目指す物理アクションゲーム『I Am Fish俺は魚だよ)』の配信を開始しました。

プレイヤーはそれぞれ独自の能力を持つ4種類の魚「キンギョ」「フグ」「トビウオ」「ピラニア」を操り、危険でいっぱいの街を泳いだり転がったり滑ったりしながら進んでいきます。『Surgeon Simulator』と『I Am Bread』と同じ世界が舞台となっており、いくつかのイースターエッグも隠されているとのこと。

このゲームについて

「俺は魚だよ」は、ペットショップの水槽で暮らしていた 4 匹の勇敢な魚の仲間たちが主人公の、かわいらしい物理ベースのアドベンチャー ゲームです。最も小さな州であるバーナードシャーの片隅から自由を手に入れて仲間と再会するために、彼らと一緒に泳ぎ、飛び、転がり、飲み込みながら大きな海を目指して進みましょう。

すばらしい仲間たち

われらがヒーローをご紹介します!キンギョ ー 明るく勇敢で冒険好き。生まれながらのスイマー!フグ ー おっとりだけど、やさしい心の持ち主。ボールのように膨らんで陸地を転がることもできます。ピラニア ー ワイルドで支離滅裂、うるさくて予測不能。そしてとにかく噛みつくのが大好き。トビウオ ー ときどき他人行儀になるお人よし。空を飛ぶことができます!この勇敢なヒーローたちは、あらゆる水槽をひっくり返そうとも仲間に再会しようと心に決め、前に泳ぎ続けます!

操作はシンプル

魅力的なチャレンジを、泳いで転がって滑って食べて、宙返りして膨らんで飛んで噛み砕いて切り抜けましょう。シンプルで直感的な操作方法だけに、魚たちが不幸な結末を迎えてしまっても操作のせいにはできません。

水槽の外に待つ世界

のどかな海岸線と趣きのある景色が広がるバーナードシャーは、まるで静かな風景画のよう。しかし、われらが水の冒険者たちにとっては道を横切ることも屋根をつたうことも、油たっぷりのフライヤーに落ちないようにすることも、いじわるな住民たちや野生動物を避けることも、すべてが大きな脅威となる場所です。もちろん割れやすい水槽や、そして何より水から出ると息ができないことも大問題です。

魚たちはあきらめない

魚たちを待つ不幸が事細かく描かれることはありません。水槽が高いところから落ちたり、空気が足りなくなったり、とにかく大変な状況になった場合は、最寄りのチェックポイントまで戻されてやり直しになります。

自由を求めて泳ごう

4 匹のすばらしい仲間たちにとっては、水さえ入っていればどんな容器も乗り物です。ビンやキャスター付きのバケツ、時にはビールジョッキに飛び込んでヒッチハイクしながら進みましょう。その場しのぎの乗り物での移動には苦労することもありますが、ご心配なく。ゴールとなる輝く広い海にたどり着くまでには魅惑の噴水やプールなどの開放的な場所も。ただし、危険がいっぱいの下水道も待ち受けています。

邦題のインパクトも強い『I Am Fish』はSteamおよびMicrosoft Storeにて配信中。それぞれのストアでローンチ割引が行われています。また、Xbox Game Passにも対応しています。

《RIKUSYO》
RIKUSYO

雑多人間 RIKUSYO

某洋ゲーショップの商品データ作るバイトしてたら、いつの間にか海外ゲーム紹介するようになってた。

【注目の記事】[PR]

編集部おすすめの記事

ゲーム文化 アクセスランキング

  1. 主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

    主張強すぎ!?『バイオハザード RE:4』の“雨”に心配する人続出―『GTA:トリロジー』を思い出す人も

  2. 90年代ADV『Dの食卓』3DO/PC版コレクターズ・エディション予約開始!

    90年代ADV『Dの食卓』3DO/PC版コレクターズ・エディション予約開始!

  3. 「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

    「まるで実写のようだ」を超える真のリアル…!本当に“実写”を使ってしまったアドベンチャーゲーム3選

  4. 『シヴィライゼーション VI』自分の都市を作らずゲームに勝利する海外ストリーマー現る!公式Twitterからも称賛の声

  5. 『Apex Legends』国際大会ALGSでコーチの“イス”に注目集まる―ただのパイプイスが、ほんのちょっとだけ良いイスになった

  6. 水没都市でのんびり屋上生活を楽しむ『I Am Future』デモ版公開!

  7. 『ドラゴンエイジ:インクイジション』の馬、サボっていた…同作の乗馬に隠された罪を開発者がネタばらし

  8. 『NASCAR 2005』からヒントを得たリアル“壁走り”NASCARが正式に禁止―危険行為として認定

  9. 最大4人でのCo-opにも対応したスタイリッシュ煉獄FPS『PERISH』配信!日本語も収録

  10. ドラマ版「The Last of Us」ビル役俳優が原作をプレイしない理由とは―約25年前最後に楽しんだのは『バンジョーとカズーイ』

アクセスランキングをもっと見る

page top